« グルーヴマシン | トップページ | キャンデーズ »

2006年12月 5日 (火)

七輪陶芸特許 その2

  Photo_4

   

久しぶりに、七輪陶芸関係です。

   

七輪陶芸では、釉薬を施さないで

そのまま本焼きする

焼き締めという方法がありますが、

釉は

七輪の中にある灰が舞い上がり

器についてとけて、釉となります。

なかなか 味のあるものになるわけですが、

どうしても いつも同じような感じになってしまいます。

そこで、もう少し変わった色にならないかということで、

下記のような特許が 出願されています。 

  

コーヒーの出し殻を炭にして、焼くと、

いい色が出る?とのことです。 

お試しあれ。 

   

個人で楽しむ分には、

特許にひっかかりません。

(念のため)(笑)

【発明の名称】焼物の焼成方法と焼物

【要約】

リサイクル品であるコーヒ豆の炭を陶磁器の焼成に使用し、

無釉焼締め方法において、

コーヒ豆の炭によって生じた灰と作品の原料成分の融合により、

薪や木炭とは異なった斬新な色合いと模様が得られる

陶磁器の焼成方法を提供する。
【解決手段】

陶芸窯2の燃料にコーヒ豆の炭1を用い、

このコーヒ豆の炭1を燃焼させることにより

陶芸窯2内に生じる燃焼流が作品に接触するように、

この作品を陶芸窯2内に配置して焼成すれば、

コーヒ豆の炭1によって生じた灰と作品の原料成分の融合により、

薪や木炭とは異なった斬新な色合いと模様の陶磁器が得られる。

ちなみに、前回 紹介した特許も、製品になってま~す(笑)

http://imagine-imagine.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_76d1.html#comments

↑ を ご覧くださいね。

  

  

|

« グルーヴマシン | トップページ | キャンデーズ »

コメント

凄く面白そうですね。

家は街中だから作れないが…こっそり職場で作っちまうかな。

投稿: ハム姉 | 2006年12月 5日 (火) 23時45分

ハム姉 さん

やってください!
みんなを巻き込んで

絶対、はまりますよ!
いつでも、焼けるの も いいですよ!

投稿: 維真尽 | 2006年12月 6日 (水) 22時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七輪陶芸特許 その2:

» ガレージ陶芸への道 [伊豆高原〜ガレージ陶芸体験工房 伊豆高原スタヂオ]
少し前の話になりますが2メートル先に52型相当の大画面を体感できるようになるEye-Trek「FMD-20P」なるものをヤフーオークションで安価に購入しました。これを装着しレースゲームに興じるわけです。最初装着した感じだと「どこが52型なの?」み... [続きを読む]

受信: 2006年12月11日 (月) 14時08分

« グルーヴマシン | トップページ | キャンデーズ »