« ナマステ Ⅵ -インドの空 | トップページ | BACK TO THE FUTURE »

2006年10月28日 (土)

七輪陶芸-14回目 織部角皿、茶碗

2006_10280495

なんとか、うまく 焼けました。

少し釉 が 濃いかな?

とは、思うけども

きのう 夜 素焼きをして

釉を施し、今日 朝 2回トライ

夕方 1回 

何回焼いても、むつかしい!!

均一にするのは、至難

大きいものは特に むつかしい

またそこが、面白いのだけど!(笑)

2006_10280498

2006_10280500

|

« ナマステ Ⅵ -インドの空 | トップページ | BACK TO THE FUTURE »

コメント

なかなか渋くていい色合いですね。

投稿: tera | 2006年10月29日 (日) 17時32分

左側の皿はなかなかいい具合に発色してるじゃないですか。均一になるより、ずっと味わいがありますよ。線描や印を押したところの釉薬の濃淡もきれいですね。 下のぐい飲み? は、かけ分けですか?

投稿: ひら | 2006年10月29日 (日) 18時31分

teraさん

ありがとうございます。
なかなか、いい色が出ず
そこが、おもしろいところです

投稿: 維真尽 | 2006年10月29日 (日) 22時13分

ひらさん

まあ、なかなか均一になりません。
また、教えてくださいね!
下の茶碗は、一応 かけわけのつもりです(笑)

投稿: 維真尽 | 2006年10月29日 (日) 22時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七輪陶芸-14回目 織部角皿、茶碗:

« ナマステ Ⅵ -インドの空 | トップページ | BACK TO THE FUTURE »