« 珈琲  | トップページ | 黄金の太刀 と 馬上の大首長 - 古代出雲歴史博物館 »

2006年12月 9日 (土)

ビスケットを水で浸したら? ― 荒神谷遺跡 発掘後

 P1020207

  

荒神谷から、

昭和59年に 358本の 銅剣 が 発見された。

その当時、銅剣の保存にたずさわった方の

話を聞く機会があった

 

発掘されたとき、

銅剣は、ビスケットを水で浸した 状態 と表現されるほど

ぼろぼろの状態だったらしい

少しの振動、触れただけで 崩れるという 有様だった。

  

まず、遺跡から保存のために一本ずつ切り取る作業

足場を組んで、腹ばいになって 

真夏のさなか 大変な作業

樹脂とガーゼで補強して切り出した。

 

P1020210   

    

P1020204

  

そして、一本づつ 保存修理

レントゲンで見ると

芯の部分以外は さびに侵食されている状態

修復に 九年も かかった 

計算() してみると、

9年×200日÷358本=約5日

ということになり、納得!

  

P1020213

  

P1020218     

  

暦博 の建物はとっくに出来てるんですが

どうして、すぐ開館しないの?

という疑問があったのですが、解けました。

建物から出る ガス、 水分 のため

二夏 越させるのが 常識らしいのです。

納得!

  

|

« 珈琲  | トップページ | 黄金の太刀 と 馬上の大首長 - 古代出雲歴史博物館 »

コメント

世紀の大発見! 神秘的ですね!!
それにしても大変なご苦労、そして
慎重に保存されるのですね。
古代のロマンの解明、興味津々で~す。

投稿: ハッチ | 2006年12月 9日 (土) 22時06分

古代ロマン素敵ですね。

宗像教授の話にも出てきたな~
ごめんなさいネあらすじまだ書けていません。

忘れてないけどまとまらないのよ(^~^;))

投稿: ハム姉 | 2006年12月10日 (日) 00時19分

 私も、考古学には少し興味がありますよ。
 と言っても、漫画の影響でですがね。

 勝鹿北星・作
 浦沢直樹・画の『MASTERキートン』なんですけどね。

投稿: spookee | 2006年12月10日 (日) 13時06分

MASTERキートン、全巻持ってます。 ははっ。
浦沢直樹は大好きです。

ぼくは小学生のころは、将来考古学者になりたいと思ってました。遺跡の発掘をしてみたかった。 変な子供?


投稿: ひら | 2006年12月10日 (日) 17時07分

ハッチ さん

まず、試掘するわけですが
その試掘の場所が、すこしでも ずれていたら
発見されてなかったかもしれません!
ほんと、すごいことだと思います。

投稿: 維真尽 | 2006年12月10日 (日) 21時29分

ハム姉 さん

登呂遺跡って その辺だと記憶していますが
まちがったらごめんなさい

宗像教授 
出雲の話だけでも、教えてくださいよ!(笑)

投稿: 維真尽 | 2006年12月10日 (日) 21時31分

spookee さん

MASTERキートン は知りませんでした
どうも、関東地区だけで放映されてたとか?

投稿: 維真尽 | 2006年12月10日 (日) 21時33分

ひら さん

MASTERキートン で、盛り上がってますねぇ!
それにしても、小学校で、遺跡発掘とは
なにか、映画とかの影響でしょうか?

投稿: 維真尽 | 2006年12月10日 (日) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビスケットを水で浸したら? ― 荒神谷遺跡 発掘後:

« 珈琲  | トップページ | 黄金の太刀 と 馬上の大首長 - 古代出雲歴史博物館 »