« 魔法の電池 (^^♪ | トップページ | 博多通りもん (^^♪ »

2008年7月23日 (水)

国宝~加茂岩倉銅鐸のなぞ~ (^^♪

P1070533

   

  

みなさんの推理~は

ロマン溢れるもの~だったでしょう~か (^^

   

銅鐸は~祭器~

  

黄金色に輝く~銅鐸~

権力の象徴~だったんでしょう~ね (^^)v

  

銅鐸~登場当初は~

聞かせる銅鐸

ある時点を境に 見せる銅鐸に変わったとか 

  

その時期は~

鉄器の登場の時期と重なり~

  

地域の連合とか

大きな変化の時代であった

ただ~その変化の中心が 

近畿だったかどうかは~

いろいろ説があるよう~で~す

  

祭りの変化によって~

銅鐸が不要になった (^^

そして~

現代に~よみがえった (^_-)~☆

    

これが~難波先生の説で~す

  

  

出雲人としては~

その祭器を なぜ埋めたのかを 

贔屓目に 想像したい。(^^)v 

  

出雲の勢力が 強大になって

自分たちで 

全く新しい祭りを作り上げる必要ができた。

以前の祭りごとを 払拭できるそういう祭り。 

その為に いらなくなった祭器を 

出雲人らしく 

丁寧に 埋めた。 

埋める場所も 平地ではなく 

人の寄り付かない所を選んだ。 

  

そして~現代~ 

  

ブルト~ザ~によって 眠りから覚めた 

出雲の古代に於ける 繁栄を 現代に伝え 

いまの出雲人の奮起を促すために  (^_-)~☆ 

   

    

みなさんも~ロマン もとめて~

あの~時代に 

想いを 馳せたら どうでしょう~ (^_-)~☆

   

|

« 魔法の電池 (^^♪ | トップページ | 博多通りもん (^^♪ »

コメント

コレ見て思い出した(・_・)風鈴の季節だわ・・・・
確かお風呂場にあったような・・・・

コレ・・・
(・_・)埋めないで溶かしてり再利用するとか・・・(←ロマンなし・・・涙)

投稿: みっちゃん | 2008年7月23日 (水) 22時11分

けさだすきもんの銅鐸ですね。
これ、色んな動物や人物が描かれているんですよね。
私が持ってる手帳には兵庫県の遺跡のものが描いてあります。
実際には、どのように使ったのでしょう??

投稿: ひー | 2008年7月23日 (水) 22時41分

なるほど~
祭りのイメージ 今の時代は
神社の祭り 市民祭りですけれど~
古代の祭りは どのような?
いつの時代も 音楽と踊りは
欠かすことがないでしょうけれど~

投稿: ま~さん | 2008年7月23日 (水) 22時52分

少なくとも和菓子の世界では出雲人の奮起ぶりは
めざましいものがあると拙は思っています ♪

投稿: 雨漏り書斎主人 | 2008年7月24日 (木) 01時03分

銅鐸、今では緑青だらけだけど、作られた時には赤銅色に輝いていたんですね。
確か、銅鐸という名前は後世の呼び名で、当時、どう呼ばれていたかはわからないとか聞いた気がします。

投稿: 桃源児 | 2008年7月24日 (木) 08時06分

鋳物で作り聞くためと言う出発は? 今の風鈴の原型??
大きさがこんなに沢山有ったのは驚きです!
どんな音色だったのか? 聞いてみたい物です

投稿: うっちゃん | 2008年7月24日 (木) 15時19分

みっちゃん

風呂場の~風鈴 (・・?  (^^ゞ

すこし~
仕事控えて~
いちど~出雲へいらっしゃいませ
みっちり~ガイドしてあげるけん (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^.^) | 2008年7月24日 (木) 17時42分

ひ~さん

良く御存知ですね~(^^)v

ここの加茂岩倉から
銅鐸が出る前までは 
銅鐸の里といえば 兵庫でしたが...


使い方~ですか?

ひと口で言うと~
水戸黄門の~印籠でしょ~か (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^.^) | 2008年7月24日 (木) 17時46分

ま~さん

ちょっと書き方が悪く誤解を招いたようですが
『祭り』というより『祭事』(政)というべきだったですね
もちろん
いわゆる祭にも用いたのでしょうが
民衆を集めて~
権威の象徴として使ったのではないでしょ~か
  ( 水戸黄門様の 印籠みたいに)

初期には 鳴らしていたという事ですが 
だんだん 大型化して 見せるものに変わっていったようです

あくまで~想像に過ぎませんが (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^.^) | 2008年7月24日 (木) 17時54分

あ~さん

やはり~
一番大きいのは~
邪馬台国の誕生でしょう~ね
そして
天孫一族の台頭~
その過程の中で~冥界に落ち着いた

グロ~バルな世界での
冥界~面白いかもしれませんね

乞う~ご期待  (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^.^) | 2008年7月24日 (木) 18時01分

桃源児さん

まさに~黄金色です (^^)v
これが~朝日~夕陽に
反射して~まぶしく光り輝く!!

民衆は~恐れおののいたのではないでしょう~か (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^.^) | 2008年7月24日 (木) 18時05分

うっちゃん

初期のほうでは 銅鐸も小さくて~
鳴らした跡が残っているようです
後期には
大きさが1mくらいあるものまで出現して 
権威の象徴として見せていたのではないでしょ~か

音色は~
古代出雲歴史博物館の展示のレプリカで
自分で鳴らしてみることが出来ますよ (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^.^) | 2008年7月24日 (木) 18時10分

 今の時代を生きる人にとって、
 「銅鐸」に値するものは何なんでしょうねぇ?

投稿: spookee | 2008年7月24日 (木) 23時17分

spookee さん

権威の象徴~

霞ヶ関でしょう~か 
首相官邸ではないなぁ (^^ゞ

投稿: 維真尽(^^) | 2008年7月25日 (金) 21時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国宝~加茂岩倉銅鐸のなぞ~ (^^♪:

« 魔法の電池 (^^♪ | トップページ | 博多通りもん (^^♪ »