« ミウラ折リ | トップページ | 熱い 弐 ー古代出雲歴史博物館 展示エピソード »

2007年1月 6日 (土)

「伝統文化がいまの暮らしに」の第2弾

Donabe_1   

 

土鍋

が 6万円 もする高級炊飯器に採用され、

それがまた大人気! 

土鍋は、この時期欠かせないものだと思うのですが、

家では 土鍋でご飯を炊くことはしたこと無いけど、

昔から、土鍋はさめにくいし,遠赤外線効果で,

ご飯を美味しく炊ける道具として

また、おひつとして食卓に持って行きやすいことから

よく使われてきたそうである。

そのいいところを、

炊飯器に持ってきたということです。

まあ、実現するには

それなりの課題はあろうとも、

その発想がうれしい。

いままで何百年培ってきた伝統が

今,日本の主食である「米」にいかされる。
こういう風に、

時代時代の要求変化にあわせて

伝わっていく。

まさに先人たちからの
「贈り物」であり 

「宝」である。

   

これでまた、食べすぎ (笑)
米で、太るというのは 本当でしょうか?
昔の日本人は、

健康的な痩せ型が多かったんだけど?
欧米化(笑)の成果?

 

|

« ミウラ折リ | トップページ | 熱い 弐 ー古代出雲歴史博物館 展示エピソード »

コメント

 同じ効果を狙って、カーボンの内釜の物があります。
 価格は十万円弱ですよ。

 パンよりご飯の方が太り難いはずなんですけどねぇ。
 私は、割合を変えても、結果は変わりませんでした(苦笑)
 
 

投稿: spookee | 2007年1月 6日 (土) 22時55分

炊飯器本当に以前と違って高いですよね。
まだまだ使えるから買い換えないけど。
米を食べ過ぎて太るのではなく、きっとおかずの食べ過ぎなんでしょうね^^;

投稿: 北海道のアンジェラ | 2007年1月 7日 (日) 11時22分

spookee さん

へ~ カーボン製のものがあるんですか
どういうメリットがあるんですか?

どうも、米離れが結構すすんでるんで
困ったものです。

投稿: 維真尽 | 2007年1月 7日 (日) 20時47分

北海道のアンジェラ さん

最近の子は、ほんと米 食べませんね
おかず ばっかり食べてます。

何とか、米離れがとまらないかなぁ(笑)

投稿: 維真尽 | 2007年1月 7日 (日) 20時50分

先人の知恵、大事に活用すべきですよネ

昔は、肉類、甘味を殆ど採らなかったんでしょうね。
私事ながら、スゥイーツを控えるだけで、体重が減ってますから ♪

投稿: 雨漏り書斎主人 | 2007年1月 7日 (日) 21時51分

 カーボン製のお釜でお米を炊くと、備長炭を入れて炊くのと同じくらい美味しくなるそうですよ。

投稿: spookee | 2007年1月 7日 (日) 22時53分

雨漏り書斎主人 さん

そうですよねぇ
やはり、肉類 と 甘さ ですね。
やはり間食 お菓子 を絶たねば
と、思うこのごろです。(笑)

投稿: 維真尽 | 2007年1月 8日 (月) 23時04分

spookee さん

備長炭を入れると
米が立つのかな?
カーボンのどこが作用するんですかねぇ?(笑)

投稿: 維真尽 | 2007年1月 8日 (月) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「伝統文化がいまの暮らしに」の第2弾:

« ミウラ折リ | トップページ | 熱い 弐 ー古代出雲歴史博物館 展示エピソード »