« ハデバ(稲はで) | トップページ | 田んぼで遊ぶ »

2006年9月23日 (土)

ナマステⅡ- 現実

0028_1

(写真は、線路沿いの道路に延々と続くバラック.....

     でもまだバラックのほうがましかもしれません)

.

.

夜、列車で移動し、ムンバイの近くの駅で降りた時の事。

重い荷物をもって、プラットフォームに降りたった。

月明かりも無く、暗闇の中

何か様子が変だ!!!!!

目が慣れてくると、プラットホームの上にどうも人が寝てるようだ!?

それも歩く隙間が無いほどの、ヒト ひと ひと 人 ヒト.....

しかも 裸 同然 の 格好 らしい...!!!!!!!!

おとなも こどもも おんなも.....

やっとの思いで駅の外の広場までたどり着く!

ムム!! まさか! ここもか? 

見渡す限り すきまもなく ひとが ね て い る .....?????

いくら夏とはいえ。

.

これが 10年前のインドの現実だ!!

10年後の今  どうなっているのだろうか.....。.....。??!

|

« ハデバ(稲はで) | トップページ | 田んぼで遊ぶ »

コメント

路上で生まれ、暮らし、死んでいく人々がン百万人も居るようですね。
努力して、そこから這い上がろうなんて意識はないらしく、それはそれで完結しているんでしょうか。

こちらもT.Bを♪

投稿: あーさん | 2007年12月23日 (日) 09時42分

あ~さん

カ~スト制の影響が
あるのでしょう~が
不思議な世界です

幸福とは何か?
を考えると同じことになりそうですねぇ

投稿: 維真尽(^^) | 2007年12月23日 (日) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナマステⅡ- 現実:

« ハデバ(稲はで) | トップページ | 田んぼで遊ぶ »