« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月30日 (木)

巴里 - 凱 旋 門 

P1020175   


なかにはエレベータは無い。

したがって、人力であがるしかない。

運動不足の自分には ちと きつかった。

もう少しという所に大きな部屋があり、

いすと机がでんと置いてある。

すかさず、座ろうとするが、先客があり、

それもなんかしらんが、難しい顔して。

本を読んでらっしゃる?

対面が空いていたので、おずおずとすわる。

汗をふきながら休んでいると、なんか話しかけてきた。

なんかいの?

いちゃもんでもつけられると、困るワイ。

と心で思っても、顔はにっこり。

何のことは無い「イマナンジデスカ?」

ほっとして、時計を見せてやった。

なかやすみした後、

屋上(というか、一番上の展望場)に上がる 

すこし霞んでいたが、

確かに 道が放射線状に広がっている。 

この下を ナポレオンが 馬に乗り 
凱旋したのか と 思いながら 

遠くを見つめる。 

  

何かのテレビ番組で 

紙飛行機 を折って、

飛ばしていたが、ほんとしたくなる感じがよくわかる。 

   

かぜにのって 
どこまでいくのだろうか 

自分の気持ちを乗せて 放つ! 

想像しながら、

うれしく なってしまう 

  

そんな巴里の午後。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月29日 (水)

The Long and Winding Road

Long_winding_road 

   

めずらしくポールの

すこし哀愁を帯びた感じの曲

自分の行きたい道と

仲間たちの道が大きく食い違って 

うーん、どうしようか?

 

人間関係の機微、苦悩そして喜び

そんな気持ちを歌い上げたポール

 

オーケストラで重厚感を出し

My Way という感じ

もっとも、ポールは

このアレンジを 嫌がっていたということだが...

   

これまた、カラオケでも

歌い上げると、気持ちいいんですよ!

  

カラオケでうたうにはちょうどいいかな? 

シナトラ の マイウェイ は、

あまり にも 人生を歌い上げるみたいで

好感が持てないし、 

昴 も、やはり同じで、おじさんの歌だし

   

ということで、 

この種の歌では、

これがちょうどいい感じで、 

と 思っていますけど... 

  

どちらにしても、

カラオケは、

誰も聞いていないみたいな 感じだから 

まあ、自分の世界にはいった者勝ちですが(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年11月28日 (火)

一畑電車

  

のどかな電車です。

たまに、飲みにいくとき

車が使えないので、利用するんですが、

車窓の景色もすてがたい。

ガタン、コトン

宍道湖の北側をめぐる電車。

宍道湖を、眺めながら、

何も考えず ボケー っと。

スローな 時が流れる.....

   

いずこも同じで

慢性的な 経営危機

廃止になったら

もろ、困りますよ

とくに子供たちの、通学の足ですから

  

今度、写真のような

キーホルダー を 創って 販売するようだ。

すこしでも 赤字を 減らそうという努力なのだけど

実際のプラットフォームにたつ駅名看板を

忠実に再現 とのこと

地元のもん()でも  面白いと思いますよ。

通販は、していないようですので、

もしよかったら、送りますよ!

  

めずらしい駅名では、

「ようかん」

「みだみ」

「あいか」

「たぶし」

  

P1020170

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

立久恵峡(たちくえきょう)

P1020156

  

出雲市

駅より車で約15分の所に 

その昔、

松江藩主松平治郷(不味公)が、

比類の無い景勝と賞した

(御所覧場のしおりより)

立久恵峡がある。

P1020161

    

奈良にいる姉がたまたま帰ってきたので、

どこか紅葉のいいところは無いか? 

 というので、

この前  鰐淵寺にいったばかりなので、

そっちのほうへ行ってみた。

紅葉ですごいという感じではないが、

切り立った岩、川の碧さ、つり橋と

いい味出してました。

つり橋は歩くだけでふらふらするので、

大騒ぎ。

  

夏に斐伊川が大水になったとき、

ここいら付近は、完全に決壊して

たいへんなことになっていた。

いまそのつめ跡としては、

この立久恵峡には、元々三本つり橋がかかっていたが

今通れるのは一本のみ。

 

P1020163  

 

写真にもあるように一本はねじれてしまっている。

  

八岐大蛇(やまたのおろち)伝説で

よく知られるように

昔は、斐伊川の流れがしょっちゅう変わるくらい頻繁に

しかも大規模に氾濫した。

八岐大蛇とは、斐伊川を象徴したものです。

  

いまでさえ、この状態ですから、

昔はただ祈るしかなかったということではないでしょうか。

自然の怒りを鎮めるため、

祈祷、神楽、生贄などされたのではないか。 

   

こういった 不可欠 かつ 緊急 を要する対策が

必要なのに対し、

地方交付税の縮小などの処置 

  

美しい国とは?

  

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月26日 (日)

チックコリアとの交流

P1020154

  

北海道のこどもたちと

チックコリアとの交流

うらやましい限りだけど

こういう経験は

なにものにもかえられない

  

チックコリアとの

アドリブのかけあい

なんてのができて

最高に 幸せだったと思う

 

スイングガールってのがあったけど

楽しんで

スイングできるなんて

最高!

 

P1020155

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月25日 (土)

ロボコン

P1020116  

 

はじまったのはだいぶ前だったが、

毎回ちがった課題があり

それをクリアーするために

知恵を絞りそれを形にする。

もちろん 予算 も 大きさ の制限もある。

ものを一から考え 形にして、

しかも動かして 目的を達成する。

発想がすごいのもあれば、

堅実なものもあり、

受け狙いのものもありで、

みんな楽しんでやっている。

こういう経験をすると、ものづくりのむつかしさ、

イメージが如何に大事か、

まあなによりも、ものづくりの魅力、

すばらしさ、楽しさがわかる。

もちろん仲間といっしょにつくりあげる喜びも!

この番組、ずーと続けてほしいものだ!

  

いまマイナスイメージで、

話題のゆとり教育。

こういった、みんなでつくりあげる。

こういった方向をもっと

やるべきだったのではないかと思います。

こういった成功体験が、

人生の大きな力になると、思いますよ。

まあとにかくものづくりはいいですねぇ!

 

さっき、テレビで、最近のロボット事情ということで

いろんな最先端ロボットが紹介されていた。

ユニークなロボットだらけだけど

犬型ロボットは、一見、 人間の足 向かい合わせで

面白い動きをしていたが

( 写真 撮れず 残念 )

これは 米軍 が開発してもの。

また、無人飛行機で、ミサイルを発射することが

できる技術が開発され

イスラエルで、実際 使われている。

こういうものが、兵器として開発されている。

   

ものづくりも 人間の使い方一つで

やはり、哲学が必要ですねぇ!!

   

P1020141

    

   

| | コメント (18) | トラックバック (1)

2006年11月24日 (金)

ペン

P1020131    

    

  奥山 清行 つながりです。

  

 

いま自分が愛用しているペンは

4色ボールペン+シャーペンで、

5軸のやつ、

  

(写真の左のやつ、中は2色蛍光ペン、右は消しゴム)

 

従来3色ボールペン+シャーペンというやつはあったが、

これを見つけたときには、

やっとでたかという感じで、うれしくなった。

  

こういう文具は、

いわば プロ?の道具だから、

やたらこだわりたいと思うが、

なかなかこれはというフィットしたものは

なかなか見つからない。

でも、どこへ行っても(海外でも) 

やはり気になり さがす。

道具を探すというのは、楽しい。というか、

たのしみである。

  

さて、このペン。

さらに希望するなら、消しゴム。

まあ、申し訳程度にペンの頭についているけど、

安心して使えるように、

実用性を持たせてほしい。

ノック式の消しゴムがあるから

それを装着してほしい。

ボールペンの色数は減ってもいいので...

  

ボールペン黒、赤、緑+シャープ+消しゴム 

どこかにありませんかねぇ?

   

   

| | コメント (6) | トラックバック (0)

奥山 清行

Photo_3

  

世界的なカーデザイナーらしい

某国営放送で

プロフェッショナル仕事の流儀という番組を

たまたま見たら、

自分が日頃思ってることを、

昇華して表現し、

インタビューに答えていた。

  

さすがと思ってしまった。

ものをデザインすることでの戦い。

いかに自分の心血をそそいだ、

また血肉を分けた、

自分の分身みたいなデザインを

相手に認めさせるかの戦い。

容赦ない批判中傷を潜り抜ける。

結局、自分でどこまで追い詰めたか、

追求したかによって切り抜けれるか、

認められるかが決まると思うが。

  

さらに、機能を実現するデザインには無数の解がある。

機能を極限まで追及すると究極の美となる。

バーナードリーチでしたか

機能美を追及する民芸運動に通ずるところがあるが、

要するに、

極めると、

そこへいくと言う事でしょう。

   

また道具に対するこだわりも半端で無い様で、

webで見たら

ペンはアメリカで見つけてそれ以来それしか使わないし、

貸せてくれ といわれてもタッチが変わるから

貸さないそうである。

年間500本まとめて買うらしい。

  

どんなペンか一度使ってみたい気がする。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

七輪陶芸 第18回-2代目招き猫

P1020129

  

2匹並んでの、招き猫

なんでも それぞれ 上げる手の

役割があるそうですねぇ!

   

2代目は、青磁釉 をかけてみました。

いいところだけ紹介すると (苦笑)

福 を沢山 はこぶ 打出小槌 が 

みえるでしょうか?

実は 素焼きで うでが 取れちゃって ()

今度 再チャレンジ しようと思っています!

  

| | コメント (8) | トラックバック (1)

2006年11月22日 (水)

あわせ柿

Photo_2  

 

鰐淵寺関連3連発です!!!

  

食べてしまったので、写真はありません。()

  

先日 鰐淵寺の帰りみち

唐川まつり (鰐淵寺付近の地元の活動) で

あわせ柿 を ゲット

帰ってから食べてみると、

非常に上手にあわせてあるのでびっくりした。

なかなかこういう風にはできないなぁ。

と感心しきり 

渋はうまく抜いてあるし

甘さもちょうどいいし

持った時にべた付かず適度の硬さ 

  

これぞプロの技か? 

どうしたらこういう風にできるんですかねぇ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

コケ丸くん?

P1020112 

   

これも唐川まつりで

ゲットなんと参百円なり!

  

こういうのはむかしからあるのかなぁ?

どうやって作るのかなぁ?

  

疑問符だらけですねぇ

名前もこれでいいのか?

  

とにかく自分で焼いた器に入れて鎮座!

  

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

あきのさくら

P1020098

  

秋桜と書いて

コスモスと読むそうですが、

先日 の 鰐淵寺 には

本物の桜が満開

(1本だけだけど)

  

紅葉と隣りあわせで得した気分!

ただ季節感が...

  

あちこちで咲いてるよという話は聞いていたが

目の当たりにすると 

いかに暖かいかということが実感されました。

  

温暖化異常気象のせいですかねぇ?

   

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

◎◎歳の誕生日

P1020118

いくつになっても

うれしいものですね!

 

奥さんの誕生日が23日なので、

いっしょに ささやかな 誕生会 です()

 

自分は、さそり座

奥様は いて座  ということになるんですが.....

相性は?

  

ケーキなら、アップルパイが

いいな と 軽い気持ちで、けさ いったんだけど

今日は、ケーキ屋さん

 どうも アップルパイは焼かないとのこと(苦笑)

 

ろうそく2本 くらいで

ちょうどいいか...()

  

余談

11月生まれの人は結構身近に多いんだけど

全国的に おおいのかなぁ?

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年11月20日 (月)

シカゴ ダウンタウン

  Ca6r45qf

 

ダウンタウン――― これはとにかく危険!らしい

 

そんな目には会わなかったけど、

ある境界を越えると、車で走っただけでも危険という話をあちこちで聞いた.

そんな危険なところのはずれに、シカゴブルースの店があった。

現地に住んでいる人に、案内してもらったが、

中は、酒とタバコで むんむんしている

どこか雰囲気が、やはり妖しい.....

シカゴブルースは堪能したが、帰りどうしようか.....

(まあそのときは何とも無かったが、)

. 

それまでして、いく価値があるかと思われるかもしれませんね。

一種の病気ですね、これは......(苦笑)

 

 

シカゴは 風の町

ということで、写真は

洋風 風鈴

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

北方 謙三

P1020109

この人の小説は読んだことが無いけど

たまたま手に取ったルポルタージュに

シカゴブルースに関することが載っていたので

  

どこどこ

と読み始めた。

  

危険なこと面白いことを求めて、

アメリカを横断する

そんなに事件が起こるわけ無いので

小説の様にはいかないのは当たり前である。

 

確かにシカゴのダウンタウンは

この本の通りだなと思う。

 

初心者マークで、アメリカ横断

その心意気は面白いけど

この作品としては

たまに作家らしいコメントがあるくらいのところがいいとこかなぁ 

ほかの作品は読んでませんので、

よくわかりませんけど...

 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月19日 (日)

紅葉狩り

 

ひさしぶりに

ふたりで でかけた。

  

あいにく 雨だったけど、

いい 目 の保養になりました。

  

行ったのは、鰐淵寺(がくえんじ)

昔 弁慶が 一夜にして 

鳥取の大山寺から 釣鐘を 運んだという

言い伝えが残っている。

  

P1020088

 

まだ、紅葉一面とはいかず

来週、再来週 くらいが 良いかもしれません

  

P1020085 

   

   

P1020102 

   

行く途中に

海があり 

貨物船が停泊していた。

 

久しぶりに  海を見たなぁ 

  

P1020104

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月18日 (土)

七輪陶芸 第17回-織部皿、角茶碗

P1020073

 

 

いろいろ土を変えて

実験中です。

 

炭の配置なんかも考えないと

釉が とけなかったり、

まあ、いろいろ 楽しませてもらってます!

  

何とか、これはというものを

ひとつだけでもいいので

ダヴィンチさま、その他 ものづくりの神様 

お力を ! ()

 

P1020074

  

  

| | コメント (6) | トラックバック (0)

長澤まさみのセーラー服と機関銃

P1020068

これは、あくまで、エンターテインメント

シリアスドラマでは無いですよねぇ

 

まあそういう乗りで、みてるんで

だんだん、

現実離れしてくる展開に

違和感を覚えるのでありました。

  

まあとにかく

あの口調に、癒される オジサンでありました。()

   

P1020062

   

    

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

ノンガスウォータ

P1020055  

.

いわゆる、普通の水 

日本では、

水といえば蛇口をひねれば出るもんだ。

が、常識ですよねぇ。 

良くご承知の通り、

これは世界では非常識。 

.

ヨーロッパへ初めて行ったとき 

さかんに、水はどれがいいかと聞かれるので、

水に種類があんのかいな? 

なんか、ガスが、どうじゃら 

と おっしゃってるが 何のこと 

あまりきちんとした洋風な食事をしたことがないで、

 皆さんは良くご存知であったかもしれないが、

田舎もんではわかりませんでした。

まあ、みんな飲んでるから、同じもんでいいよ

   

 そうすると、なんか、泡がたってるものを持ってきた。 

シャンパン?  

実は、食前酒はなにがいいかと聞かれて、

いや飲めないから

水頂戴といった後の流れだもので 

これはシャンパンに違いない! と..... 

 残念?ながら 

サイダーならぬ 炭酸入りの水でした。 

おおこれがヨーロッパの味か 

まではいかなくても 

結構お~~お という感じでした..... 

.

皆さんは、どっちが好みですか?

 ノンガスとガス では? 

.

(写真は、我が家の番茶でした)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

柳本JAPAN

P1020054

.

中国は、やはり強い

六位、やはり これが実力でしょう!

しかし、見せるバレーですよねぇ

なんで,WATT ( WAT) が、

応援キャラなわけ?

P1020049

.

それに菅山さん 

美形 !

リベロで ひろいまくる

痛々しい!

なんちゃって!

P1020044

.

それに高橋

きれいになった!

どっかの芋ネイちゃんという感じだったのが

イタリヤで、磨かれて

いい女風になった。

結果は二の次か.....

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月15日 (水)

Fool on the Hill

Fool_on_the_hill

才能溢れるビートルズでも

自分をFOOL と表現する。

才能溢れるが故に、かもしれませんが.....

才能ある人でさえ、自信を失う。

まして、凡人

自信を失って当たり前ですよねぇ

(曲の内容と若干意味合いが違いますが)

昨今の いじめ

われわれのころと学校が、

変わってしまっているのかもしれないが

社会全体が、成果主義に陥り

冷たい感じで、ほっとするものが無い。

そういう世界だから、

いじめは悪い と、ストレートに 

指導する人がいない。

いろんな確執が、当然発生するけど

受け入れる余裕があれば.....

(ほんのちょっとの差だと思うけど)

一度、自分は FOOL であると

だれも、自覚する必要があるのでは...

自覚できる、余裕がほしいものです。

昔みたいに、先祖、親を敬い、大事にする。

そういった教育が まず必要

戦前みたいになるとまたこれはこれで問題なんで、

どうも日本人は、両極端に走るようで

中庸、バランス というか、

儒教的なものをベースにすべきだと思います。

皆さんは、どうお考えでしょうか?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ルーブル―une 

Photo_1

ダビンチ・コードの導入部の舞台になったので、

良くご存知だと思います。 

巴里っ子に不評?のガラスピラミッド 

たしかになぜ、

ここに ピラミッド 

という感じはよくわかるが 

実際みると、そんなに違和感はなく 

けっこう なるほど これかという感じ 

ピラミッドの先端はどうなってるかと 

地下側の方を見てみると、

.

 なにか 気 !

でも集まってるか と 期待したが、

なにもなく、愛想が無い  

.

小説ダビンチ・コードでは、 

だいぶ前に読んだので、記憶があいまいだが、

 謎解きの鍵が 

ルーブルのプラミッドに隠されている

とのくだりがあったようだが.....  

当然 時代的には 

今の総長が かくしたことになるのだが 

 いや、ガラスピラミッドができることを予知していた? 

その場所が なにか、

特別な場所ということも考えられるのだが

| | コメント (2) | トラックバック (0)

旗本フライパン 

P1020015 

何者かは、わからないまま、手にした本

例のごとく、図書館で

斉藤 洋 さん

児童文学作家だそうです。
大人のための本らしい

読んでみると、

少し怪談という感じ

軽いタッチです。

.

正直な話、自分にとっては、いまいちかなぁ

.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

雲太 和二 京三

P1020025

.

P1020026

.

今日も、お国自慢で~す。

皆さんも、お国自慢gokko をしませう!?

.

ご存知 「 口 遊 」(10世紀ごろ)

(太郎) 出雲の国 の 杵築大社

(二郎) 大和の国 の 東大寺大仏殿

(三郎) 平安京 の 大極殿

.

大仏殿が 高さが 約15丈(45m)

そこから、当時の出雲大社は

16丈(48m)の根拠になっているそうだ。

まあ、いろんな説があり

それを、歴博では 

それぞれの説を持つ学者はんに

復元模型を作成してもらって、

展示しますよ。

.

写真は 出雲大社の境内から出た

束ねた三本柱 の 根元部分 です。

.

P1020031

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

七輪陶芸 第17回用素焼き

P1020039

.

今日は、雨模様でもあり、

晴れ間も見えたので

思い切って 素焼き

炭を熾して 自然乾燥させた器類を

アルミホィールに 包んで

まだまだ温度が上がらないうちに

炭のうえに 置く

雨がかかっても、大丈夫なようにして

そのまま、なげておく

外の用事を済まして

帰ってから確認

写真のように なりました

炭化風なものが

できちゃった?

蛇足ですが、

そばにある 銀色の物体は

焼き芋ではありません。

念のため......

| | コメント (4) | トラックバック (0)

干しぶどう!

出雲歴史博物館に、行ったついでに

島根ワイナリーに寄りました。

お約束の 干しぶどう の調査

ありました!

まだ、食べてないけど

うまそう!

だけど、チリ産 でした(苦笑)

写真は、奥深く眠る?

ワイン樽 

P1020019

P1020020

P1020042

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年11月11日 (土)

七輪陶芸 第18回用造形-2代目招き猫

P1020014

.

.

一代目が、

さびしいと言っておりますので、

仲間を増やしてやろうと

トライ、

昼飯も忘れて 

今度は、人を招くということで、

左手を 上げてもらって。

右手は、大黒さんの うちでの小槌を

ハム姉さんから指摘のあった?

にくきゅう

つけたつもりですが? いかが?

.

| | コメント (8) | トラックバック (0)

涙そうそう

Nadasousou

.

.

.

感動した!

.

涙が......

タイトルどうりに なってしまいました。

なんか、はまってしまいました。

最後のシーンで

おばあ の言葉

悲しいときに

我慢しなくてもいいよ。

泣きなさい

.

とにかく泣けた。

.

長澤まさみ

妻ぶき

まあ今 長澤まさみに はまっているんだが

今回は特に 妻ぶき君が良かった

長澤まさみの不器用ぽい 演技も良かった

.

本当は、見るつもりはなかったけど

みてよかった!

.

6時過ぎメールがはいった

デスノート 見に連れてって!

娘から

さて困った。

最近遊びに多忙で 少々お疲れぎみ

まあ テストが終わったら

連れていくようなことを 言ってたから

しょうがないか!

松江まで送って車のなかで寝てまつか

と思ってたら

.

涙そうそう いいかも

それに、長澤まさみか

ずーと待つのもなんだから

レイトショウでお得だから

という、不純な動機でしたが...

.

| | コメント (4) | トラックバック (3)

2006年11月 9日 (木)

ロミオとジュリエット

Romeo

. 

もちろん思い出すのは

オリビヤ ハッセーである。

(決して、デカプリオではありません) 

中世のヨーロッパ 雰囲気があります、

そして衣装もぴったり。 

この映画は、まさに 学生時代に 

松江のかまぼこ型の映画館 

( 名前は忘れたけど、今は確か無い ) 

に何回も 見に行った。 

一度は、友達と授業を抜け出してまで、行った。 

(早い話が ズルして)  

学生集会へ...ではなく!

.

同時上映は、

あの ダスティン ホフマン の 

卒業 だった。 

今から思えば、 こっちのほうが 面白いや 

という感じだが、 その当時は 

やはり ジュリエットという 響き に、

心奪われていたんでしょうか? 

(けっして シェークスピア 云々ではない) 

まあ、卒業 に関しては 

後日述べるといたしましょう。 

そういえば、現在では、完全入れ替え制で、

一本しか見られないけど 

昔は 何本立てが普通だった。 

いい時代だったなぁ。  

いまでも あの劇中のメロディ忘れてないですね  

あのちょっとふとめの オリビヤ 

目の輝き がよかった。

ただ残念なのは、 日本の某歌手と一緒になったこと。 

でもいまは 落ち着いた 女性になっていて 

安心しました。(笑) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 8日 (水)

ダ・ヴィンチ・コード 

P1010900

.

一気に上巻、下巻と読み終えた。 

.

まさか映画になるとは

思っていなかった。のだが...  

.

基本的に 本は、雑誌であれば、立ち読みか 

長編であれば 図書館で 調達することにしている。 

読んだあと 座敷のゴミと化すので! 

せっかく税金で 買っているのに 

利用しない手は無い し、もったいない。

ほかの趣味にまわしたほうがいいと思うのですが? 

.

だかこの時は、ゆらいだ。 

なにしろ、2週間単位での貸し出しで、 

予約がいっぱい!

どうしたことだ 

こんなに 人気のある本だとは 思わなかった。 

どうも上巻は たまたまタイミングが良くか、

入ってすぐ 手にしたのかもしれない。

一気に読んで すぐ 下巻を 探しに行ったが ない!。 

.

聞いてみると 予約しなさいとのこと。 

こりゃいつまで待たされるのと 

おずおず聞いてみると 

まあ一ヶ月 

う~む とりあえず 予約しかない。

それから一ヶ月は

 落ち着かない 苦悩の日々(笑) 

買うべきか? OR NOT!  

.

.

まあというわけで、長くなってしまったので  

まあ原作も、読んでみてください!  

.

.

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2006年11月 7日 (火)

ナマステ Ⅶ ペットボトルの水!

P1010897

少年 

.

ごみ処理場のごみをあさる 

子供たちの話題が、 

今 注目されてるようだが、 

10年前インドで見かけた状況が 

いまもそのままであることに、 

ショックと悲しさが 押し寄せてきた。

.

 私が、見かけたのは 

ストリートチルドレンはもちろんだけど 

こんなことがあった。 

もちろん偶々ではない。 

特急列車で移動して、 

終点で降りた時のこと 

前の人に続いて降りていくと 

出口から大人を掻き分け 

必死に 中に入ろうとしている少年たち 

インドの大人たちは みちをあけてやってる 

なにをするんだろう? 

その目当ては 

飲み残したミネラルウォーター 

ボトルが目当てか中身が目当てかわからないけど 

少年たちは 

客車を飛び回るように 

移動して 漁って行く 

事実 よくご存知の通り 

水は貴重品である。

 (水道から出る水は われわれは飲めない。) 

.

そういった状況が 

10年後の今も 

変わっていないのか 

と、ため息が出た。

.

写真は、インドの一体彫り

よく見ると、なかにも こどもがいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こたつ

P1010898

こたつ 

.

ついに出動 

ずーといい天気で、出番が無かった 

これで、うたた寝 気持ちいいんですよねぇ 

きのうの のだめカンタービレ ...で、

玉木 宏 が、(もちろん役で) 

なんと、初体験! コタツが! 

そんなこといまどき  と思ったけど  

うん、マテよ、ありうるな! 

. 

コタツの中での 陣取り? 

楽しいのにねぇ 

 .  

そとは 風のおとが すごい 

木枯らし一号 か?

. 

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年11月 6日 (月)

のだめカンタービレ!

P1010884

これまた最高!

原作は漫画らしいが、

本と漫画そのものだけど、

クラシックのイメージが

親しみやすいものに

なるんじゃないかなぁ!

まあとにかく、笑わせてくれる。

上野樹里;かわいいのに、役に徹してます。

玉木 宏;漫画の王子様さながら

竹中直人;ノーコメント

P1010886

| | コメント (0) | トラックバック (1)

$100紙幣

   

アメリカは 

御存知の通り 

クレジット社会なので 

高額の現金はふだん持ち歩かないようだ。 

当然 治安が悪く 

そこからも 

クレジットカードが普及した

という事かもしれないが 

特に日本人は狙われやすい

(金持ってるから?) 

ある日 デパートで 

買い物をして 

100ドルだしたら  

店員さん 

おもむろに 電灯にかざしてみてる。 

疑われたんですよ。 

人相悪いから(苦笑) 

北朝鮮が 国ぐるみで 

偽ドルを生産してるから 

まあそれは 偽ドルではなかったようで 

買い物ができたんだけど 

偽ドルだったら 

どっかへ連行されるのか? 

こわいこわい  

両替する 

日本の 銀行を

信ずるしかないなぁ 

Photo

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

七輪陶芸 第16回-青磁皿、織部湯のみ

P1010871

きのうに引き続き

ぼち ぼち 焼きました。

P1010873

おりべ なかなか、きれいな色が出ません

高さがあるものは、難しいですね

P1010882

初めて、青磁 にしてみたけど

青磁はいい感じの色ですね

窯にはいる ぎりぎりの大きさなので

案の定、割れました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

七輪陶芸 第15回 湯のみ

P1010868 

緑そば釉 の 湯のみ

ほんとは

もうひとつ焼いたけど

これはうまくやけそうだ!

と思って、いたところ

お客さんで、20分くらい 目を離したら

なんと窯の蓋が 割れて

作品の上に おちて

作品は割れてるし、蓋が溶けて

作品と合体してしまっていた!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わが家 の あき

P1010850

知らぬまに、バラが咲いていました。

ほんと、朝早く出て、 

帰るのは、日が暮れてからなんで......

P1010849

バラの名前 おしえてください!

P1010854

P1010863

P1010844

この金魚、近寄ると 口をあけて

ぱく ぱく 

________________

きのう、載せた 

When I’m sixty-four .

ですが、

ちょっと誤解をされたかもしれませんが m(_ _)m

ビートルズの曲 紹介でした。

誕生日ではありませんし

64歳でもありません 

これからも よろしこ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

When I’m sixty-four .

2006_10280251

.

When I’m  sixty-four .

歳をとっても

今と変わらず、いようね!

ほんとうに、夫婦とは、

希望的、楽観的 であろうが、なかろうが

そうありたい と思う 今日この頃です。

銀婚式も祝い、子供たちも巣立った時

最後は夫婦二人 のようです。

ふたりで、あちこちを 旅行できれば、最高 ですが!

ヨーロッパの 古い石畳の通り

アメリカの どこまでも地平線まで続く道

アルプスの 絶景

インドの 雑踏

エーゲ海

香港で食べ歩き

サンセットクルーズ

そして 温泉

_______________________

ビートルズ 第3

ポールの作った作品で

64歳になったとき

君は暖炉で、編み物をしてる、

それを、微笑みながら

みている

というような、かんじですかねぇ

.

| | コメント (4) | トラックバック (0)

太古のものづくり

Cazu6t7j

写真は、弥生時代の勾玉です。

勾玉は翡翠などの宝石を加工して

仕上げたものです。

工房跡と見られるものは

出雲地方に密集しているようです。

特に玉造温泉周辺に数多くあり、

後期には集約されたようです。

すごいと思ったのは、

直径数ミリの円柱に

(これを造ること自体もすごいと

言わざるを得ないのですが、)

その中に穴を貫通させる!

どうやって、あけたのでしょうか?

石に1mmとかの穴を、しかも深い穴

想像をはるかに超えた、技術力を持っていた。

ほんとう、太古のものずくりは、

われわれの常識をくつがえす。

だから、ロマン なんだけど。

出土品の中に、細い針が出土していて

それであけたんではないかと想像されている。

さらにいえば、

どうやって使ったのかとか、

その針はどうやって造ったのか

ということになりますね!

Cam7c12j

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年11月 2日 (木)

ドイツ 本場のビール 

P1010836

ドイツといえばビール 

ビールといえばドイツ 

というように 

ビールの本場である。

. 

あまり 飲めないので 

大きな話は できないのですが 

地ビールは 

やはり 土地に根付いたものだから 

そのまちにある ちいさなパブで、 

地元の料理を いただきながら 

飲むのが 最高 だと思います。

. 

だから、いくら日本で 

ドイツの地ビールを もってきても 

地ビールといえるのかな? 

その土地にある エッセンスを 

入れ込めば これはまた OK! 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

実写版 ちびまるこちゃん 

Miho3

配役が最高! 

よくもまあ、

ぴったりな 人を 見つけてくるものだ。 

漫画版 より、面白いかも 

.

親子で、わらいこけた。 

原作の力というものかな? 

.

静岡の家族は あったかいねぇ! 

でも、おでんは出てなかった?! 

.

.

イラストは 

うち の ちび?まるこちゃんの作品

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月 1日 (水)

七輪陶芸 第16回用の造形

P1010842

昨日 夜遅く

性懲りもなく

家族に あきれられながら.....

皿 と 湯のみ を 造りました。

皿は、楽焼に良いというような土でしたが、

朝 見てみたら、割れが入っていて

あわてて、修理したけど

どうなるやら

大きさは 250mm くらいで

七輪陶芸の 大きさの限界だと思います。

チャレンジあるのみ()

湯飲みは、織部専用の土 だそうです。

これもどうなるやら?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

巴里 エッフェル塔

P1010833   

駅から川沿いに歩いて、

いくと、あった! 

.

エレベータの行列に並ぶ。 

並ぶところが搭の脚のところ 

東京タワーだと 

タワーの中心に入り口がある。 

フランス人の美学か? 

真ん中に無粋な物を置きたくなかったんだろう

.

周りが公園になっていて 

ずーと向こうまで 見渡せる。 

だから 搭の美しさを 

最大限 こだわったのかなあ?と想像 

. 

だけど エレベータの 構造に、

些か 不安を持った。 

なんと、脚にそって上っていくではないか 

エレベータの箱が斜めになって登っていく! 

そして、まるで、

ジェットコースターのレール、

車輪に 箱をつけたような 

荒っぽいもの..... 

.

これはドイツでは 

絶対 ありえないなあ(日本でも)

. 

まあフォローするとすれば 

かなり古いから しようがないかな。 

上にあがっても 鉄骨はむき出しだしだ。

. 

建った当時 かなり評判が 悪かったらしいが 

いまは、完全に 巴里に とけ込んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »