« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

もみじ饅頭 

P1010826

おみやでもらいましたので 

ご披露... 

まあ中国地方の人は よくご存知だろうけど 

全国的に  認知されているでしょうか?

何十年前の 漫才ブームで 

B&B というコンビにより 

連呼され その当時 

全国区 になったと思っているけど 

その実態はいかに? 

コメントお願いします。 

もみじ饅頭は 

今、あんこの種類がいろいろあり 

こしあん つぶあん 抹茶 チョコ クリームetc. 

名物うまいものなし とよく言われるけど 

これはうまい。 

好みでいうと つぶあん  

念のため 広島名物です。 

ほんの上っ面の紹介でした。

その他の面白い情報があれば、

コメントください。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

紅葉 

2004  

これは本物のもみじで~す。 

去年か一昨年の 

清水寺の紅葉 

かなりボケ気味 

(そのくらいが返って雰囲気が出るかな) 

やはり京都どすなぁ すごい人でした。 

この時は 用事で 

大阪で 泊まったので 

ついでに足を延ばしました。 

ライトアップで 

見事な紅葉でした 

2006_06130360

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月30日 (月)

おはぎ

P1010825

これはなんと手作り! 

それだけで、おいしく、贅沢な気分。

知り合いの方よりいただきました。

その家庭は、従来からいろんなものを

手ずくりされていて、

例えば、ちまきなんかでも  

ちまきを巻くもの

(うーん名前が出てこん!、

まあしょうがないか年のせいにしておこう)

を 近所の山に採りに行き 

また、ちまきを茹でるわけですが 

茅を折り曲げ袋みたいにして

その中にちまきを入れてゆでる 

そのゆでるための茅も川で調達 

そしてゆであがったものに

きな粉をまぶして食べる。

 う~ん、うまい。 

最近というかだいぶ前から 

もち類をいただくと 

胃がもたれるといいますか 

むねやけぎみになるので 

避けていたけど 

この誘惑に 心がゆれた..... 

結果は、ご想像にお任せします。

 

ところで 

おはぎ と ぼた餅 の

違いを知ってますか? 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

輪島塗

P1010828

輪島塗のキーボード 

いかがですか? 

もったいなくて使えない? 

素材は樹脂だけど、

何層も何層も

漆をぬり 

仕上げる、

手仕上げでございます。

なんでも 五拾萬円也 !!!

いい仕事してますね! 

ということですか? 

ちなみに写真は、もちろん

輪島塗ではございません(笑)

愛用のものです...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月29日 (日)

もののけ姫

_002  

ちょっとした、しまね 豆知識で~す!

近代の溶鉄が入るまで

島根の 仁多と横田 などの 中国山地では

たたら という製鉄が おこなわれていた

砂鉄と木炭を大量に使う。

砂鉄を鉄穴(かんな)流しという方法で採取

たたら用の炭を焼く

たたらとよばれる 炉を築く

ふいご(写真参照)で空気を送る

ふいごの発達で飛躍的に生産量と品質が上がった

このたたらでできた玉鋼(たまはがね)は

いまでも、日本刀の材料としてつかわれている。

冬には、数回 たたら が現在でも焚かれている。

その当時、日本の鉄生産の50~70%くらいを占めていたらしい

そこで問題になるのは、自然破壊!

なにしろ、一回のたたらで 

炭を 13トン 

森林面積にして 約 1ヘクタール

の森林を 丸坊主にする。

そこで、あの もののけ姫 の 舞台は

しまねの中国山地 といわれている。

どんどん、森がなくなっていく

その現実を

物語にしたんですね。

現代の 自然破壊の 警鐘として

写真は、島根歴史博物館に展示される

たたらの展示の ふいご

明治時代の調査を基にした

実際の大きさの模型で、

歴博にくれば、ふいご が

体験できますよ(別に体験したくないよねぇ(苦笑))

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ものづくり ~ 創作

_004

世の中に無いものをイメージし、かたちにする。

それは、非常に 苦しいものであり、

よろこびでもある。

どんな小さなもの

どんな小さいこと でも

そこに価値がある。

できあがった物をみて

あれこれ言うことは、たやすい。

また、機能の美 ということもある。

極限まで、機能を追及し、美に至る。

工業デザインでも、機能と美を融合させたものは

沢山ある。

そして、自然

これこそ、すごいとしかいうことが無い。

まあ理屈じゃない 

だいぶ 話がそれたけど

創るということは、それほど意味があるし

生活の中には、そういう創造が沢山転がっていて

例えば、毎日料理をつくることも、そのひとつだと思うし

創造に、感謝!

こんな、マジックの耳でも

すごい発想だと 感心 しきり!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

BACK TO THE FUTURE

2006_10280471

BACK 

TO  THE  FUTURE

いわずと知れた、マイケル・ジェイ・フォックス主演

確か 今 難病で、リタイヤ してるはず

このネーミングが、すばらしい!

そして、マイケルと博士(名前は覚えていないけど)の

絶妙 の 名コンビ !

.

深夜、テレビでやっていたので、

ついつい 見てしまった。

.

物語は、まあ タイムマシン もの なんだけど、

SF 好き おじさんとしては、

今度、新作が出たら、必ず見るぞ! ということなる。 

マイケルの 全快 を 願う !

もういちど、わくわくを!!

2006_10280470

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七輪陶芸-14回目 織部角皿、茶碗

2006_10280495

なんとか、うまく 焼けました。

少し釉 が 濃いかな?

とは、思うけども

きのう 夜 素焼きをして

釉を施し、今日 朝 2回トライ

夕方 1回 

何回焼いても、むつかしい!!

均一にするのは、至難

大きいものは特に むつかしい

またそこが、面白いのだけど!(笑)

2006_10280498

2006_10280500

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

ナマステ Ⅵ -インドの空

P1010697   

インドの空港は、総じて 日本みたいに きれいではない

ごみごみとしている。(日本が特殊かもしれないが) 

それに銃を構えた兵士が警備してるし、

平和ボケしている日本と大違いである。 

広大なインド。 

国内線に乗る機会が何度かあって、

まあどこの飛行機も、どっちにしろ 

エアバス か ボーイング だから 安全みたいな風に思っていた。 

あれは、デリーから 

インドのIT最前基地であるバンガロールへ移動した時である。 

何事も無く離陸。 

そうそう わけのわからないことがひとつ。   

離陸前にスッチーの皆さんが殺虫剤を荷物だなに向かって、噴射!  

なんでも衛生法できまってるとか!?  

さすがインドということで一件落着。  

たまたま隣の席のインド人親子に話しかけられ

(たか話しかけたか覚えていないけど)

確か 宗教の話をした。そんな深い話じゃなく 

あなたの宗教は?

もちろんヒンドゥ教。

インドは仏陀が仏教を始めたところだけど、

なぜ ヒンドゥ教が盛んなのか? ...... 

そのうち、ワゴンサービスが始まり、

紅茶とクッキイらしきものが配られ、

いただいていると...  

突然、悲鳴とともに、急降下。 

いわゆる エアーポケットにはまった。 

気がついてみると、辺りにごみが散乱!! 

どうもけが人は いなかったようであるが、

熱い紅茶を頭にかぶった人とかいた様子。 

早く飲んでしまって よかった。 

それ以来、出されたものは、

早く処理する癖が付いた様な.....(苦笑)

それでも、なにも アナウンスなし。 

そういえば、いつも アナウンスはない。(マイクが無いのかな?)  

どんな事態になっても、こんなもんだよ!ということか? 

さすがインド!?  

結局、形は為しているけど、

中身が遅れてるとでもいいましょうか。

システムがズサン。 

事前に 航路をチェックして、安全なところを飛行するとか。 

整備は大丈夫か?とか、(これは日本にも当てはまる)  

情報も安全のうちという思想が無い など

   

いろいろ考えさせられますね。 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ふしぎな菌

P1010773

 今、やたらと健康ブームであるが、

その中で食物の不思議な作用が、

テレビなどで沢山紹介されている。

 皆さんよくご存知だと思うけど、

一度、紹介されると、次の日には、

店頭から消えているということもあるらしい。

 いま、うちで小さなブーム?までもいかないまでも、

騒いでいるのは 

 カスピ海ヨーグルトであります。 

その名前がどこから来ているのか知らないが、

産地とすれば あのカスピ海 

行ったことは無いけど 

何か名前から想像するに、

すきとおる青空と海という感じだけど  

まあとにかく すごい  

牛乳に 

このカスピ海ヨーグルトを一さじ入れておけば、

次の日には 

カスピ海ヨーグルトができているすんぽう

 なんと不思議。 

なんでもブルガリヤヨーグルトではできないとのこと?

 まあハム姉さんのようによくご存知の方には、

花?で笑われるのがおちかもね。 

 それにしても 自然はすごい! 

左の鮭ビンに入っているやつが、なぞのぶつ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月26日 (木)

粘土・釉薬 到着!

P1010757

.

前回買った粘土が、底をつきかけたので調達。

近くに材料屋さんないかなと、探していたら

なんと、あった。

.

早速、カタログを取り寄せたら、

そのカタログは、カラーじゃないんで

釉薬がどんなんかよくわからん!

しょうがないんで、ネットで調査。

自分のイメージと合うやつを探して、

(まあそんな大それたものじゃないけど)

.

結構 何日も あーでもないこうでもないと

思案を繰り返し練って 選定ですわ。

(ここでもう練ってるわけですよ(粘土じゃないけど) )

予算が限られているんで(苦笑)

.

ここでもじっくり楽しんで、

頭の中にもう器が何十個も出来上がるころに

やっと、注文!

そして配達。

.

.

配達のおっちゃん 曰く

えらい重いね。何かね?これは?

はあ~

(伝票にも、その袋にも書いてあるじゃろが!

といいたいのをこらえて)

.

.

まあ、土を買うやつは、この辺じゃいないわな~

と自分で納得.....

そこら、田んぼの土を 使ったらいいがね!

ほんと、おっしゃる通りでございます()

(まじに、どんな土でも焼けるらしい!)

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

古代出雲歴史博物館-四、五の巻

0026_1 


4つ目

三瓶山の古代杉 
現地へいくと凄いんだけど

噴火で埋まった杉の森 
凄い大きさのものです
ここでは、切り株だけなのですが、

 ________________________________
 5つ目

これは地元限定ですが 
宍道湖の北側湖岸をはしる一畑電車。
この北松江の旧駅の改札口 

(写真参照)
これは本当に懐かしかった。

学生時代のことが走馬灯のようによみがえってきた.....
いつも、改札をとおりながら 

電車の中の、だれかを探していた十代のころ.....
_____________________________
また建物は、有名な建築家の設計 

メインエントランス前にある 110m の 桂の並木道

これは、古代の出雲大社の本殿前の

引橋(階段)の長さ (1丁) にあわせてあるとのこと

というような見処満載!

しかし、島根県の財政は逼迫してるのに、すごい金の使い方? 

大丈夫なんかいな?

 0027
上の写真は、出雲大社の変遷

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月24日 (火)

Here comes The Sun!!!

P1010174

ブログ名に ビートルズと 謳っているにもかかわらず

とんと、ご無沙汰でございました.(苦笑)

携帯の目覚ましに、ぴったりのメロディ、曲名

栄えある!ビートルズ エピソード 第1弾に

ジョージ ハリスンの曲を選びました。

(正確には、ジョンレノンミュージアムを

載せていますので 第2弾!)

 ジョージの曲は、どちらかというと

クロウト受けするような、渋い曲が多い

(別に暗いという意味ではないけど)

この曲のように、結構軽快な曲であるけど

うならせる部分があるような...そんな感じ

また、この曲は,カラオケで歌いやすいときてるもんだから

ますます、好きになっちゃうんですよ。

ジョージの内面から出る 人間を愛する気持ち が、

やさしい メロディ になってるのかな。

そういえば、インドの音楽に傾注したこともある。

まいあさ この曲で、 さわやかな朝を むかえています。

P1010171

| | コメント (4) | トラックバック (1)

つま恋

P1010749 

なんと ハム姉さま の地元 静岡にあるんですね。

行ったことは、無いけど 伝説の 場所ですよね!

学生時代には、拓郎に酔いしれているやつはいたが、

ほう という感じで、ヒット曲なんかもあったが、

そんなに、いいというわけではなかった。

でも、近年 気にはなりつつあった。

たまには、カラオケで 歌っている状況があるわけです。

そんな時、また つま恋 やるらしいで

という情報が、マイク仲間から聞こえてきた。

ちょっと、拓郎とかぐやひめの組み合わせが

いまひとつピンとこんけど

そして昨日のNHKで特集

そら見んといけんわ!ということで、みちゃいました。

やっぱ、なつかしい!

ちょっと円くなり、力の抜けた拓郎 いいわ。

なに、中島みゆき! 白いブラウスが新鮮。(どうしたこと?)

「落陽」で 花火! やるね

最後は、「きょうまで、わたしは、生きてきました~」

なんだかんだで、

また、今度 カラオケで歌うぞ ということに

おちつきました。()

(写真がひどくてスミマセン)

P1010752

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月23日 (月)

み の り

P1010746

秋の日差しをうけ

ほこらしげに、むねをはる

| | コメント (4) | トラックバック (0)

チャングム

P1010721

.

ほなら、ほなら......♪♪♪

はまってます!

いじめられても、逆境にも、強い志しをもって

自分で切り開く すごいひと.

そんな事が現実にできるなら.....と思います.

だからはまるのでしょうかねぇ?

それにしても、うつくしい! 

それが大きいいかなぁ(笑)

それもあるかな?

.

P1010722

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

コーヒー ブレイク

P1010747

.

まだまだ可愛いものです. 

娘の手づくり  ハート のクッキィ

チーズが入って、結構いけます.

完全に 親ばか モード。()

.

.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

むらの祭り

P1010701

.

けさから、町内のみんなが集まり 花の準備。

花というのは、竹で枠を作り

紙で折った花を、竹枠に付けて、飾る

各町内の持ち回りなので、4年に一回

したがって、毎回が初めてということで

長老格に聞きながら、なんだかんだといいながら

近所のおつきあい.

まあ、町内も集まる機会が少ないから

また、毎日、忙しいを連発しながらだから

たまには、いいんじゃないかなあ。

獅子舞もあがる。これは保存会があり、

若いもん(そんなに若くはないが...)

2ヶ月前くらいから練習。

この祭りも いつまで維持できるか、心配なところです.

.

.

.

まず、竹を割って、そろえる

.

P1010723

.

竹 を 荒縄 で つなぎます。

.

P1010726

.

花 の 芯 に わらを巻きます

.

.

P1010728

芯のまわりに、 編んだ竹を 巻きます.

.

.P1010729

.

荒縄で巻きます.

このとき、結束の仕方が、若いもんはわかりましぇーん.....

.

P1010737

.

起こして、輪にします。

.

P1010739

.

みんなで、花をつけます.

.

P1010740

上にも、飾り付け

.

P1010741

.

やっとかんせい!

P1010742

.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月21日 (土)

出雲、神在月 のなぞ

P1010702_1

.

神在月古代文化シンポジュームが出雲大社の近くでありました。

神在月の謎に迫るという事で、期待していきました。

結局、謎が深まるばかりでしたが......

知る人ぞ知る 新谷先生 の基調講演

余談のみ 紹介 (えへへ......)

P1010720

秋篠宮さんに講義されたらしいけど

その中で、牛車の講義もしたらしいけど

宮さんは実は、最近私も牛車の研究をしてると

おっしゃったとか!(まずいですね)

まあそれはいいけど、新しい事実がわかりました

天皇、皇后 は 今まで、歴代 牛車には乗られないらしい。

なぜだと思いますか?

その理由は、やんごとなき 人々には、危険 

結構 暴走するらしいのです.

次にパネルデスカッション

ほっこさん、えびすさんがでてきました!

やはりほっこさんが言われるように

留守番の神様 だった。

安政の大地震が起こった時、神無月だったらしく

なまず?と留守番 の責任が問われたらしい.

.

P1010712

.

P1010713

.

.

そして、集まった 神々 は なにを話し合われるのか?

いろんな事もだけど、全国の 男女の 縁結びも きめるらしい

江戸時代の浮世絵で書かれたものが紹介された

.

まず、竜神の到着

.

P1010715

そして、木札に カップルを、登録

.

P1010717

そして、審査 。あまりにも多い 量で、あの登録帖の 分厚い事

中央が、大国主 隣は 天照 だそうです。

.

P1010718

縁結び完了!?

.

.P1010719

.

| | コメント (6) | トラックバック (0)

バラ がないので カンナ!

P1010698

朝、出かけるとき 

朝露をいただいた かんな が、

めにはいったので、撮ってみました。

あまりにも、ひらさんが

素敵なバラを、しょうかいされるので.......

.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月20日 (金)

ナマステ Ⅴ

P1010695

きょうは、インドの手工芸?

みやげにもらった、レリーフ

黄銅のようなや わらかい金属をたたいて

盛り上げて、それに 色をつけたものです。

皆さんはどちらが好みですか?

.

P1010694

| | コメント (6) | トラックバック (0)

七輪陶芸-14回目造形

P1010692 

.

久しぶりに、造形、粘土細工をしました。

このまえ失敗したもののリベンジ!

とにかく、よく乾燥させることですかね。

28日に焼けるかな

この前つくった陶印というそうですが、

素焼きして、今回始めて使ってみました.

面白い感じになりました.(自画自賛 笑)

やっぱり、反転しなくちゃいけないですね! (あたりまえだけど)

あたりまえに気づかないところ、しょうがないね、まったく!

P1010691

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

JR の 鬼瓦

  0032_2

きょう、お客人を 駅まで むかえにいった。

ちょっと時間が有ったので

周辺をぶらぶらしていると

駅舎のほうは、例のごとく合理化で

完全に閉鎖されていて、さびしいかぎり。

出入りも、フリーという感じ

それにもかかわらず、タクシーが待っているという構図

どう考えれば良いんでしょう。誰が乗るんだろう?

.

そこで見つけました!

ほんとう大発見という感じ。

JR は、やはり JR でした。

腐れても鯛ですね!

鬼瓦まで JR のマークが!!

まあ、親方日の丸という感覚、変わらないようです......

下の写真は、特急 やくも の通過写真です。

頭がちょん切れちゃった.(苦笑)

.

.

0024_4

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月18日 (水)

巴里 1

P1010688

5月だったと思う。

長い飛行機の窮屈な旅のあと、巴里に降り立った。

白夜 で、夜の11時を回るのに、明るく 子供が遊んでいた。

これが 白夜か?!

.

1日間 off ができたので、ホテルで、ガイドを頼んだ。

あいにく 日本語ガイドは空いてない。

しょうがないなあということで、英語のガイドをたのむ。

中南米系のおばさんのガイドと

中国人これもおばはんたちと一緒に回る。

予め、ルートが決めてあったらしく

ただ、ルーブルでおろしてくれ

ということだけは約束できた。

どこをどう案内してもらったか

今覚えていないけど

騎兵隊(馬に乗っていたから)のパレードに立ち会えて

ガイドが、あんたたちは運がいいわ!とのこと。

確かに、格好いい。

姿勢よく、馬にまたがって

房の付いたぼうしをたなびかせパレード

.

古い荘厳な教会

パリの街を見渡せる高台にあり、

ゆっくりと、見学というか

お参りということになる。

中は、暗くて

荘厳な雰囲気で

とても観光気分では、いられない雰囲気.

まあ日本で言えば、お寺ですから.....

という感じで、ルーブルで降ろされてしまった。

なにかわざわざルーブルまで運んでやったというような

態度だったので、仕方なくチップをやるか と思い

ポケットにあった 沢山の小銭を

着くまで握り締めていたら

汗で濡れたようになってしまった。

それでも、めげずに 

渡したら、意外にも喜んでくれて

拍子抜けというようなこともありました。

次回、巴里 名所を思い出しながら

載せたいと思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナマステ Ⅳ

P1010689

10年前、いや今でもそうかもしれませんが、

まちには、道路には、あふれる人人,,,,,

車、車、車..........

とにかく、うじゃうじゃ  である。

車は、町のなか、郊外 どこでも

とにかく、スピードを出して走る。

(車、道路ががたがたなので実感速度がやたら速い!)

そして、急停車の連続......

そして忘れていけないのが

クラクション!!!!!

とにかく、クラクションを辺りかまわずならす!

トラックなんかは、荷台の後ろに クラクション OK!

なんて書いてある始末

とにかく 喧騒 の インド

である。

車は、とにかく修理して使う。

日本だったら、二、三回くらい廃車になった車が

現役で走っていた。

逆に、修理技術がすごいのかも。

道路沿いには、パーツ屋が並ぶ

純正かどうかわからないが、

見掛けはそれらしきものが並んでいる。

車で移動する時、

タクシーの上等は、クーラー付であるが、

一般の車は、もちろん無い訳だから

夏は、窓を開けて走る。

窓から気持ちのいい風がはいりこんでくる。

と思いきや、とんでもない!

熱風がはいりこんでくる(苦笑)

挙句の果てに

スコールが降り出してきた!

さあ困った! 暗くなるし

前が見にくいというより見えない?

な、なんと!

ワイパーが  ない!

.......(絶句)

そこはインドです。

焦ることなく

運ちゃんが、おもむろに

手にワイパーらしきものをもち

ほんとうに 手を フロントガラスの前に 出し

それで拭く 撫でるというか......

まあというような有様で、

非常に たのしい 

そして 本当に熱気、活気あふれる...インドでした。

.

写真は、インド製の腕輪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

コーヒージェリー

P1010687

ココログのメンテが一日早く終わったとのことで、

長い一日が終わった感じ。

.

よめさん作のコーヒージェリー をいただきながら

ブログ更新します。

.

コーヒーはよく飲みます.

一日何杯だろうか?

ビールは、いちにち 一杯 で満足だけど!

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

世界で もっとも 美しい ところ

P1010684

戦国時代に発見され、

徳川幕府を支え続けた

石見銀山

その当時、ヨーロッパの地図にも

大きく載っていたという。

世界遺産 登録 しようという事で

がんばっている担当者の話を聞いた

世界遺産調査選定の為に、外国人が視察にきたが

(正確には、来て頂いたという方が、正しいだろうけど)

その裏話を...

世界遺産とかそういったことを決める委員会では

ヨーロッパ、特に イギリスの 発言力が強いとのこと

産業革命は、自分たちがやったということが

遺伝子に組み込まれているとのこと

だから、その関連する事柄では

迎合するわけではないが、

もちろん、歴史を変えるわけにはいかないが

その範囲内で、表現を変えるとかを、したらしい。

また、ヨーロッパ人は、深い緑(森林)に弱いということで、

(確かに、EUなんかにいくと、深い緑は少ない。)

石見銀山があるところは、大森というところで、

字のごとく、鉱山があった割には、森が深く残っているので、

それをアピールするとのこと。

.

.

その調査団の一行を、

.

出雲大社につれていき、

真名井という

森深き雰囲気で、清水の湧き出るところへ

つれて行ったところ 

そこから動こうとしなかった らしい

彼らが言うには

「The most beautiful place

in the world」

「世界でもっとも美しいところ」

ちょっと、かんがえさせられた エピソードでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ドイツ の もの造り!

Photo_3

アウトバーン

疾走する車。

時速200kmをこえても、

車は微動だにしない

メータを見ないかぎり

そんなに出ているとは思えない。

実感速度とは、ぜんぜん違う!

しかもこの時、外は 雨

これは、こわい!

ヨーロッパの車とドライバーを

信じるほかなさそうだ

ヨーロッパの車は

特にドイツ車のものづくりの

ポリシー いや フィロソフィ。哲学 

とでもいうべき  こだわり

これはすごい

マイスターとよばれる制度に代表される

延々と受け継がれてきたもの

そうしたこだわりを

頑固に守り、受け入れる世界  すばらしいと思う。

そういった、ものづくりがしたい。

.

.

写真は、メカの象徴であるギヤ(歯車)を最終仕上げするところ。

自動車のデフのギアです.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月15日 (日)

鶴太郎さんの織絵

P1010662

ちょっとした展示会があったので見に行った.

鶴太郎さんの織絵展

鶴太郎と言えば、あの独特のタッチを思い出すけど

織絵って何?

ということで出かけました.

秋刀魚の絵は有名だけど、よめさんが

魚はちょっと、かざるのはやだ!というので

織絵なんかとても買えないので

予算の関係で、ふくろうのハンカチ

これを、アイロンかけてパネルに入れれば

立派なアート として、かざれます。

ふくろうは、福を呼ぶとか申すそうで.

着物なんかのデザインもしてらして、

あの色づかいが、着物にあっている感じ

あの色が、派手ではないかな?すこし日本的というべきか。

織絵というのは、デザイン画をもとに

西陣織で編むらしい。

着物とつるたろうさんの絵 ほんとうあってるから

できるのでしょう。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

七輪陶芸 12回目-織部角皿、織部湯のみ

P1010670 

P1010669

織部角皿150mm*150mm、織部湯のみ 直径90mm

写真のとおりです

本来、載せるべきでないかもしれないけど

正直に  ということで

角皿は色がうまくでたのですが、

完全に大きな割れ目ができました。(ショック!)

湯のみは、色が出ませんでした.(まいった)

2回続けての 失敗.

道は長い

Long and winding road!

というところでしょうか!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

日本酒発祥の地

P1010661

日本酒発祥の地  これまた、出雲!

出雲国風土記に記載されているらしいのです。

このいずも八百万神酒まつりは、酒文化の紹介と、

しまねの神楽、獅子舞、和太鼓の伝統文化の継承を

目的に、開催するとのこと。

たしかに、酒の神様が、松尾神社というところに祭ってあり、

毎年、神酒の奉納が行われて、利き酒大会もある.

だから、まわりに酒飲みが多いと思った!(苦笑)

パンフレットの横にあるのは、

和太鼓の後 餅まきをしたので、1個 ゲット したもの。

P1010663

| | コメント (8) | トラックバック (1)

天然かけ流し温泉  ゆらり

P1010665_1 

天然かけ流し温泉 ゆらり

大きな大きな檜の湯船、大きな露天風呂、サウナ、塩風呂

何ヶ月ぶりに行った。

久しぶりの温泉、ほんとゆっくりした。

星はあまり出てなかったが、夜空を仰ぎ

生き返った 感じ。

出雲へお越しの際は、玉造温泉より

こちらがオススメです.(本当)

P1010666

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

古代出雲歴史博物館-弐、参の巻

0025 
2つ目

黄金に輝く荒神谷の300何本の銅劍

これは壮観!

国宝だそうです

本物も展示!

これも、よくご存知だろうけど、

なぜあのような場所へなぜ置いてあったか?

なぞだらけ!

荒神谷のボランティアガイドさんが、

出土したところを見なくちゃ ありがたみが半減!

とのこと。確かにそう思います。

現地を見ると、なんでこんなところに と思います。

現在の道からいくと、すこし奥まったところに在り

ふしぎなところです。

現代の道と古代の道は、当然違うわけだから...

古代にはひらけていたのだろうか?的な 

 

3つ目

これも荒神谷の近くなんですが、

今度は 銅鐸が大量に出土。
加茂岩倉遺跡です。
九州文化圏と大和文化圏説を覆した

これも本物(国宝)が展示される

金色に輝く銅鐸。

祭器として使われたんかなあ?

民衆がひれ伏したんだろうか?

 
写真は、収納室前室 
(塵、細菌、エイリアン?なんかをここで阻止するそうです.)
0030 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

朝 霧

 0024_3 

朝起きて、外を見ると

雲海がひろがっている!

この季節になると、朝霧が発生?する。

まわりの景色が、かくされて

神秘的な雰囲気さえする。

ご来光を、むかえるような......

 

ところで朝霧と朝靄って

どう違うんでしょう?

 0031_1 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

秋 桜

P1010650

 

秋桜 とは、

よく秋の雰囲気を表した別名だと感心する。

(もちろん 正式ではないけれど)

山口百恵にぴったりの曲でした。

内に情熱を秘めた 彼女 とだぶっていた。

あの三人娘の中では、

そりゃ いちばんだったかもしれないけど

そんなに好きなタイプではなかった.

ともあれ、さだまさしの名作である.

(さだの歌は、あまりに線が細くて、

あまり好きじゃないけど.....)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鯛のから揚げ

P1010655



のから揚げなんて、初めてです。

見た目は、普通のから揚げ.....

いっぽん 100¥ なんで

ご賞味あれ!

これは、鯛がもったいないという

向きもあるかもしれませんが

まあすきずきですね!

 

もし良かったら、島根半島味の玉手箱の店頭にて販売中らしい!

また、ブログもあるらしいので、覗いてみたら、いいかな?

検索 島根半島味の玉手箱 で どうぞ!?

 

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月11日 (水)

おっぱい?

 P1010646 

なんでしょう?

.

粘土で、つくってみました。

...をつくって、

並べたら、何かに、見えるなあ

ということで......す。

.

おもてから見ると、

落款(陶芸の場合、落款というのか知らないけど)

でした。(苦笑)

.
P1010648 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

ダ・ヴィンチ ミュージアム

P1010637

地下鉄をおりて、ヨーロッパの中世から残る

鄙びた町を歩き、目立たないところに

それはあった。

.

イタリヤの宝とも言うべき、ダ・ヴィンチ

この偉業を集めた

ミュージアムというべきか博物館かな

いろんな顔を持っていたので、

展示内容が幅広いこと!

自転車、戦車、町の設計、絵画、彫刻......

自分に興味があることやら、

びっくりする事やら......でした。

当然ながら、日本人も、いました、

それにこどもたちが、多いこと。

みやげ品も、子供向けが多かったみたい。

そして、

もちろん、モナリザは、ルーブルにありますから、

ありませんが.....

.

ルーブルで、みましたが、

厳重にガラス張りで、よく見えず

雰囲気が余り良くありませんでしたけど......

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 9日 (月)

北朝鮮 侵略、占拠

0032_1

.

平和な日本

駅伝やらで、テレビに出れるとか.....

その一方で、北朝鮮が核実験のニュース

村上龍 の作品で

北朝鮮が、九州に侵攻、占拠するというものがあったけど

その時有りうるなあと、思っていたが

そんなニュースを聞くと

物語では済まないような.....

特に東京と違って、距離的には近いし

拉致事件も頭にあるから、

本当に、物語......

政府はどんな対応をするのか?

対応によっては、何をしでかすかわからないから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

快晴だけど半日仕事

0024_2

.

午後から、仕事です。
こんなに天気がいいのに、仕事です!(happy?)
そとでは、出雲全日本駅伝で、ヘリの音やで、さわがしい
出かける前に、近くの図書館にいったら
TVの中継車、やら やぐらの上に カメラ
挙句の果てに、自衛隊らしき人が? 何でという感じ?
その様子を、非常に 遠くから 携帯で取ったのですが、
よくわからないと思いますけど、そ~いうことです。

一年に1回の テレビ出演の機会を逃してしまった。
ということになるんですかな?
沿道で旗を振りたかったわけでもないんだけど...

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

古代出雲歴史博物館-壱の巻

_2006_10_4

古代出雲歴史博物館
見どころを順次 紹介します.(3~4回に分けて)
古代からつい30年前くらい まで幅広く展示。



見所のひとつ目は、

古代の出雲大社。

以前紹介したように、

平安時代には高さが48mもあったらしい。

台風やら、嵐なんかで 何回も倒れているらしい.

まああたり前ですけどね.あの不安定な建物では.....

 

その1/10の模型。 

どうやって建てようか?考えてみては?

専門家じゃなくても、興味津々!

(大林組が、シュミレーションをしているはず。ネット上にあると思います。)

 

1/10の模型の後ろ側に、実際に上に乗っていた千木があり、

これにも圧倒されます。

 

またメインのロビーの真中に境内で発掘された

3本を束ねた宇豆柱が鎮座してます.

 

下の写真は、収納庫内部(まだ何も入ってませんが)

 0029 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七輪陶芸-12回目_2006/10/8

P1010644

やあ、 しっぱい しっぱい!??!

温度が上がらなかったかな?

コストパフォーマンスを考えすぎた結果か?

一度うまく焼けたのを、釉がもうすこし熔けて欲しいと

欲を出し (苦笑)、 

再度 火に投入

結果、黒くなってしまった......

.

ちょっと、ショック、ざんねん!

次回に期待!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

カラオケ

P1010638

チャングムがはじまる迄、カラオケに久しぶりに行った。

(久しぶりでもないか(苦笑))

.

娘は、カエラだとかハイビートのもの(我々には)を歌うし

私は、昔のものを、

あとは、ビートルズ とか S&G というところですか......

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

山持遺跡(ざんもちいせき)

P1010636

新聞全国版でも紹介されたけど

家から車で15分くらいのところにある山持遺跡から、

貴婦人の板絵が出てきた。

そんなところで発掘工事しているとは知らなかったけど

道路工事するための調査ででてきた。

20年前になるけど、荒神谷から 銅剣が300何本出てきたり

加茂岩倉から銅鐸が沢山(今までの日本全国で出土した数より多く)

でてきたり、工事をすれば、何かが出てくる状態です。

.

奈良時代~平安時代のものらしいが、

古代の人物の全身が書かれたものの出土は

少ないそうである.

それにしても、古代人は、本当にこんな髪型や

こんな衣装を着てたんだ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

七輪陶芸-湯のみ & 茶碗 (10回目_2006/09/23)

P1010604_1  P1010603

またまた、焼きました!

これは、前に焼いたやつ。

すこし、コツがつかめて、割れなくなりました。

きょう人間国宝の作品をみて、

ははあ?という感じで、

なるほどなあ ということですわ(苦笑)

やはりすごいのはすごい!

でも、誰にでもできるかなという感じのものもありそうだけど

実際に見たら、すごいんでしょうね!

..

.

話し変わるけど、

長澤まさみ

いいですね!(笑)

快かーーん!!!(いうのかな?)

楽しみデスね!

タッチ よかった

娘に 同じ名前つけたもんだから

みなみちゃ~ん なんて いいねぇ!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

神伝

0031

0024_1

近所の道路のあちこちに、写真のような看板が立っているので、

よくみると、

神伝と称する「選抜大学駅伝in出雲」のためのものであった。

このじきに大学の駅伝が開催される。

三大学生駅伝のひとつとのことである。

今回18回ということですが、ほんの最近始まったという感覚なんですが......

出雲市長に岩国さんがなられて、その関係ではじまったものです.

出発は、出雲大社。

全長 44km で、駅伝としては、短い様です.

晴れるといいですが.......

.

.

「古代の出雲大社」の訂正です。

「口吟」>「口遊」でした。

古代(平安時代)の出雲大社の高さは48mという説が有力です.

近日、オープンまえの歴博の内部の様子をお知らせする予定です.

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 4日 (水)

ナマステⅢ - 朝の散歩

0032

0026

朝、ホテルの前は、すぐ海が広がっているので、砂浜を散歩した.

コンクリートの堤防が、境となっている。

ホテル内には現地の人は、入ってこない。

堤防をこえ、砂浜に足を踏み入れる。

朝早いのに、まるで、夏の盛りの 湘南のようなひと.....

ハマかぜで、涼しいので、ゆっくりとあるいていくと.....

あちこちに異物がある!

犬のふんにしては、ちいさいような... とぐろを巻いているしなぁ?

どうも 朝 みんな しにくるようです.....

というわけで、慎重に よく見て歩かないとね

だが、現地の人は、おかまいなく

なんと、 クリケットに興じている人までいる。

そうかここは、英国の植民地だったからね.....

また、海のなかで、顔を洗ったり、その他の用事?を済ませるらしい。

そうこうしてる内に、かなり遠くまで来た。

そしたら、誰かが、あとをついてきた.....

どうも金目当てらしい。

しようが無いので、早歩きで、ホテルに向かうが

ぴったりついてきた。

やっと、ホテル。 堤防からホテル内へ

さすがについてこなかった。(ほっとする)

.

ガンジス川へ、死体を流すらしいけど、

こんな状況なら、あり得るという気がします.....

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

古代の出雲大社

P1010634

神在月で盛り上がったところで

出雲大社といえば

古代の出雲大社はどんなだったのかな?ということで

.

平安時代には、「口吟」とかいう書物に、紹介されているとのこと

非常に高い建物で、日本一という事になっています。

実際、その図面も残っているし、境内を発掘した結果

その柱の一部がでました。

こんど、3月にオープンする

島根県立古代出雲歴史博物館で復元模型も展示されるし

実際の千木も展示され、その大きさにちょっとびっくり!

ぜひ、歴博へいらしてください。3月にオープンです。

写真は、歴博内部から、メインエントランスをのぞむ

P1010628

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 2日 (月)

神在月

P1010629

恒例の神在月シンポジューム、

今年のシンポジュームは、神在月そのものについてのものになりそうです.

確かにその由来など、わからないところが沢山あります.

まあ、むかしのことは、よく分からず、

想像するところが ロマン ともいえますが......

神が1年に一度、会議(飲み会ともいう)をひらくために集う

どういうことでしょう?

今の言葉で言えば、サミットか?

どうも、出雲大社の主である大国主の尊が、国を譲った時

国を譲る代わりに、黄泉の国を支配することになり

それで、日本全国の神様が集まるという事になったらしい

日本全国に、出雲という神社 もしくは 地名が残っているはずです.

神無月 その言葉が現代まで残っている事が、すごい

と、出雲人としては 誇り 的なものを感じます.

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

出雲路講座 in 東京

P1010630

学んで旅する“ご縁ツーリズム”出雲路講座なるものが

930日に第一回があったらしい。

第一回は、錦織映画監督(島根平田市出身)だったそうだ。

平田の漁村を舞台にした 「白い船」 の監督です。

2回は 江原 啓之さん らしい。

どういうつながりだろう?

よかったら、東京のかた、いってみられたら?

詳細は、写真(横向きですみません)か ネット検索してみてください。

よくご存知かもしれませんが......

| | コメント (4) | トラックバック (0)

USA  食物事情

Amerikaya_2004323_garikku

時差ぼけで、一週間くらいの旅だと、

アメリカにいる時は、とにかくいつも眠たい

直ったと思ったら、もう帰るということになってしまう.....

夜、分厚いステーキをよばれていると、おなかは満腹、

当然、 てきめん眠くなってしまう.

むかしは、BSE の B の字も無かったので、

日本ではとてもこんな大きな 肉 には ありつけない

ということで嬉々として、かぶりついたものでした.

(まあ年齢のせいもあるでしょうけど.....)

大きいといえば、

とにかくアメリカのものは、なんでも おおきい 

というイメージである.

ホットドッグに始まり、シードッグこれも食いきれないほどおおきいけど

これまた、おいしかった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »