« ZARD | トップページ | とんどさん »

2007年1月14日 (日)

七輪陶芸 20回目 焼成 

P1020409_1

  

いい天気だったので

ひさしぶりに、焼いてみた。

まず、素焼き

昨年用意した 炭 の試しを兼ねて

どのくらいの火力かと 気になっていたが

火持ちは、結構 よかった。

素焼きの首尾は

結構 長く 自然 乾燥させたから

はぜなかった。 ()

素焼きの後、

釉薬を 塗って 本焼。

前回の七輪乗せ方式で トライ。

結果

写真のように、相成りました。

温度は、充分に上がった。

やはり、炭のつめ方 も 工夫が必要かと。

  

そして、見事に割れてしまいました ()

写真は、ズル をして、

割れてないほうを撮りました。 m(‐ ‐)m 

  

やはり 土が 急加熱 に強いものでないと

割れるなぁ ~~~

まだまだ、これから ですねぇ

なんとか、 市民文化祭に出すやつを

と、思っておりますが...()

  

|

« ZARD | トップページ | とんどさん »

コメント

やはり焼き物は難しいのですね。
焼いてみないと解らないんですものねぇ。

投稿: 北海道のアンジェラ | 2007年1月14日 (日) 19時18分

久々の陶芸の話題ですね。
やっていますね!
本来は私のブログも七輪陶芸。
冬場は土をこねると指に
ひび割れが出来たりして
しんどいのですが、ストーブ
の前で何とか頑張っています。

投稿: dandan | 2007年1月14日 (日) 20時27分

>そして、見事に割れてしまいました (笑)
維真尽さん 文章がお上手で読むほうも(笑)で~す。
割れたのに笑ってしまって、ごめんなさい。
話題がひろくて、頭の体操もさせていただいてま~す。


投稿: ハッチ | 2007年1月14日 (日) 20時38分

とっても渋くて良い作品だなぁ~、
と思っていたら
割れちゃったんですね・・・・。
残念。
次は成功するといいですね!

投稿: けーこ | 2007年1月14日 (日) 23時10分

久々の話題ですな。

市民文化祭に出す予定とは
なかなかの腕の持ち主ではございませんか♪(*^^*)

投稿: ハム姉 | 2007年1月14日 (日) 23時25分

北海道のアンジェラ さん

通常のプロが使ってる 窯 で焼けば
まずそんなに失敗はないですよ。

なにせ、金かけないで(笑) 
七輪で焼こうということですから
無理があるんですよ。
何十時間かけて、徐々に温度を上げるのと違って
七輪では、せいぜい 20~30分 ですから
器に 炭が当たっている所と当たっていない部分では
すごい温度差がでて割れます。

投稿: 維真尽 | 2007年1月15日 (月) 21時56分

dandan さん

そうですね、冬は 温度管理が難しいような気がします

また、作品 見せてください!

投稿: 維真尽 | 2007年1月15日 (月) 21時58分

ハッチ さん

本来は、ブログで出せるような話じゃないのですが、
ご容赦いただいて
お付き合いください(笑)

投稿: 維真尽 | 2007年1月15日 (月) 21時59分

けーこ さん

やはり、七輪は、難しいです~!
そこが、また、楽しい(笑)

とても、ブログに UP 
できるようなレベルじゃないんですが
七輪だと、織部釉がやはり赤くなりますねぇ
上のほうに織部をあしらったんですが(笑)
先は長い~~

投稿: 維真尽 | 2007年1月15日 (月) 22時06分

ハム姉 さん

↑↑にも言い訳をコメントしておりますので
ご覧ください(笑)

ただ、市民文化祭に 出すのは
腕じゃないんで (笑)
とりあえず とにかく出したいという
願望がもたげて~~~

投稿: 維真尽 | 2007年1月15日 (月) 22時10分

アイゴーッ!

割れなかったらオネダリしようと思ったのにぃ !

冗談ですが。


でも、それほどの出来に思えます。

投稿: 雨漏り書斎主人 | 2007年1月15日 (月) 23時49分

雨漏り書斎主人 さん

冗談でも、ありがたいお言葉
励みに なります!

投稿: 維真尽 | 2007年1月16日 (火) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 七輪陶芸 20回目 焼成 :

« ZARD | トップページ | とんどさん »