« 朝 霧 | トップページ | 天然かけ流し温泉  ゆらり »

2006年10月13日 (金)

古代出雲歴史博物館-弐、参の巻

0025 
2つ目

黄金に輝く荒神谷の300何本の銅劍

これは壮観!

国宝だそうです

本物も展示!

これも、よくご存知だろうけど、

なぜあのような場所へなぜ置いてあったか?

なぞだらけ!

荒神谷のボランティアガイドさんが、

出土したところを見なくちゃ ありがたみが半減!

とのこと。確かにそう思います。

現地を見ると、なんでこんなところに と思います。

現在の道からいくと、すこし奥まったところに在り

ふしぎなところです。

現代の道と古代の道は、当然違うわけだから...

古代にはひらけていたのだろうか?的な 

 

3つ目

これも荒神谷の近くなんですが、

今度は 銅鐸が大量に出土。
加茂岩倉遺跡です。
九州文化圏と大和文化圏説を覆した

これも本物(国宝)が展示される

金色に輝く銅鐸。

祭器として使われたんかなあ?

民衆がひれ伏したんだろうか?

 
写真は、収納室前室 
(塵、細菌、エイリアン?なんかをここで阻止するそうです.)
0030 

|

« 朝 霧 | トップページ | 天然かけ流し温泉  ゆらり »

コメント

はじめまして(*^-^*)。
出雲の国からお越しいただいてありがとうございました。
大和の国のカメラ小僧です(*^_^*)。
奈良から遠くはないのですが、島根には行ったことがありません。
300何本の銅劍や雲海は圧巻ですね!
これからもどうぞよろしくお願いたしますm(__)m。

投稿: midnight coffee MAKIKO | 2006年10月14日 (土) 04時03分

Makikoさん

こちらこそよろしくおねがいします。
大和はこれまた歴史あるところですね
何回か、行かしてもらいました。
こちらにも、一度
あしをむけて くださいね

コスモス畑、あたたかい写真 でした。

投稿: 維真尽 | 2006年10月14日 (土) 11時44分

収納庫はXファイルに出てきそうな雰囲気ですね(⌒-⌒;)
私の中で何故出雲=漫画だったか
解けました!星野之宣著「宗像教授異考録」二巻に載っているんですよ。昨夜読み直してしまった( ̄m ̄*) 

投稿: ほっこ | 2006年10月14日 (土) 13時47分

ほんとう、収納庫に何が入っているか!
今度,X-FILES 探しておきます.(笑)

宗像教授 ネットで検索しましたぁ(すみません、知らなくて)
伝奇ロマン大好きデスよ!
半村良なんか、よくよんでました。
ますます、守備範囲が 同じで 楽しみデス.
x-files 、なんだったかな 度忘れしたけど、
USAの田舎町、あー ロズウエル だっけ
あれも面白かったなあ

また、関連ブログ記事 楽しみにしてます.

ところでその宗像教授の神在月のないようは?またおしえて!

投稿: 維真尽 | 2006年10月14日 (土) 14時31分

コメントありがとうございます。

数日前
今年度の佐賀城本丸ボランティアのお世話会の会長が
出雲の博物館だったかな?
お話に行かれていたと思います。

オープンから2年が経過し
最初からいるので
もう慣れました(笑)

吉野ヶ里は 恥ずかしながら 2~3回しか行ってないのです。やはり地元には あんまり行かないことが多いのでしょうかね^^;

投稿: | 2006年10月14日 (土) 20時33分

かずさん ありがとうございます.
好きな言葉が、一期一会ですか
私も、好きですよ。

やはり、佐賀城本丸ボランティアさんでしたか!
佐賀城本丸ボランティアのお世話会の会長さんの話
拝聴しました.
すごいですね! なかなかできないですよね
もう2年も、続けてらっしゃるとは!

投稿: 維真尽 | 2006年10月14日 (土) 22時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代出雲歴史博物館-弐、参の巻:

« 朝 霧 | トップページ | 天然かけ流し温泉  ゆらり »