« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月29日 (金)

COMME ÇA ISM

P1060184

 

こういうのは 

田舎のおじさんは 疎いのであります (^^

 

なにかいなぁ?

と~思って あけてみると~

 

Pa~Pa~Pan two~でした  (^_-)~☆

 

P1060185

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年2月28日 (木)

日本全国宝の山 ざっくざっく(^^♪ vol.8

Saga_takara

 

日本全国~

地域にある 

いろんな 名物 名産 シリ~ズ 第 8 弾 

 

もう~2月も~終わっちゃう~

月一 のペ~スになっちゃいましたね

 

きょうは~ tera さん  の地元~

 

  佐 賀  ! です  (^^

 

佐賀といえば~

最近 いろいろ~有名です

説明は不要ですね    ~ (^^)v 

 

佐賀には 行ったこと あるんですよ~

これも~出張の隙間を見つけていったんですが

吉野ヶ里 遺跡 

 

壮大な

古代のロマン 感じました (^^

 

ちょっと

鳥取の大山の麓の~妻木晩田遺跡と

似た様なところがありますね 

 

肥前国風土記も残ってますね (^^)v

 

ゆたかな~栄えの国です !!

 

 

佐賀県(さがけん)は、

日本海と有明海の二つの海に接する。

県西部には 陶磁器の産地として

古くから有名な唐津・伊万里・有田などがある。

古代には「肥前」、

中世には「佐嘉」とされたが、

明治維新の時に「佐賀」と改められた。

この「佐嘉」の名は、日本武尊が今の佐賀を訪れた時、

楠が大きく茂っている様子を見て

「この国は『栄の国』と呼ぶがよかろう」と述べた、

という肥前国風土記の記述に由来するといわれている

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

 

2006_06130298

2006_06130299saga

2006_06130303

2006_06130302

2006_06130306

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月27日 (水)

泥人形 

P1040338 

 

P1040339

 

 

これまた 

懐かしい人には なつかしい~ 

 

素朴な感じだけど~ 

味わいのあるものです 

 

壊れずに残っていたようです 

 

各地にあると思いますが 

現代では 

 

中国なんかで

お土産として売られてるんでしょう~か 

 

 

~平田本陣記念館にて~ 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

雪の松江城~(^^♪

 

P1060248

 

雪の松江城は~

また 違った趣が ありますね (^^♪ 

 

春が 待ちどうしい 

松江城であります (^_-)~☆

P1060241

P1060242

P1060252

P1060253

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

楽山神社 

P1060245

 

 

雪の松江城に やってきました

二の丸にある 松江神社~

昔は 楽山神社といっていたようです

 

楽山といえば 楽山窯 ですが~

松江城内に 御遷座 とのこと

 

神社といえば~

狛犬~? ってことで

あ~さん 

さっそく 撮ってまいりました (^_-)~☆

P1060244

 

 

ということで~

松江城は 明日 UP  (^^

 

 

明治10年に旧松江藩の人々によって
川津村(現

松江市

西川津町) 楽山に

松平直政公を 御祭神として

楽山神社が創建されました

寛永5年(1628年)

堀尾忠晴公が朝酌に創建した東照宮を

明治32年に合祀し
当地に御遷座松江神社と改称されました
 
御祭神
松平直政公(初代松江藩主)
堀尾吉晴(松江開府の祖)
松平治郷(不昧)公(第7代藩主)
徳川家康公

 

P1060243

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

出雲屋敷~その弐

 

P1050909  

玄関から奥を~

 

 

P1050910

ず~ず~と 周り縁まで~

 

そして

出雲流庭園がひろがっております (^_-)~☆

 

 

P1050915

P1050913

P1050916

P1050917

 

P1050918

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月23日 (土)

徳島のシンボル~「眉山」 

P1060224

 

眉のごと雲居に見ゆる阿波の山

かけて漕ぐ舟とまり知らずも

 

眉山~

どっかできいたことあるなぁ

と思っていたら

そう~~

さだまさし さん の 眉山~だ!

 

悲しく 切ない 愛の物語 

 

お菓子は~

やはり~

なつかしい味でした (^_-)~☆

 

和菓子「眉山」は

柔らかい上品な薯蕷皮と

なると金時の芋ペーストを

たっぷり使った芋あんまんじゅうです。

 

 

 

P1060223

 

 

 

 

徳島の美女~ブログFriend

かにちゃん より いただきました (^_-)~☆

ありがとうございま~す  

 

| | コメント (12) | トラックバック (1)

出雲という思想.~4

Sengesontoku 

 

 

第八十代出雲国造、

千家尊福(せんげ・たかとみ)

出雲国造というのは~

太古より~明治時代において~

天皇とならんで

熱烈~尊敬の対象となっておりました 

 

明治~

王政復古~

まさに~出雲には 逆境

まぁ~はじめから 勝負はついているのですが... 

 

 

~神道国教化政策がうまくいくはずはなかった

天皇やアマテラスと言われても、

何のことかわかる人々はほとんどいなかったからである。

これに気づいた明治政府は神道国教化をやめ、

天皇自身を各地に巡幸させるほうが得策と考えた。

これは、「津和野派」の没落を意味しただけでなく、

それまでおとなしくしていた出雲大社を中心とした

平田篤胤の神学を継承しようとする人たちにとってプラスに働いた。

そのとき台頭してくるのが、千家尊福という人物であった。

尊福は千家国造家の八十代であるが、

時代が大きく変化していく中、

地面に直接足をつけてはいけないとか、

常に神火を携行しその火で炊かれた飯以外は

食べてはならないなどの国造家の戒律を取り払った。

そしてそれまでせいぜい大社と松江間を

往復したことしかなかった尊福は、

巡教の範囲を格段に拡大させ、

各地で天皇にも等しいような

熱狂的歓迎を浴びながら巡教し、

オホクニヌシを幽冥主宰神とする

復古神道の考え方を人々に植え付けていった。

 

やがて明治 131 8 8 0)年ごろ 祭神論争が起こる。

当時の神道事務局が祭神を造化三神とアマテラスとしていたのを、

尊福がオホクニヌシを合祀すべきであると主張。

全国の神職たちを巻き込んで

伊勢派と出雲派に分かれての大論争となった。

伊勢派はオホクニヌシを合祀すべきでないとし、

出雲派は合祀すべきとしたのである。

伊勢派は無口な天皇ゆえ論争の上で不利であったため、

出雲派に対して「民権派と同様に国体を乱すもの」と雑言を浴びせるが、

出雲派の優位は揺るがなかった。

結局、伊勢派は天皇の勅裁を仰ぐべきとして

明治 141 8 8 1)年の神道大会議に持ち込んだ。

会議終了後の勅裁は、

神道事務局の祭神は

天つ神と国つ神、賢所、歴代天皇の皇霊

3つとするとされ、

この中にはオホクニヌシなど、

出雲に当たるものはなかった。

このため、当時は伊勢派の勝利を意味すると解釈された。

この結果、尊福をはじめとする出雲派の主張は退けられ、

宗教としての神道は正式に退けられたことになった。

これ以降、神道は宗教にあらずとされ、

国家神道の確立へとつながっていくことになった。

宗教としての神道は教派神道として民間へと格下げされ、

出雲大社教(いずもおおやしろきょう)として

一民間宗派に甘んじることになった。

 

 

そんな~

歴史的背景~を想うと~

いまだ~残っていることが

何らかの 意味 役割 のあること 

と つよく 想います 

 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月22日 (金)

中国のデザイン ④ ( sì ) 

P1050832

  

ますます~

風当たりが強くなる中国製品  (^^

お偉いさんが 何とかしようと来日されてますが 

こうも~拡がる状況を見ると 

根本的に 農薬 薬物を 

多量にしかも安易に 

使ってるという事かもしれませんね  ((+_+))

 

そして 特に 大気汚染 も ひどい

マスクが離せないとか 

黄砂とかも ひどいらしいですね 

となると~

こういうシャンプ~類が

大活躍じゃないでしょう~か  (^^

 

本題!の

チャイナ デザインは如何でしょう~か 

 

結構~ 敵対語~使われてますね (^_-)~☆

 

はみがき

トイレット ぺ~パ~

歯ブラシ

温度計

シャンプ~

洗剤 

 

P1050833

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月21日 (木)

ひっこしやさん

An03485_

 

 

ひっこしやさんから

見積もりをとった人のお話です 

 

今はネットで 一括見積もりがとれるらしい 

各社に一斉に見積依頼 

一度見ないと正式見積もりは当然出ませんよね 

時間を決めて(時間をずらして) 

見積もりにきてもらった 

 

一番は 超有名なひっこしやさん 

いまだ~ 片付いていないから

なかなか見積もりができない 

やっとのことで 高額の見積もりが出ました。 

そこへ次の業者さんが 

ピンポン~~ 

はちあわせである~ (^^

 

まあ~とりあえず 

2番目の方に なかに入っていただき

見積を出してもらった 

そのとたん 

最初の方は あせって 

見積金額の大幅ダウンを提示  (・・?

 

終いには 

廊下で 業者さん同士で 言いあいが始まってしまった (>_<)

結局 2番目のひっこしやさんに

大手ひっこしやさんの 最初の見積の 

半分くらいでしてもらえることになりました 

 

最初の見積は いったい 何だったんでしょう~か 

 

また 

この金額で 助かったんですが 

運転する方の 

過酷な 労働が問題になっている昨今 

 

これが現実なんですね

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年2月20日 (水)

古代出雲歴史博物館~久々(^^♪

Aizomehangi

 

 

Aizome

 

ひさしぶりに れきはくの話題で~す

ず~と いってないんで~

行きずらい~し

来年のボランティア登録どうするか 

返事を迫られてま~す (^^

 

古代出雲歴史博物館の

ボランティア応援サイトを

立ち上げようかと

思ったり してるんですが~~ “^_^”

 

幽霊ボランティア に 徹するか~~

講演には~ 行く時間あるのに...

ボランティア 失格ですね   (-_-)zzz

 

 

NEWS冬号が とどきましたので

せめて~ご紹介 (^^

 

企画展 よみがえる幻の染色

平成2037日㈮〜518日㈰

出雲藍板締めの世界とその系譜

なぞ多き染色、出雲藍板締め

文様を彫った版木の間に裂(きれ)を

挟んで染める「板締め染」は、

奈良の正倉院に残された古代の裂が有名です。

板締め染の特色は、同じ裂の中に同じ文様が

繰り返し染められるところにありますが、

日本では長く定着しませんでした。

江戸時代になって、

藍で染める「藍板締め」と

紅色に染める「紅板締め」が

庶民の染物として復活しますが、また消え去ります。

中でも

「出雲藍板締め」は、

藍染による板締め資料として、

全国で唯一確認されているもので、

古代出雲歴史博物館では、

5,000枚に及ぶ藍板締めと、

紅板締めの版木を所蔵しています。

展示では、

古代から近代までの「板締め染」の系譜をたどるとともに、

「出雲藍板締め」と「紅板締め」の多様な文様や、

特色を紹介します。

また、なぞの多い染色技術復元に挑戦した取り組みも紹介し、

日本の染色技術が持つ魅力を存分に満喫いただきます。

 

  

イメ~ジは 版木と 染めた裂(きれ)~

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年2月19日 (火)

二酸化炭素こそ宝の山

014 

  

 

日本のエコ技術その弐 です 

 

二酸化炭素(CO2)は

すごく有望な資源で宝の山というと~ 

あ~

二酸化炭素排出権のこと

と 思われるかもしれませんが、

日本の技術で 

二酸化炭素を原料とした

全く新しい樹脂を作るというもの 

 

発電所や工場などの施設から

CO2を回収・精製した上で化学プラントに輸送し,

ほかの原料と共重合させるというもの。

この過程で得られた樹脂は,

粉末やペレットの形態で流通,

最終的に 包装材や構造材(成形品)へと姿を変える  

 

厄介視されてたものが 

一躍ヒ~ロ~ですよ 

新素材大国~日本の誕生と

相成るのでございます 

 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年2月18日 (月)

出雲屋敷~その壱

P1050907 

 

またまた~出雲文化伝承館へ~

 

出雲平野の大地主の母屋を

移築したらしい

 

旧 江角邸

 

土間部分の 大国柱

豪快な 梁組

 

 

 

P1050932  

 

P1050933

 

 

P1050945 

 

P1050929

 

 

P1050905 

 

縁側~

 ここで~親子で~日向ぼっこ!

   いいですねぇ~ (^_-)~☆

 

 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

うん、何? 試写会(^^)v

P1060168

 

P1060166

 

P1060172

 

 

出雲市

(旧平田)のプレミア試写会から

帰ったばっかりです。

 

錦織監督の地元ということで

当然~監督のご挨拶がありましたが

あいにくの 大雪で~

(本当 久々~すごいです

   写真は~会場までの陸橋から バタデン線路をのぞむ)

東京からの飛行機~

朝一番に乗ったけど引き返したり

次のが 大幅に~遅れたりで 

それでも~なんとか

10分遅れの挨拶でした~

その間~ 

地元のFMパ~ソナリティ オガッチさん(女性)が

盛り上げ?てくれました

おがっちさんも 監督と幼馴染で~

平田の有名人でございま~す  (^^)v

(写真は 監督と~おがっちさん)

 

さて~映画ですが

観るまでは
しまね は いいとこ~

って感じの映画と ばかり 思っていました 
また、

映画というのは テレビで見てもいいや~

と いうものは 映画とはいえないなぁ 

と 常々思っておりましたが、
これはまさに映画でした!
 
前半は~

甲本雅裕さん扮するふるさとを愛する

熱血教師のことばに~深くうなずき~~(^^

後半は~涙々でした
そして~
浜田真理子さんの「風の音」

心に~染み入りました
 

 

東京~大阪でも~

プレミア試写会決定したとのことです (^^

  

お時間がありましたら

ぜひ~おはこび~くださいね (^_-)~☆

 

東京プレミア上映会
と き 2008324日(月)
ところ 浜離宮朝日ホール(

東京都中央区築地5-3-2

℡03-5541-8710
    地下鉄「大江戸線・築地市場」下車すぐ
上映会 午後3午後630分(予定)
入場券 原則事前購入ですが、当日も券売します。11,200

大阪プレミア上映会
ところ 大阪朝日生命ホール(

大阪市中央区高麗橋4-2-16

℡06-6202-3919
    地下鉄「御堂筋線・淀屋橋」下車すぐ
上映会 午後3午後630分(予定)
入場券 当日券販売が原則禁止されているため、事前購入をお願いします。11,200

チケットは、年齢に関係なく11,200円です。未就学児は無料ですが、抱きかかえてご鑑賞いただくことが原則です。チケットの事前購入は雲南市役所商工観光課へ直接お問い合わせ下さい。℡0854-40-1054
郵便振替用紙を送付しますので、事前に振り込みいただきますと、チケットをご自宅まで郵送します

| | コメント (16) | トラックバック (0)

雪の宍道湖~

P1060129

 

 

 

愛車を飛ばして~秋鹿へ (^^

 

雪景色でした~

 

  

P1060137

 

 

実は~

ここの近くの 

高橋幸治窯~を訪ねたんですが

残念ながら~ 

お留守でした (^^

 

雪があったので~お休みだったのでしょう 

 

宍道湖の夕景 を モチ~フにした 

作品が見たいなぁ 

 

宍道湖から~窯まで~ すぐなんですよ~

 

 

また~後日ということで~~ (^_-)~☆

 

 

 P1060130

 

 

P1060123

 

 

 

P1060131

 

 

 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月16日 (土)

出雲という思想.~3

 

スサノヲ・オホクニヌシを中心とする神学

.平田篤胤の思想~

 

本居宣長の思想というのは

あくまで~

アマテラスとその子孫である天皇が絶えることなく

連綿とこの国を支配しており、この点が、頻繁に革命が

起こる中国よりも日本が優れていると主張した。

 

そして

死後の世界を どうイメ~ジするかということに対して

大きく違うわけです 

 

宣長は 人は死んだら

「黄泉の国」という地下世界に行く~ 

に留めた わけですが~

 

平田篤胤のイメ~ジとするところは

超~インパクト~ありすぎで~す (^^

 

篤胤は日本書紀の一書に出てくる

「幽冥界」 

に行き、

オホクニヌシの支配を受けるとした。

また「幽冥界」は目には見えないが

同じ地上にある

とし、

人は死後、この世界に平行移動すると考えた。

つまり人は、生前は天皇の支配を受けるが、

死後、霊魂がそちらへ移動し、

オホクニヌシの支配を受けるとした。

  

~どうです~~  (^_-)~☆

まさに~

パラレルワ~ルド という概念!! です 

この時代に この発想~

というより~そういう発想をさせた 

事実~真実 というべきでしょう~か 

 

出雲人にとって

うれしきことです ~  (^_-)~☆

 

そして 

オホクニヌシが 

死後の世界をつかさどる神である

と主張する根拠として~

 

古事記に オホクニヌシは出てくるが、

国造りの記述は詳説されていないため、

国譲りの要求に簡単に応じる。

しかし、篤胤は各テキストから国造りの個所を

ふんだんに持ってきて、

オホクニヌシがスクナヒコナと協力し、

人の住める豊かな国土へと変えて行く様子を、

非常にリアルで具体的に表現した。

そしてオホクニヌシは

正統な国土の支配者としての役割を十分に

果たしたことを明らかにし、

国譲りの交換条件となった「幽冥界」、

つまり国土に生を受けたすべての人間

が必ず行く「幽冥界」の支配者となる理由を、

説得力をもって訴えたのである。

こうしてスサノヲ、オホクニヌシを

中心とした新たな平田篤胤の神学が

十九世紀に確立された。

 

 

次回~千家尊福 編 で~す

 

 

Hiratasaneatu  

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

宝の山~徳島編~

P1060101

   

かにちゃんより~

徳島宣伝隊 出雲支部長を

拝命いたしましたので~

さっそく PR~PR~ 

 

というか~ 

いろいろ送っていただきまして 

何回かに分けて 

ご披露を~ 

 

まず~ 

すだちチョコ~ 

ちゃっかり バレンタイン チョコ~

いただいちゃって           (^^)v 

 

それにしても~

すだちを チョコにする発想がすばらしい~です 

一見あわなさそうですが 

美味しいですよ~ 

 

なると金時~

これ~も  自分の好みです~~

おいしかった~ 

天皇陛下~お買い上げですぞ!

さらに

菓子博覧会で~名誉総裁賞だよ~~(^^

 

そして

同じ名前の 焼酎~

もちろん 金時だけに芋焼酎~ (^^)v

 

甘いものから~辛いものまで 

沢山いただきました

 

 

次回~乞うご期待 

 

P1060114

| | コメント (12) | トラックバック (0)

中国のデザイン ③ ( sān ) 

P1050865

 

中国といえば お茶~

 

いろんな茶が あるんですね (^^

 

プーアール茶 

角砂糖タイプの プ~ア~ル茶 

固形茶

ロンジン茶

ロ~ズ ティ~

工芸茶

 

P1050866

P1050867

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年2月14日 (木)

『なにがいいかな~』 (^^♪

P1060110

 

 

P1060113   

  

 

~と 娘が聞くので (^^♪ 

もちのろんで 

アップルパイ を リクエスト 

 

パイ生地を作るのは 大変らしく 

きのう パイ生地を買ってきて 作ってくれました (^^)v

(前にupしたとき 

手づくりと書いたので大反響でしたが 

やはり~パイ生地は購入品でした~すみません (^^ゞ ) 

 

夜~ 遅かったので~完成を見ず~ 

あさ  いつものテ~ブルに ありました~よ! (^^♪ 

 

眺めていたら~遅くなって~ 

ななんと~

道路は テカテカ~ かなり滑りました (^^ゞ 

( ↓ 写真 みて~ね )

のろのろ~ と 渋滞~ 

結局~ ちょっと 遅れてしまいました~ “^_^”

 

ま~ 

アップルパイの魅力にゃ~

勝てませんしねぇ~  (^_-)~☆ 

 

 

P1060106

 

 

P1060108

 

 

P1060107

 

 

P1060111_1

 

P1060112_1

 

 

  

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年2月13日 (水)

発電 de 真水 

Fotec  

  

  

日本の エコ技術 その壱 です    (^^

(異端のアイデア~世界を救う~2 で~す )

 

海洋温度差 発電 で 発電したうえに 

蒸発式 海水淡水化 システム で 

真水もできるという 

すごい技術       (^^)v

 

もう 実施に向けて 動いているようです。 

初期投資が そうとう かかるんですが 

原子力発電よりも 安く上がるそうです 

なんといっても 安全だ! 

環境負荷が ほとんど ゼロ に近い! 

そして同じく 温度差を利用して 

海水を 蒸発させて 真水を作る 

蒸発式海水淡水化システム 

 

今後の 

水不足の世界 も 救える ! 

バイオ燃料なんていっていないで 

大量にある海水を汚さず

クリ~ンにつかおう!      (^_-)~☆

 

温度差発電とは、

温水と冷水のわずかな温度差(15℃以上)で

発電する画期的な発電システム 

温水には海の表層水(約25℃~30℃)冷水には深層海水を使用。

排出CO2ゼロで、きわめて自然にやさしい発電システムとして、

地球温暖化防止と エネルギー創出という

2つの大きな課題を解決する切り札として

世界から熱い注目を浴びています。

 

 

Image6_s  

 

 

スプレーフラッシュ蒸発式海水淡水化装置の概要 

温海水を減圧した容器内に注水すると、

温海水の一部は瞬時に蒸発します。

この蒸発した蒸気を 

低温の深層海水で冷却・凝縮させて

淡水(真水)を得ることができます。

スプレーフラッシュ方式による海水の蒸発と、

凝縮器に特殊な高性能プレート式熱交換器を使用することで、

いままで不可能とさえいわれていた

"5℃の温度差"でも淡水化が可能になりました。

この海水淡水化装置は、

水道水の基準を十分満足し蒸留水と

同等の純度の高い水質の真水が得られます。

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年2月12日 (火)

もちもち~たいやきくん

P1050826

 

   

 

 

 

もちもちなんですよ (^^♪ 

なんといいましょう~か 

よもぎもち~でつつんだ感じ ですね 

そう~だから 

かたちは たいやきだけど 

味は よもぎもち 

 

近くのス~パ~に店を構えている 

おむらさん の作品で~す 

 

最後の一個にしか 遭遇していません (^^ゞ  

それでも~残しておいてくれたのかな?   

 

 

 

P1050830

 

 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年2月11日 (月)

出雲という思想.~2

 

本居宣長編~

 

出雲という思想と いうのは

オホクニヌシ が 

あくまでも 日本の中心である

と考える思想なんですね

 

本居宣長も~

オホクニヌシの国譲りに注目していたというのです

 

宣長は、晩年には古事記のみならず日本書紀も研究し、

オホクニヌシの国譲りの部分に着目していた。

日本書紀には本文と一書があり、

一書には古事記や日本書紀の本文とは

かなり違う話が掲載されていて、

とりわけ国譲りの個所は大きく異なっている。

 

古事記や日本書紀の本文では、

オホクニヌシは スムーズに国を譲る。

しかし一書ではスムーズでない。

オホクニヌシは国譲りを一度は拒否し、

改めて天つ神から出された交換条件のもとに

国譲りを承諾しているのだ。

この交換条件というのが、

「顕」という目に見える世界を天皇に譲る代わりに、

「幽」という目に見えない世界(「幽冥界」)を

支配しなさいというものであった。

この点を宣長はかなり意識しており、

晩年には出雲国風土記など出雲に関連する

ほかのテキストも研究している。

 

後述しますが

オホクニヌシは「幽冥界」を治めているばかりか、

生前の行いをすべて見ていて

死後に審判を行っているとした。

そして、天皇でさえも審判されるという考えが

派生するわけです

 

まさに~ 逆転 ですね (^_-)~☆ 

 

次回~平田篤胤 編 で~す

 

 

 

P1020455

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

夕陽~

 

P1060037

  

  

きのう の~夕陽です (^^

 

あさひ~ が 続きましたので~

ご要望に? こたえまして 

夕陽で~~す        (^^

 

ひーさん じゃないですが

あっ という ま に~

沈みますね~        (^_-)~☆

 

あ~さん風に 

SUN-IN の SUN SET でした  \(^o^)

 

 

P1060038

 

 

P1060040

 

 

P1060041

 

 

P1060044

 

 

P1060050

 

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年2月 9日 (土)

中国のデザイン ② ( èr ) 

P1050869  

 

きょうは~茶器

 

中国は~チャイナ

チャイナは磁器の意味~

 

本場ものです (^_-)~☆

 

茶器セット

急須

蓋碗 

陶器の茶筒

 

P1050868

P1050870

 

 

   

   

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年2月 8日 (金)

雪景色のサンライズ~

P1060022

 

 

P1060024  

 

 

けさの~斐伊川です 

 

きのう と まったく 

表情が 違います~  (^^♪ 

 

毎日~変わる 表情~

刻一刻 と いったほうが 

いいかもしれません  

 

それが~

SUNIN です  (^_-)~☆

 

 

P1060027

 

 

P1060029

 

 

P1060030

 

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

ヘリQ~ (^^♪ 

Img1

 

 

「飛ぶおもちゃ」 

たとえば ヘリQ~~

 

大ヒットの理由 ~

なんて記事が載ってたんで~ 

まえにも~書いたんだけど... (^_-)~☆

 

室内でラジコン 

しかも~ 飛ぶものですよ~ 

さらに~ 

いまどきは 二千~三千円 で 

自分のものになる 

  

数年前に  

ヘリ 1万円で 買ったんですが 

玄関の置物と 化しております (^^ゞ 

  

今のは 

すごく技術革新が進んで 

性能が上がり 

まず軽いし  操作もらくと 書いてあったが 

 

欲しいんだけど 

飛ばす時間 あるかな というか 

また 置物になってしまうと~

  

視線が ちょっとね (^_^;)  

 

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年2月 7日 (木)

きょうの斐伊川 と 旅伏山~

P1060014

P1060013

P1060012

 

ひさしぶりに

雪がつもりましたよ~ (^^)v

雪~うっすらな 斐伊川~

そして~ 

雲州~の象徴~旅伏山 (^_-)~☆

 

 

P1060004

P1060005

P1060007

| | コメント (10) | トラックバック (0)

今何時~

J0319566   

 

  

近くにある紙に 今何時か?

時計の絵をかいてみましょう~ (^^

 

あれ~書けない  ((+_+)) 

 

ひとつの認知症判定だそうです 

NHKスペシャルで 

認知症の特集をしていて 

ちょっと衝撃を受けました 

 

医療の現場では 

とんでもないことに なっているんですね 

専門医が 絶対的に不足している現状 

 

しかも~

かかりつけのお医者さんも 

二日間の研修で 専門医 

6時間の研修受けたら サポ~ト医 と なる (・・?

 

ちょっと~ おかしいんじゃないですか 

(ちょっとどころ じゃないですが ~ )

 

薬の処方の仕方で 

すごく容態が変る 

そういう病気なんですね 

  

自分でよく勉強しないと 

守れませんね 

それが実感です  ((+_+)) 

  

  

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年2月 6日 (水)

ゆず~すだち (^^♪

P1050627

  

 

おみやで~す (^^) 

  

まず一つ目は 津山銘菓の桐かさね 

「とんねるずの食わずぎらい」で 

ナイナイの岡村君のおみやげとして

有名になったそうです 

 

 

P1050269  

2つめは すだちケ~キ 

窯元~かにちゃんの 

徳島から  

すだちが特産とのことで~ 

期待大です (^_-)~☆

 

 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008年2月 5日 (火)

未来のテクノロジ~3

J0356497_2   

  

 

  

人工知能 

 

2030年には 

人間の脳の1000倍の能力を持つコンピューターが

1000ドル で 買えるようになるらしい     (@_@)  

 

ソフト面でも~

脳を完全にスキャニングして

脳のシミュレーションモデルを 作ろうとしているらしい

確かに能力は人間以上になるんでしょうけど...

感情とか心はどこに存在してるんでしょう~ 

そういった脳モデルで 

まさに人間そのものが解明できるんだろうか? 

 

映画の世界や SFの世界でも 

いろんな見方があって 

結局 『命』 『心』 『人間』ってなんだろう 

ってことになるんですよね  

 

テクノロジ~は 

そういうところをカバ~できるんでしょう~か  (^_-)~☆

 

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008年2月 4日 (月)

中国のデザイン ① (yī)

P1050841 

 

 

ギョ~ザ 問題~! 

環境汚染で

名をはせる中国でございますが 

 

これから~ちょっと いいところみせにゃきゃ~ね

中国らしい

いいものも沢山ありますよね 

そのなかで~目をひく 

デザインを 

少しずつ (小出しに~(^^)v) 御紹介 

 

まず~中国といえば 

パンダ~ (^^♪ 

これ自体が 特徴が際立ってるから 

わかりやすいし 親しみやすいですね  (^_-)~☆

 

 

 

P1050843

P1050844

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

出雲という思想.~1

P1020681

  

 

出雲学というのがあるんですが~

藤岡大拙さんの主催で フォ~ラムがあり

出席はしていないんですが

資料があったので ぜひ紹介したいとおもいます 

 

『 出雲 という思想. 近代日本の抹殺された神々』著者である

原 武史 さん の講演~から

 

出雲~は 思想である

伊勢 との 戦いで~ 抹殺された

古代の国譲り 

そして

明治政府 によって

伊勢 に 二度までも~ 抹殺されたことになる

 

逆に言うと~

抹殺しなければ 

伊勢 が 

抹殺される というべきか ~

 

彼方此方に

皆さんよくご存知ですが

出雲の足跡が~のこっているんですよね

 

この原さんの地元~

東久留米市

 荒川水系周辺には

スサノヲを祭神とする

「氷川(ひかわ)神社」が多く存在する。

字は違うが当然、出雲の斐伊川を連想させ、

出雲系の神社であることには間違いない。

 

この「氷川神社」は東京都の北部や埼玉県に

二百二十社余りあり、

それ以外の道府県にはほとんどない。

 

幼いころ、

そこで缶けりなどをして遊んだことがあるが、

夕暮れ時、神社にだんだん闇が迫り、

周りが暗くなってゆく怖さが、

神社の一種独特の空間と相まって

私の出雲に対するイメージを

形作っていったのかもしれない。

 

というような~記憶が 

出雲 と原さんを 縁付けたのかもしれませんね 

 

ちょっと~過激な記事かもしれませんが

関係者が もしおられるなら お許しを

 

次回~本居宣長 編 で~す 

 

 

 

 

写真は ~ 出雲大社の千木と鰹木

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年2月 2日 (土)

 Here comes The Sun (^^)v 

P1050796  

  

あさ 底冷えのする日 

ちょっと 

斐伊川土手に寄って 

激写ってほどでもないけど 

撮ってみました 

ちょうどタイミングが合わないと 

拝めませんよ  

 

この日は放射冷却で冷え込んで 

澄み切った空でした  

元旦にUPしたのに比べて 

インパクト落ちますね    (^^ゞ  

 

これからも 

載せますので 

御付き合いの程 よろしく (^_-)~☆ 

 

P1050798

P1050801

P1050812

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2008年2月 1日 (金)

異端のアイデア~世界を救う~1 

J0289199 

 

今世界が直面している課題が

大きく2つあるとのこと。

 

ひとつは~もちろん温暖化。

そしてもうひとつは 水不足 

ちょっと以外かもしれませんが

NHKでも 中国の水不足について特集してましたね。

そして

日本でも 食物を作るための 

水の量を含めると すごい量輸入してるわけです。

それのみならず

水が偏在するという事も問題で、

現実 徳島の阿南地方では 

水不足で問題となっているらしいです。

これは かにちゃん は よく御存知でしょう。

 

水があって当然という

日本の常識は~崩れているのが現状 

 

また~温暖化ですが 

その筋の専門家に言わせると 

別に温暖化して問題があるの? 

ゴアさんの指摘した事項は どうも検証されていない 

というのが 専門家間での常識みたいな  

どこまで本当かわからないのですが 

環境が変ることは間違いないでしょう  

 

CO2 にしても 

国際会議での 日本の駆け引きベタや 

戦略の無さが目立つんですが 

ここは技術的に 

何とか日本の力を発揮できないものでしょう~か

という事で 

次回の巻に つづく  (^_-)~☆

 

| | コメント (15) | トラックバック (1)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »