« 秋の夜長..... | トップページ | ドイツ-ノイシュヴァンシュタイン城 »

2006年9月20日 (水)

七輪陶芸の特許

Photo_2

【公開番号】特開2001-294475

【発明の名称】陶芸窯及び陶芸窯を用いた無釉焼締め陶の製造方法

_

ちょっと、七輪陶芸の特許を調べてみました。

さすがに、そのものはありませんでしたが、それに類似するものが出願してありました。

もちろん、特許にはなっていないのですが、これは七輪陶芸に近い考え方でつくられているので、無効でしょう!!!!!

七輪陶芸は、吉田明という人の考案で、本も出てますね

七輪で陶芸なんて、すごい発想!!!

とても考えつきません

発想は柔軟にしなきゃと思うこの頃(もう遅いかも(苦笑))

|

« 秋の夜長..... | トップページ | ドイツ-ノイシュヴァンシュタイン城 »

コメント

七輪で陶芸 ホントすごい発想ですね。
(もう遅いかも)なんて・・・
維真尽さん 人生クレッシェンドで
楽しみましょう!!!

投稿: ハッチ | 2006年9月21日 (木) 21時40分

ありがとうございます
人間思いようですね!!!
昔から 意志あれば、道あり といいますからね!

投稿: 維真尽 | 2006年9月21日 (木) 22時03分

本当にすごいことを考えますね。私も「道具土」で少し七輪用の小物を作りましたが、これらを見ると恥ずかしくなってきます。遠く及びません。

投稿: 螻技洞 | 2006年12月 6日 (水) 00時26分

螻技洞 さん

とんでもないですよ!
ひとそれぞれ、得意なところがあるから
そこで、能力発揮ですよねぇ!
お互いに

投稿: 維真尽 | 2006年12月 6日 (水) 22時54分

ありがとう(^^)なにより嬉しい資料です!
予定では、煙突は作品の部屋に、一番下段に送風口、メッシュ状鉄筋の棚を設置し、その上で薪を焚く(燃えにくい事を想定して)空気を通す為のメッシュが灰を、送風口スペースに落としてしまう。灰の種類による変化を楽しみたいので、送風用コンプレッサー使用。強制的に灰を作品の部屋まで送り込む… 備前を焼きたいなぁ~ 志野も!夢は膨らむばかりですよぉぉー!

吉田明さんのミニ窯、読みました。やっぱり基本は七輪陶芸

投稿: かにちゃん | 2007年9月26日 (水) 00時45分

かにちゃん

う~ん
薪をたかれるわけですか
すごい量の薪がいりますね (^^)v
そして~
徹夜の薪投げがいるんでは?
食欲の秋~~ですから
体力
つけなきゃ~  (^_-)~☆

投稿: 維真尽 | 2007年9月26日 (水) 19時00分

徹夜の薪入れ、一人では無理(^▽^)手伝いに来てくださ~い! ちゃんと出来上がったら、火入れに来て下さい!
マジ・マジお願い☆
夏ばて気味でしたが、美味しいお米の、おかげでパワーアップです。ポチャ?ポチャ??ぽっちゃり!冬ごもり前の熊?

投稿: かにちゃん | 2007年9月26日 (水) 21時45分

今予定を確認中です (^_-)-☆
何やかやと
野暮用が多いですが
かにちゃんのために~
予定を詰めましょう~か (^^♪

火入れ式の前に
拝んでもらうでしょう~?

投稿: 維真尽 | 2007年9月27日 (木) 18時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七輪陶芸の特許:

« 秋の夜長..... | トップページ | ドイツ-ノイシュヴァンシュタイン城 »