« Here comes The Sun!!! | トップページ | 粘土・釉薬 到着! »

2006年10月25日 (水)

古代出雲歴史博物館-四、五の巻

0026_1 


4つ目

三瓶山の古代杉 
現地へいくと凄いんだけど

噴火で埋まった杉の森 
凄い大きさのものです
ここでは、切り株だけなのですが、

 ________________________________
 5つ目

これは地元限定ですが 
宍道湖の北側湖岸をはしる一畑電車。
この北松江の旧駅の改札口 

(写真参照)
これは本当に懐かしかった。

学生時代のことが走馬灯のようによみがえってきた.....
いつも、改札をとおりながら 

電車の中の、だれかを探していた十代のころ.....
_____________________________
また建物は、有名な建築家の設計 

メインエントランス前にある 110m の 桂の並木道

これは、古代の出雲大社の本殿前の

引橋(階段)の長さ (1丁) にあわせてあるとのこと

というような見処満載!

しかし、島根県の財政は逼迫してるのに、すごい金の使い方? 

大丈夫なんかいな?

 0027
上の写真は、出雲大社の変遷

|

« Here comes The Sun!!! | トップページ | 粘土・釉薬 到着! »

コメント

これは本気で星野著 神在月のあらすじを書かなきゃならんな…
今日は旅疲れ買物疲れなので又後日(-_-;)

投稿: ハム姉 | 2006年10月25日 (水) 22時10分

ハム姉さん
そうですよ!
期待してるんだから!
ブログに載せて下さいな!
はやく知りたい~ (だだっこか?)

投稿: 維真尽 | 2006年10月26日 (木) 21時28分

一畑電車 藤沢と鎌倉を結ぶ
江ノ電と似ているようですね!
きっと乗りに行きま~す!

投稿: ハッチ | 2006年10月27日 (金) 21時22分

ハッチさん
こんばんわ
江ノ電 のってみたいな。鎌倉これも雰囲気のあるところでしょうね
一畑電車 これも良いですョ
乗りにきてくだされ!

投稿: 維真尽 | 2006年10月27日 (金) 21時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代出雲歴史博物館-四、五の巻:

« Here comes The Sun!!! | トップページ | 粘土・釉薬 到着! »