« something | トップページ | 大阪プチバナナ  »

2007年1月19日 (金)

半島を出よ

Mura2

  

村上 龍 が、 

平和ボケの日本人に贈る作品。

あらすじ (amazonより)
北朝鮮のコマンド9人が開幕戦の福岡ドームを武力占拠し、

2時間後、複葉輸送機で 484人の特殊部隊が来襲、

市中心部を制圧した。

彼らは北朝鮮の「反乱軍」を名乗った...

あとは読んでください(笑) 

  

出た当時、図書館で 上下巻(笑)共にゲット 
これも一気に読んだ。

現在の北朝鮮及び日本を取り巻く情勢は、

まさにこの小説が ノンフィクション に

なりかねない処まできている。

北朝鮮の兵士 と 日本人の

意識の違い が恐ろしく、滑稽ささえ感じる。

平和ボケ、 飽食の日本。

最後は、ハングリー精神を残した

ある一部の青年たちに救われるストーリー

となってますが、

現実は そういう救世主が現れるのか? 

  

「美しい日本」 と習字をされたようですけど、

それで日本が守れるんでしょうか?

ただ、昔にそのまま戻るのも

こわい と思いますが...

  

|

« something | トップページ | 大阪プチバナナ  »

コメント

深く考えると落ち込んでくるから
考えないようにしている毎日 
でもこれではいけないと毎日考えてしまいます。

平和の白いリボン行動・藤沢の皆さんに協力したいと
思ったことがブログを始めたきっかけで、最初は
張り切っていたのですが、脱線してしまって...

1972年創刊のフェミニストジャーナルの
拠点での編集に<あごら湘南>として参加しています。
http://saiwai.at.webry.info/200510/article_1.html
メンバーの高齢化で廃刊寸前 大変ですけれど。

投稿: ハッチ | 2007年1月19日 (金) 21時11分

 その本を読んだ事はありませんが、北朝鮮の特殊部隊が日本に潜入するという物語は結構ありますね。
 
 日本の警察の装備では、対応できません。
 自衛隊も、現行法のままでは、十分な対応が出来ません。

 一応、警察・自衛隊・海上保安庁に「特殊部隊」を設置して、ゲリラ活動に対応する準備は進めているらしいのですが…

投稿: spookee | 2007年1月19日 (金) 22時24分

ハッチ さん

あごら がんばってください!
さすがです
いろんな、活動に 参加されてるんですねぇ

自分のペ~スを守りつつ
なが~く やりましょう!

投稿: 維真尽 | 2007年1月19日 (金) 23時16分

お晩です。
ほほう、こちらもブックレビューですね。

警世の書とも、冒険小説とも読める面白い本ですね。

投稿: 雨漏り書斎主人 | 2007年1月19日 (金) 23時17分

spookee さん

いつまでも、平和ボケでは いけないですねぇ
スイスみたいな
自衛国家 になれるんだろうか?
そのためには
自分を含め 覚悟が必要かと

投稿: 維真尽 | 2007年1月19日 (金) 23時19分

雨漏り書斎主人 さん

あはは~
ばれましたか~(笑)
雨漏り先生のまねをさせてもらってま~す

なかなか、紹介するのは 難しいですねぇ
なかなか、雨漏り先生 みたいには行きません(笑)

むしろ 自分は、SFもどき として 読んだんですが
あまりにも 現実と重なってきて...
どうしましょう(苦笑)
さすが、村上 龍 さん ということですか

投稿: 維真尽 | 2007年1月19日 (金) 23時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半島を出よ:

» 半島を出よ [mokyue的娯楽のススメ]
村上 龍 著 ずっと読んでみたいと思っていたこの本、やっと読めました!! 1週 [続きを読む]

受信: 2007年1月25日 (木) 12時04分

« something | トップページ | 大阪プチバナナ  »