« バトン m(^^)m | トップページ | ボランティア議員 »

2006年12月24日 (日)

七輪陶芸  20回目造形

P1020268

   

P1020267

 

  

クリスマスイブを前に

前回 の リベンジ のために

湯のみ、茶碗を 造形

土は、伊賀土、楽焼用土、織部土、信楽土

懲りずに ちょっと 厚手に してみました。

どうしても、ふっくらした 感じが ほしいので

通常の窯であれば

当たり前の 厚さでしょうけど ()

前回の七輪の上に七輪を乗せる方式は、

温度が上がらず

直接、炭に当てるようにしないと

むつかしいようです。

  

炭がホームセンターから消えちゃって

ネットで、オガ炭の備長炭もどきを

たのんでみました。

火力が大丈夫だろうか?

  

今日も天気がよく

冬らしくない 一日でした。

娘は、友達を呼んで

ただいま 自分たちで、クリスマス会 してます。()

  

夜は、注文してあった。

  

石窯カンパーニュ?に ビーフシチュー 

ベラベッカ?

パンキッシュ?

デンマークチーズケーキ (これはわかるけど)

で、 ささやかに

クリスマスイブ に 

( うちは 仏陀系ですが)

赤ワイン、シャンメリー で 家族 で 乾杯 予定

  

みなさん 

Merry  Merry Christmas ! ! 

  

|

« バトン m(^^)m | トップページ | ボランティア議員 »

コメント

メッ…メリーさんのクリスマス…
酔っ払いです♪

仕事中にこっそり見たブログの書き込みに
( ̄□ ̄;)見なかった事にしよう…と思い
家族でウニ・いくら・マグロの寿司パーティしてました。

又あした…。

投稿: ハム姉 | 2006年12月24日 (日) 23時48分

Happy Christmas♪
今宵の維真尽さんはジョンのクリスマス・ソングを
口ずさんでるのかな~??

ご家族でのクリスマス・パーティーはいかがでしたか?
ウチ・・聞かないで(TT)
せっかくのクリスマスなのに~~~

ハム姉さん同様、酔っ払いのおやとりとりですぅ~

投稿: おやとりとり | 2006年12月25日 (月) 00時43分

焼きあがるのがとても楽しみですね~。
七輪で陶芸ができるのですね。
おうちでできるので、好きなときにできますね。
いいなぁ~。私もやってみたいな~。

メリークリスマス!
といっても、すでにクリスマスの雰囲気がなくなってしまったのですが、今日がクリスマスなんですよね。
気分はもうお正月に向かってマス。

投稿: けーこ | 2006年12月25日 (月) 12時48分

メリークリスマス!
七輪陶芸って、素焼きするのが一番面倒じゃないですか?
急にやると、すぐに爆発するし、どのくらいでやれば一番効率がよいのか、わかりにくいですよね。いろんな土を試してるようですが、どの土が七輪にむいてるのでしょうか?
ぼくは、土鍋土一筋ですけど。 

投稿: ひら | 2006年12月25日 (月) 17時53分

ハム姉さん

ということで、善処いたしたく存じます。(笑)

ウニ・いくら・マグロの寿司パーティ
最高じゃないですか!
清水港から水揚げされた新鮮な!
うちにとっては豪華版!だけどなぁ(笑)

投稿: 維真尽 | 2006年12月25日 (月) 21時10分

おやとりとり さん

そ~なんですよ!
よくわかりますねぇ!

少し酒が、はいったほうが
口が滑らかになるばってん...
というわけで、
飲んでから! 
みんな一緒ということですねぇ

投稿: 維真尽 | 2006年12月25日 (月) 21時19分

けーこ さん

ぜひ、ご一緒に

面白いですよ
やはり陶芸は、火を使って
焼くのが 醍醐味というものじゃないでしょうか!
焼き焼きが ほんとう面白いですよ!
吉田 明 さん の七輪陶芸の本が
参考になりますよ
ネットでも、チェックしてみてください

投稿: 維真尽 | 2006年12月25日 (月) 21時23分

ひら さん

土は 確かに白鍋土 OR 赤鍋土 が、
いいとおもいます。

素焼きも 焼いたときの 色 が好きデスよ
はぜる のも、また ご愛嬌!
それもまた、おもしろいと
思います。
はぜると確かに頭にくるけど(笑)

投稿: 維真尽 | 2006年12月25日 (月) 21時29分

まだ間に合いますね メリークリスマス!

出来上がりを是非見せてくださいネ ♪

投稿: 雨漏り書斎主人 | 2006年12月25日 (月) 22時32分

合体七輪で温度が上がらなかったのですか?                はて?温度を上げるには効果的と聞いていましたが。            窯屋はまだ焼成の経験が有りません。       初窯焚きが楽しみで成りません。                                 「初心者は失敗して当たり前と思え」って言われますが、成功のイメージしか有りません。ヾ(@゜▽゜@)ノ

投稿: 窯屋原人 | 2006年12月29日 (金) 08時06分

窯屋さん

温度はある程度あがるのですが、
釉が溶ける温度までは
あがりませんでした
やり方が悪いのかも知れませんが(笑)
短時間で釉を溶かすには
炭をできるだけ近づけるのが
いいのではと思っています。

イメージがはっきりしているのですから
成功まちがいなしですよ!

投稿: 維真尽 | 2006年12月29日 (金) 12時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七輪陶芸  20回目造形:

« バトン m(^^)m | トップページ | ボランティア議員 »