« ペンキ屋さん (^^♪ | トップページ | 八雲小倉 (^^♪ »

2009年10月17日 (土)

銅鐸 どうやって作る? (^^♪

   

   

P1020463

   

 

   

この銅鐸の厚さは 0.5~3mm 

  

かなり~薄いですね

これを~あの弥生時代につくった (^^)v

相当高い技術を持っていた といえるでしょ~う 

  

久々の古代出雲歴史博物館で

古代のものづくりについて~お勉強 (^^

   

   

P1020617   

 

  

どうやってつくったのでしょ~う?

鋳型といわれるものが 出土してるんですよ

鋳型~しかも 石で作っていたらしい

今ですと 

砂で形(鋳型)を作ってやるんでしょう~けど 

青銅をどろどろに溶かして 

型の中に 流し込みます

外の型と 内側の型 両方作っておいて

合わせます~

この型と型の間が~銅鐸になるんですが

その厚さを うまくコントロ~ルして

均一に流し込む 

  

金属が溶けて どろどろとした湯 の状態になるんですが

型が冷えていたりすると 

湯温が下がって 湯が流れなくなったり

湯の圧力で 中の型が動いたり

ガスがたまったりと 

いろんなことを乗越えて 

銅鐸出来ているんですよ~ 

   

太古の技術~恐るべしですよ (^_-)~☆

  

|

« ペンキ屋さん (^^♪ | トップページ | 八雲小倉 (^^♪ »

コメント

 ブログの内容と全く関係ありませんが、
 今、この時間は、『世界ふしぎ発見!』を見ていますか?
 
 今夜は、ビートルズ来日時の秘話も出るかも?

投稿: spookee | 2009年10月17日 (土) 21時19分

spookee さん

もちろん~
みてまし~たよ (^^♪

いちど~
リバプ~ル 行きたいですね (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2009年10月17日 (土) 22時00分

銅鐸は馬の首に着けた
朝鮮の馬鈴を源にする
という説もあるそうですね

今日は銅鐸つながりで~
友情出演願いました <(__)>

投稿: ま~さん | 2009年10月17日 (土) 22時38分

やはり古代から技術立国の日本なんですねぇ ♪


昔、SCSでロータリーバルブを作らせてましたが
鋳物屋が 「お湯」「お湯」って、言ってたのを思い出しました ♪

投稿: あーさん | 2009年10月18日 (日) 00時57分

近代的装置を完備した会社は別にして一般的な街の鋳物やさんレベルでは、出土するような形状の銅鐸をつくれるところは殆ど無いでしょう。(街の鋳物屋さん自体が少ない?)

3ミリの厚さまであれば何とかなるかもしれませんが、0.3ミリなんて不可能です。
NC加工など存在しない時代に鋳型の外と中子の間隔を0.3とか3とするなんて・・・歴史ロマンの世界ですよね。


投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2009年10月18日 (日) 10時00分

ま~さん

銅鐸~
もとは~ヨ~ロッパのカウベル?
それもありかも

古代出雲王朝~と
黄泉の国とのつながり
興味深いです~ね (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2009年10月18日 (日) 19時13分

あ~さん

昔の技術というのは
現代からみても
不思議なことが 沢山あるよう~です (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2009年10月18日 (日) 21時01分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん

よく事情をご存知ですね (^^♪

鋳物自体で 0.3mmというのは
出来ないですよね
この~0.5mm~3mmというのは
一部 .5mmの部分があるという意味だと思います (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2009年10月18日 (日) 21時08分

銅鐸、かなり薄いですね。
古代人の技術、我々の想像以上だと思います。

投稿: 桃源児 | 2009年10月18日 (日) 22時22分

桃源児 さん

古代の技術
相当なレベルで
びっくりしてしまうんですよ (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2009年10月19日 (月) 20時19分

今、古代史の本を読んでいましたが、弥生と聞いて普通は原始生活に近いものを想像しますが、同じ時代には中国ではとっくに漢字を持ち黄河文明があったりメソポタミヤなどなど・・世界的に日本は遅れ過ぎです。
日本書紀を編纂した際にどうも、その昔の資料を抹殺してしまい、正しい文献が残らず、古代史の研究が進まず、考古学の方で土器を調べたりするのが多くなったのではと思います。
本当はもっと進んだ知識や技術があってもおかしくないのだと思います。

投稿: ひー | 2009年10月19日 (月) 20時36分

ひ~さん

ご承知の通り
古代を知るということには
気の遠くなる手順を踏んで
こうだろうと~想像するということになるんで
確定はしないわけですよね
だから~
日本は遅れてるかどうかはわからないと思いますよ
もちろん
遅れてるという基準は何かということもありますが (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2009年10月20日 (火) 20時07分

銅鐸、もっと分厚いものだと思ってました〜
職人技ですね〜

投稿: 工 房 灯 -akari- | 2009年11月 6日 (金) 12時40分

akariさん

古代に
こういう技が~
まさに~恐るべし (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2009年11月 6日 (金) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銅鐸 どうやって作る? (^^♪:

« ペンキ屋さん (^^♪ | トップページ | 八雲小倉 (^^♪ »