« 二酸化炭素こそ宝の山 | トップページ | ひっこしやさん »

2008年2月20日 (水)

古代出雲歴史博物館~久々(^^♪

Aizomehangi

 

 

Aizome

 

ひさしぶりに れきはくの話題で~す

ず~と いってないんで~

行きずらい~し

来年のボランティア登録どうするか 

返事を迫られてま~す (^^

 

古代出雲歴史博物館の

ボランティア応援サイトを

立ち上げようかと

思ったり してるんですが~~ “^_^”

 

幽霊ボランティア に 徹するか~~

講演には~ 行く時間あるのに...

ボランティア 失格ですね   (-_-)zzz

 

 

NEWS冬号が とどきましたので

せめて~ご紹介 (^^

 

企画展 よみがえる幻の染色

平成2037日㈮〜518日㈰

出雲藍板締めの世界とその系譜

なぞ多き染色、出雲藍板締め

文様を彫った版木の間に裂(きれ)を

挟んで染める「板締め染」は、

奈良の正倉院に残された古代の裂が有名です。

板締め染の特色は、同じ裂の中に同じ文様が

繰り返し染められるところにありますが、

日本では長く定着しませんでした。

江戸時代になって、

藍で染める「藍板締め」と

紅色に染める「紅板締め」が

庶民の染物として復活しますが、また消え去ります。

中でも

「出雲藍板締め」は、

藍染による板締め資料として、

全国で唯一確認されているもので、

古代出雲歴史博物館では、

5,000枚に及ぶ藍板締めと、

紅板締めの版木を所蔵しています。

展示では、

古代から近代までの「板締め染」の系譜をたどるとともに、

「出雲藍板締め」と「紅板締め」の多様な文様や、

特色を紹介します。

また、なぞの多い染色技術復元に挑戦した取り組みも紹介し、

日本の染色技術が持つ魅力を存分に満喫いただきます。

 

  

イメ~ジは 版木と 染めた裂(きれ)~

|

« 二酸化炭素こそ宝の山 | トップページ | ひっこしやさん »

コメント

「板締染め」は幟とかを染めるとき使われたのかしら?

藍染めは持ちが良いので、各地で発達してるのですね

紅花の赤は、一昔前には女性の憧れの品だったそうです

ばあちゃんが言ってましたよ~

      ・・・

投稿: かにちゃん | 2008年2月20日 (水) 20時13分

藍板染の企画展 楽しみに待っています
すばらしい展示になるものと思います
姉も連れて行くつもりです

3月2日には大社うらら館で「文楽」もあります
お世話になります

投稿: opal_tak | 2008年2月20日 (水) 20時26分

ボランティアは 参加できる範囲でいいじゃないですか。

維真尽さんのブログ読むたびに 出雲の奥深さを感じ
面白くなってきます♪

出雲という思想は、太陽と月・光と影の思想ですね。
…にしても、日本人に生まれて感謝だな

投稿: ハム姉さん | 2008年2月20日 (水) 21時33分

古代出雲歴史博物館 近くなら
企画展の度に訪ねるのですけれど

昨日 久しぶり(2年ぶりでした)に
神奈川県立歴史博物館を訪ねましたが~
やっぱり行って良かった!これからは
特別展の度に 行きたいと思いました

ボランティア応援サイト 期待してま~す

投稿: | 2008年2月20日 (水) 21時36分

・・・。(・_・)
出雲藍板締めって・・・ このトラがそう?
味、あるわ~♪
ボランティア・・・ お気持ちだけでも・・・
しばらしぃでございます(-_-。)

投稿: みっちゃん | 2008年2月20日 (水) 21時39分

上が版木で下が染めた布ですか?

左右逆になってますね。

出雲国 訪ねたい!

投稿: あーさん | 2008年2月20日 (水) 23時26分

いつでも行けると思ってまだ出かけてません。今、出雲が面白いを読んだり、うん何?見たこともあり、ちょこっと出かけようかな。いつでも行けると思ってたティファニー美術館に行かずじまいになったし、やっぱり地元のことを知るには一番の教材ですよね。

投稿: specdj | 2008年2月20日 (水) 23時27分

え~
藍板締・・ん?染?
あの写真がその板ですね。
どんな染め方するんだろ~?
はじめて聞いたので、まったく想像できません。
いわゆる印刷みたいに染めるのかなぁ~

投稿: ひー | 2008年2月21日 (木) 12時55分

かにちゃん

紅花の赤~
まだ 見たことないんですよ~(^^ゞ

こんどみて~
レポ~トしま~す (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月21日 (木) 21時41分

opal_tak さん

どんな展示になるんでしょう~か (^^♪
ほんとう
いまから~楽しみデ~ス (^_-)~☆

文楽~行きたいんですが
ちょうど用事が重なって
いけなくなりました 残念です

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月21日 (木) 21時43分

ハム姉さん

そうですよね
ボランティア~って
そういうもんですよね (^^)v
でもね~
常勤みたいな方がおられるんで
ちょっと 悪いなぁ という感じです (^^ゞ

<出雲という思想は、太陽と月・光と影の思想
たしかに そうかもしれませんね
山陽と SUNーIN ということもあるけど
決して 陰って訳じゃないと
思ってますが~      (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月21日 (木) 21時48分

ま~さん

近くなのに~
行ってません (^^ゞ
これからは
時間を見つけていかなくちゃ!

神奈川県立歴史博物館~の記事
拝見しました
瓦から~どこまで~繋がるんでしょう~か (^_-)~☆

投稿: い~さん(^^) | 2008年2月21日 (木) 21時51分

みっちゃん

地元にも~あるんじゃない?
すごい~藍染が~~

それに~
かにちゃん曰く
紅花の赤は、一昔前には女性の憧れの品だったそうよ~
もしレプリカ売ってたら
女性陣に 
プレゼントなんてどうかしら (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月21日 (木) 21時57分

あーさん

ぜひ~おいでませ!

どういう~ル~トが良いですかねぇ
狛犬ル~ト
和菓子コ~ス
松江・宍道湖~出雲大社~玉造~コ~ス

どれにしましょう~か (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月21日 (木) 22時01分

specdj さん

ぜひ~一度はおいでください(^^♪

たとえば

昔の 北松江の駅の改札~
これ本当に
青春の思い出~で
なつかしい 限りでございます (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月21日 (木) 22時07分

ひーさん

この企画展~の講演会があるんですが
ちょっといけそうにないんで
どういう方法か
展示でわかると思いますが
判ればお知らせしま~す (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月21日 (木) 22時09分

 可愛げのある「虎」ですねぇ。
 土地柄、人柄をよく表しているのかも?

 今の時代、
 ブログで、自分の住む町の情報を世界に発信するのも、立派なボランティア活動の一つになりつつありますからねぇ。

 無理はいけませんよぉ。

投稿: spookee | 2008年2月22日 (金) 00時30分

spookee さん

たしかに~
愛嬌ありますね (^^♪

ま~いろんな形があっても
いいような気がします
それぞれ事情とか
環境が違うんですから

無理をしないように~
やってま~す 
ありがとうございます (^^)v

投稿: 維真尽(^.^) | 2008年2月22日 (金) 18時42分

私達は松江・宍道湖~出雲大社~玉造コース

で維真尽さんのテリトリーを荒らしに行きますよん

投稿: かにちゃん | 2008年2月23日 (土) 21時50分

かにちゃん

まってま~すよ!
6月ですか?
どんどん荒らしてくださ~い (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2008年2月23日 (土) 22時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古代出雲歴史博物館~久々(^^♪:

« 二酸化炭素こそ宝の山 | トップページ | ひっこしやさん »