«  お茶でも?  | トップページ | 富神社  »

2011年1月28日 (金)

地球を冷やす方法Ⅱ 

    

武田節~いかがでしょう~か?! 

聴いてると 言い方も明快で 

元気が出てくる感じ加茂 (^^

 

   

   

Ipcc_greenhouse   

 

   

さて~ 地球を冷やす方法 

ちょっと ソフトバンクのCMの

隕石博士の 発想みたいですが~  

  

もっとも 簡単なのが,

サハラ砂漠に「銀紙(ぎんがみ)」を敷くことだ.

つまり砂漠に反射板を敷く。

そうすると地球に入ってきた太陽の光を相当,宇宙にだせる。

では,程度問題を計算してみよう。

北極海の氷が融けると,光が反射せずに地球が暖かくなり,

「とんでもないことになる」と温暖化恐怖症の学者が言っている。

夏の北極海の氷は多いときで800万平方キロメートル,

それが600万平方キロメートルになっても気温は変わらなかった.

この分の氷が融けるととんでもないことになると言う。

つまり,600万平方キロメートルの反射板でも,

地球の気温を左右できると言うことだ.

サハラ砂漠は1000万平方キロメートルある.

それに熱帯だから,北極海と違って太陽の光もつよい.

太陽のエネルギーは「太陽定数」という数値で示すが,

赤道近くの場合,300w/m2で,極地では多めに見ても100だ.

つまり,北極海の夏の氷の面積は,

サハラ砂漠の200万平方キロメートルに相当する.

そのほか,ゴビ砂漠,アメリカのグレイトベイスンなどが

協力するだろうから,反射板を置く場所の総面積は

世界で2000万平方キロメートルにはなる.

そこで,200平方キロメートルほどに反射板をつけるとすると,

世界の砂漠や荒れ地の面積の,たった10分の1だけ,

拝借すればよい。そのままやると,地球は冷えすぎるだろうから,

そんなときは銀紙を巻き上げて,反射を止める。

そうすれば地球の気温は自由自在にコントロールできる。・・・・・・ 

  

   

|

«  お茶でも?  | トップページ | 富神社  »

コメント

サハラ砂漠に銀紙、何万枚必要なのでしょう。それを生産する方が余計に熱が出る気がします。

投稿: 桃源児 | 2011年1月28日 (金) 19時50分

 それより現時的な問題で、
 北極海の氷って、どの位溶けてしまったんでしょう?

 溶ければ溶けるほど、海水温が上昇して、
 地球温暖化や異常気象を招くって、誰かが言っていた様な…

投稿: spookee | 2011年1月28日 (金) 22時47分

面白いですねぇ
銀紙代と人件費 くらいでせうか?

誰かやりませんかねぇ

投稿: あーさん | 2011年1月28日 (金) 22時57分

反射板を一点に集めて鶏肉を焼くという外国のおじさんがテレビに出ていたのを思い出しました。
ん?砂漠周辺の気温が下がったら、緑が増えるかも。

投稿: ブルー・ブルー | 2011年1月28日 (金) 23時11分

桃源児さん

まあ~
just joke! 

でも~案外本気かも (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月29日 (土) 21時01分

spookeeさん

そうなんですよ (^^♪
どう
言い訳するか 楽しみです (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月29日 (土) 21時03分

あ~さん

やるまでもなく~
きょうから
大雪注意報が..... (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月29日 (土) 21時04分

ブルー・ブルー さん

実際に
太陽光をつかったコンロもあるようですよ (^^♪

これを実際やったら
生態系が 変わる加茂 (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月29日 (土) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地球を冷やす方法Ⅱ :

«  お茶でも?  | トップページ | 富神社  »