« 「伝統文化がいまの暮らしに」の第2弾 | トップページ | 夜の散歩 2回目 »

2007年1月 7日 (日)

熱い 弐 ー古代出雲歴史博物館 展示エピソード

P1020325

 

熱い展示の続き。

その学芸員さんは 神話シアター も担当している。

そこも熱い!

やまたのおろち伝説を 映像化 しているのだが、

アニメじゃなくて実写版。

登場人物の役者さんも選らばにゃならんし。

当然、史実に基づいてが基本だが、

そうは言っても、 


とんと昔のことじゃけん、

想像、主観にたよわざるを得ないわけですよ。

また、神話 といっても 

古事記、日本書紀に基づくので、

天照系の神々が日本を統一した話なので、

そこらへん 難しいところがあるらしい。

国譲りの話にしても 

出雲の人は認めたくない気持ちがあるわけで...

まあ、あくまで、

それに書かれていることに忠実に再現したとのこと。 

また、その神話には、

そういった権力闘争なんかの話とは

別にメッセージが入っていると彼は主張してました。

いじめとかの問題に対する

人間 の基本的な生き方なんかも

神話の中に感ずるとのことです。

   

ぜひ、お越しになって、 


熱い展示をごらんあれ。

今年 三月 オープンです。

 

|

« 「伝統文化がいまの暮らしに」の第2弾 | トップページ | 夜の散歩 2回目 »

コメント

熱い展示 楽しみにしてま~す!
しっかり勉強しておかなくては...
見に行く方も気持を熱くしてですね!

投稿: ハッチ | 2007年1月 7日 (日) 21時43分

ハッチ さん

勉強熱心なハッチさん
熱いですね!
展示も負けないようにしないとねぇ!学芸員さん(笑)

投稿: 維真尽 | 2007年1月 8日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 熱い 弐 ー古代出雲歴史博物館 展示エピソード:

« 「伝統文化がいまの暮らしに」の第2弾 | トップページ | 夜の散歩 2回目 »