« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月30日 (土)

七輪陶芸-招き猫?(11回目_2006/09/30)

P1010626

.

焼きました!

なんとか、われずに焼けました.

.

招き猫にみえるかな?(笑)

.

色がね...釉が種類が無いもので、有り合わせです。

胸には、「だんだん」 と 瑠璃釉 でかいたのですが、

ちなみに だんだん とは ありがとう の出雲弁です。

.

早速、玄関にて、招き猫?しています.

.

素焼きです ↓

P1010616

釉がけ後  ↓

P1010618

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月29日 (金)

シャワー?

P1010615

.

写真、何に見えますか?

ホース、ぴかぴかのフレーム付

.

明日は、

たんぼの いね刈取り後の除草 を予定しています!

理想は、無農薬なんですが、

勤めながらの農業では、はっきり言って無理です......

日本全国 兼業農家が ほとんどでしょう!

まあ、農政の無策を嘆いても、しようが無いのですが......

.

話は変わりますが、嬬恋

伝説のライブの復活!!!

いきたかった!

しょうがないから、テレビで見よう(苦笑)

でも、みんな 渋くなったというか、なにか リラックスしたというか

余裕といいますか、いい味出てきたかな!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

ギルド - BUMP OF CHICKEN

P1010613

ギルド - BUMP OF CHICKEN

コリャ なんじゃろ と思われると思いますが......

あのー むすめが、どげしても(どうしても)みてごせ

と申しますので、夫婦で見てしまいました。

BUMP OF CHICKENは、SET STOCKでみて

むすめが ファンになった関係でございます.......

.

物語としては、非常に単純で、いわば幼稚なんですョ。

よく言えば、親子愛を、変わった形で表したというか?!

.

もしよかったら、レンタルでも、見ても良いかも???

でも、BUMP OF CHICKENのファンだったら、これは見ざるを得ないかな!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月27日 (水)

あっというまに 秋

0017

あっというまに 秋

ほんのすこしまえまで、あついあつい ビールがうまい(ごくん!)

といって いたのに

9月に入ったら、急に 秋らしくなっちゃって

.

あっという ま ですね......

.

秋の空です.( うろこ雲 ですかね )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

七輪陶芸-招き猫 (11回目用の造形)

P1010612

なんか、どうしても、招き猫がつくりたくなり

創ってしまいました。(苦笑)

招き猫にみえるかな?(笑)

あとは、うまく焼けるかな? というところです。

________

.

そういえば、ダビンチは、解剖までして、分析して

.

作り上げたそうだけど

.

ダビンチだったら、どういう招き猫を創るんだろうか?

.

まあ、ダビンチはそんなものは、創らんか?(苦笑)

.

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年9月25日 (月)

誕生日

P1010605

.

きょうは、むすめのたんじょうびでした。

.

いつまで、いっしょに祝えるんでしょうね(笑)

そのうちいいひとができて......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アクセス1000回 突破

Kaisuu

8月30日開始して、アクセス1000回突破しました。

ありがとうございます.

これからも、よろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月24日 (日)

田んぼで遊ぶ

0024

田んぼで遊ぶ子供たち

いまどき珍しい、風景

ほんと今の子供は遊び方を知らんから

今日は、地区の運動会  なおらい会をいっしょにやって、

会場の狭いところで遊んでいるので

会場の近くの田んぼで、遊べやと、おとなが言って初めて

たんぼであそぶしまつです (苦笑)

でもしょうがないかな、おとなが それはいけんあれはいけんというから.....

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月23日 (土)

ナマステⅡ- 現実

0028_1

(写真は、線路沿いの道路に延々と続くバラック.....

     でもまだバラックのほうがましかもしれません)

.

.

夜、列車で移動し、ムンバイの近くの駅で降りた時の事。

重い荷物をもって、プラットフォームに降りたった。

月明かりも無く、暗闇の中

何か様子が変だ!!!!!

目が慣れてくると、プラットホームの上にどうも人が寝てるようだ!?

それも歩く隙間が無いほどの、ヒト ひと ひと 人 ヒト.....

しかも 裸 同然 の 格好 らしい...!!!!!!!!

おとなも こどもも おんなも.....

やっとの思いで駅の外の広場までたどり着く!

ムム!! まさか! ここもか? 

見渡す限り すきまもなく ひとが ね て い る .....?????

いくら夏とはいえ。

.

これが 10年前のインドの現実だ!!

10年後の今  どうなっているのだろうか.....。.....。??!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ハデバ(稲はで)

0020

今日、久しぶりに、彼岸もくるので、寺の近くの転作田のげしの

草刈をした. なにぶんなげっ放しなので、長い草が生えて

刈りにくいこと......

おかげで、腰が心配。 なにぶん、ぎっくり腰を何度もしているもんで

写真は、近くの田んぼの ハデバ(稲はで)です。

もう乾燥が済んで稲がすこししかありません

もう、最近は、なかなかハデバをする人がいないんですョ

みんな、コンバインだから

昔は、これに登って、遊んだものでした。結構高いから、眺めはいい

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

鳥人間

2005birdman_mitaka_4

鳥人間

今日、オンエアー

見ながら書き込みです。

一度は出てみたいなあ!!!!!

仲間と資金を集めて、1年か半年かけてつくる

ロマンだョ!

設計審査もあるようだし。

設計には自信あり 

(マシンツール(工作機械)の設計30年です)

ハードルは、高そう!だけど、やりたいものだ!

賛同する人、この指と-まれ!!!!!!

メールください。プロファイルにありますょ.....

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月21日 (木)

ドイツ-ノイシュヴァンシュタイン城

Siro

ノイシュヴァンシュタイン城

―― ご存知 ディズニイのシンデレラ城のモデルになった城。

ある日、この城に行くことになった。

そのときは、そんなに有名な城とは知らなかったけど、向かう車窓に見える絶景の連続..... 

途中、湖があり 湖面に映る山々...まさに絶景

ドイツ人の車で行ったので、その人にすごいいいところに住んでいますねみたいなことを英語?で言ったら、返事は もう慣れて、格段の感動はないとの返事...(絶句)

しかし、城の下までついたら、興ざめです。

なんと日本人の多いこと.....(じぶんもそのひとりだけど(苦笑))

どこへいっても、日本人はウジャウジャいるは、いるは.....

中国料理店が世界中にあるように

さすがに10年前のインドではあまりいなかったけど...

まあとにかく、城は小高い丘の上にあるので、われわれは、馬車に揺られ揺られて、ゆっくりゆっくりと向かう。

見た目は、そんなに傾斜がないようだけど、お馬さんは苦しそうでした。

そして城の中、まさに中世の城でした。

その中で、どんなドラマが展開されたのか.....

帰りは、ゆっくり 歩いて、ぶらぶらと 城を振り返りながら

ほんとに、ドイツの豊かな自然、風景にマッチングした城

比較できないかもしれませんが、

松江城が松江のシンボルであるように........

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

七輪陶芸の特許

Photo_2

【公開番号】特開2001-294475

【発明の名称】陶芸窯及び陶芸窯を用いた無釉焼締め陶の製造方法

_

ちょっと、七輪陶芸の特許を調べてみました。

さすがに、そのものはありませんでしたが、それに類似するものが出願してありました。

もちろん、特許にはなっていないのですが、これは七輪陶芸に近い考え方でつくられているので、無効でしょう!!!!!

七輪陶芸は、吉田明という人の考案で、本も出てますね

七輪で陶芸なんて、すごい発想!!!

とても考えつきません

発想は柔軟にしなきゃと思うこの頃(もう遅いかも(苦笑))

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

秋の夜長.....

P1010600

秋の夜長、ジャズの似合う季節となりました。

独身時代は、よくジャズ喫茶へいったものでした。

いま、ジャズ喫茶なるものは、ないのかもしれないけど.....

とくに、バラード調のものが、日本人には合うと言うか、好きであるように思うけど

まあ、人それぞれですから。

写真のジャケットは、ジョン コルトレーンの my favorite thinngs

泣けますょ!!!!!

_

こういうものを聴くようになったのは、師匠のおかげです。

昌ちゃん だんだん(ぺこり)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月18日 (月)

自分で焼いた器に、自分でこさえたコシヒカリ.....

P1010598

P1010593

自分で焼いた器に、自分でこさえたコシヒカリ.....

土曜日、台風が近づいているのに、飯じゃわんを焼いてしまいました。

どうしても、自分で焼いた器に新米を盛りたかったのです。(笑)

なんとなく、美味い気がするから、不思議です。

天龍寺青磁釉 と 炭化 がからまって、

風景ができたようだと自己満足しています。(苦笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月17日 (日)

2000人の吹奏楽

P1010592

きのう出雲ドームで、マーチングバンドの大会があり、

娘と女房が見に行き、私はお留守番。

(娘の友達が出るからということで)

かなり長時間だったらしい。

あのドームに響き渡る音、

マーチングバンドの動き と 照明とのマッチングで、

熱気あふれる大会になった(想像ですけど)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年9月16日 (土)

ナマステ   ①

Ind

ナマステ.....
インドへ行ったのは、いつだったかなと昔の物を探していたら
ありました! なんと、もう10年前なんですョ!!!!!
カルチャーショックの連続でした。
まず空港で、機関銃を持った軍服を着た人が警備している.....?!
3回ばかりいったけど、毎回いろんな面を見させてもらいました。
何回かに分けて、思い出しながら、紹介したいと思います。

_
今日は、ジョージハリスンがはまった、インドの芸術のさわりしかわからないけど
シタールでしたっけ独特の音色の、独特の旋律がああここはインド.....
2回目かにいったとき、ニューデリーをうろうろしていたら、たまたまインド舞踊新人さんのお披露目会を
見せてもらう機会がありました。ほんとうラッキイでした。
まさに、インドです。まず舞踊の神さんへささげる踊り(だと思うけど)
バラード調から、ハードな踊りまで、堪能させてもらった。
あの表情が、目のちからと首の動かし方、印象に残るというか........

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月15日 (金)

新米できた

P1010551

P1010552

できた!!!

まだ食べてないけど、新米は特別ですよ。

これで、自分で焼いた器で、たべる。   

最高の贅沢かもしれませんね!

今年はどういうわけか、よくとれました。

去年は、クログワイに占領されて、散々でした。

コンバインで刈ってもらっているけど、機械に絡まって、苦労されて

もう、刈ってもらえないかと心配でした。

今年も、クログワイが発生したので、6月に人材センタさんに頼んで

草取りしてもらいました。

刈取り後に、退治するのがベストみたいです。多年草なので、球根が残って、いつまでも残ります。ですから、根まで退治しなきゃだめです。

まあ、いろいろあるけど、ほんのさわりです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

かぶと煮

0018

かんぱちのかぶと煮です.

高級料理?の出来上がりです。

わたしは、さばくことが出来ないのですが、

女房は、バリバリでさばきます!!!!!(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月13日 (水)

七輪陶芸-8回目-Ⅳ 2006/9/9

P1010547

小さい茶じゃわんです。

これは前日遅く作って、当日朝、ドライヤーで乾かして、焼いたものです.

それでも、割れは少なかったですョ.

このくらいのサイズは、安定的に焼けるようです!!

釉薬はトルコ青だけど、写真のようにあかぐらくなりました。

なぜでしょう?

誰か教えて下さい.....!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年9月12日 (火)

七輪陶芸-8回目-Ⅲ 2006/9/9

P1010548

8回目の3作品目

これは、ジョッキのつもりです。(笑)

これも釉薬は、織部です.ですが、発色は良いのかどうかわかりません。

自分で使うものを焼くのは、いいものです.

今度はどうしようかと、際限がありませんネ

これで、ビールをのみました。  ぐいーグイ-?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

七輪陶芸-8回目-Ⅱ 2006/9/9

P1010550

見事に玉砕の巻!(笑)

ご飯じゃわんを造って、自分でこしらえたコシヒカリのうまいやつを

さらにおいしくと思って、焼いたのですが、

見事に.......

まあ前日遅く造形して、朝 ドライヤーで乾かしたので、無理もないでしょうけど

仕方ないので、取り敢えず次ぎのを焼くまで、接着剤のお世話になりますという事です。(苦笑)

釉薬は天龍時青磁なんだけど、黒い斑点がいいような感じでついてます.

これが本当?かどうかわかりません

内側は、自然の釉薬です.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月10日 (日)

新米 刈取り間近

2006_9_10_

すっかり 秋らしくなりました。

もうすぐ新米の刈取りです。

すぐ草が生えるので、草刈ばかりしていたような感じです。

やっと、刈取り 

しまねのコシヒカリ。 自分でいうのは なんですが、おいしいですョ

良かったら、お譲りしますよ。(メールしてください)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

七輪陶芸-8回目2006/9/9

P1010549

天気予報はあたりますね

3時ごろから雨との予報見事にあたりました

その間隙を縫って、器を 5個焼きました。

5ケ の内の 一個 です。

織部の釉薬を使ってみました。まだら模様ですが

なかなかうまく熔けてくれないみたいですね(苦笑)

まあそこが、いい景色 だと思っています。(笑......)

あとの器は、後日 順々に紹介したいと思います。

あとの物は 天龍寺青磁、トルコ青を使ってみました。

関係ないけど、今チャングムが、終わりました。

どうなるのでしょう? 夫婦で はまっています。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

明日8回目七輪陶芸予定

P1010546

あす 8回目 の七輪陶芸 やるぞ!!!!!

茶碗 と カップ のつもり 釉薬は何にしようかな?

なにがいいんでしょうね?

あしたは 下のようになるはず......

P1010531_1

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

恐怖の蜂の巣

Pict0294

巨大なスズメバチの巣です。 バレーボール2個分くらい

田舎にいると、何が起こるかわかりません。

まあ、自然に近いという事でしょうか!

2年前の事です。

吹きさらしの小屋のダンボールの中に巣をつくっていました。

油断もすきもありません!

蜂の巣退治の専門家にお越し願って、退治してもらいました。(涙、笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 6日 (水)

セットストック

P1010027_5

今年はパスしたけれど、セットストック 良かったですョ

しょっぱなに、オレンジレンジですから!!

でも、ドラゴンアッシュが良かったかな?

とにかく、体力勝負です......

まあ、なんと言うか、おじさんはわたしだけでした...(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ドイツの田舎

海外へも、仕事で何回も出かける機会がありました。

やはり、カルチャーショックをうけるし、

とても ポジティブになるものです。

カルチャーショックといえば、インドはすごかったですよ

写真がないのですが、何から何までびっくりすることばかりでした。

また経験談は後日にて。

写真は、ドイツの田舎

豊かな自然との調和というところですか

ゆたかなところです

2002_323_000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 4日 (月)

宍道湖の夕焼け

Pict0275_3

昔の宍道湖の写真がありました。

大橋館からの眺め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

ジョン・レノン ミュージアム

ジョン・レノン ミュージアム

3年前 いきました ゆっくり観てまわって、感動!でした あまりゆっくりまわったので コンパニオンに呆れられたような感じでした。(;^_^A

とにかく、Lennon、ビートルズは最高ですね

| | コメント (3) | トラックバック (1)

七輪陶芸2回目

七輪陶芸2回目

コーヒーカップ なんかうまく渋くなりましたv(^o^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

七輪陶芸_燃えさかる火

P1010531

とても、火バサミで中身(炭と作品)がいじれません

でも、早くしないと 七輪に周りの釉薬がついて、取れなくなっちゃうのです。(涙)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宍道湖の花火 2006年

P1010065_2

P1010064

しまねのじゅうにんなんですが

宍道湖はいいですよ。 学生時代には電車で毎日見てました。

宍道湖の湖面の色は毎日変わります。

特に夕日は 最高ですョ。

その写真がないので残念ですが、あの雰囲気は最高です。

ついでに言えば、松江

城下町で、本当に雰囲気のある町です。

学生時代には、城山周りで、デートしたものです。

まあ、30数年前の話ですが......(笑)

宍道湖の花火(写真)も最高ですョ。

すぐそこに花火が、そして湖面にも......

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »