« 亀太夫神事  | トップページ | しっちょったかね ♪  »

2011年1月20日 (木)

亀太夫神事Ⅱ 

 

亀太夫神事 どう思われましたでしょうか? 

 

この神事の行われる 熊野大社ですが 

出雲人の認識では~

熊野大社というのは 出雲大社の元宮であって

時の権力者によって 出雲大社に祭祀権を移された

出雲大社より 格の高い大社です 

  

火の発祥の神社として

「日本火出初之社」(ひのもとひでぞめのやしろ)とも呼ばれ、

出雲大社と共に出雲国一宮である。

紀伊国の熊野三山も有名だが、

熊野大社から紀伊国に勧請されたという説と、

全くの別系統とする説がある。

社伝では熊野村の住人が紀伊国に移住したときに

分霊を勧請したのが熊野本宮大社の元であるとしている。

『出雲国風土記』には熊野大社と記されていた。 

  

出雲大社を祭ったのはだれでしょう? 

祟りを恐れて祭ったのでしょうか

   

   

P1020459   

 

 

 

その大和朝廷も 幾多の権力抗争で

いろいろ変遷しているらしいし 

出雲系の時代もあったようです 

出雲大社の国造家も 

当然権力の変遷と共に

入れ替わってるという事も想像できます 

そうした流れの中から

こういう あり得ない神事が生まれ 

こんにちまで残っている !? 

圧倒的な力関係ですから

やめようと思えばできたはずなのに伝承されてきた 

ほんに 出雲は不思議なところです  (^_-)~☆

  

   

   

|

« 亀太夫神事  | トップページ | しっちょったかね ♪  »

コメント

出雲大社はやはり大和族が作ったものでしょうね。
出雲の神を封じ込めるのが目的だったのでしょう。
地元の人々は本当の神は熊野に居ると密かに伝えてきたのかもしれません。

投稿: 桃源児 | 2011年1月20日 (木) 15時35分

出雲大社を祀った人って謎?

投稿: ブルー・ブルー | 2011年1月20日 (木) 21時39分

真実は隠されていて~
なが~い時の経過の後に
解明される日を待っている?
出雲の謎解きは命がけ?

>やめようと思えばできたはずなのに伝承されてきた 
>ほんに 出雲は不思議なところです  (^_-)~☆

い~さんならではの
すごい言葉と思います   think

投稿: ま~さん | 2011年1月20日 (木) 21時43分

去年、大社も国造家もじかに見て来ただけに、謎の深さが、一層迫ってきます。

投稿: あーさん | 2011年1月20日 (木) 23時57分

桃源児 さん

大和族というより
天孫族ですね

雲太と呼ばれる
巨大な社殿を作らせたのは~
出雲の潜在力? (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月21日 (金) 22時42分

ブルー・ブルーさん

そう~
謎~ですよね
やはり~天孫族でしょう
たしか
本殿の大国主の部屋には 
天皇と宮司しかは入れなかったとおもいます

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月21日 (金) 22時44分

ま~さん

だんだん~
外堀が埋まって
霧が晴れるように 真実が自明に
いろんなものが
発見されて そうなる日は近い加茂 (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月21日 (金) 22時47分

あ~さん

いろんなことを
知った上で 観ると
また 違った風にみえますね (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月21日 (金) 22時48分

テレビで見ましたが、その昔は社殿がもっと高かったのでは?と云ってました。
三内丸山遺跡にも高い建造物があります。
かかわりがあるかどうかは、まだわかりませんが暖かくなったら、行ってみます。何度も行っているのですが、仕事だったので中に入っていませんでした。

いや~、いーさんが出雲のことを書いてくれて嬉しいです。
私の役目は終りました。

投稿: ひー | 2011年1月21日 (金) 23時02分

ひ~さん

平安時代の書物『口遊』に、「雲太、和二、京三【謂大屋誦】。今案、雲太謂出雲国城築明神神殿【在出雲郡】。和二謂大和国東大寺大仏殿【在添上郡】。京三謂大極殿、八省」と言う記述がある。これは当時の大建築の順位を表したのだという。
 1位は出雲大社。
 2位は東大寺。
 3位は京都御所、大極殿。
  「雲太」と言う名称はここから出た。
 出雲大社の口伝では、上古32丈、中古16丈、その後8丈という。1丈は3.0303m。

つまり100m近くあったということです
写真のような感じです
この写真は 古代出雲歴史博物館内の展示です
( 了解をえて 撮っています)

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月21日 (金) 23時15分

(私はこちらのブログの他の記事はまだ読んでいませんので、内容から外れるかもしれませんが、)

大元出版の本を読んでみませんか?(複数冊色々出ています。)
・・・・・、でないとお話にならないと思います。
一般に出てくる多くの話は、権力者側が自分達の都合の良いように考えた 作り話 ですからね~。

大元出版の本は、旧出雲王国の2王家(富王家、神門臣王家)側の情報です。大手通販アマゾンで、大元出版と検索してみて下さいませ。

・出雲大社本殿の八雲の図が7つの雲 → 化けの皮が剝がれます(仕組んだのは・・・)

・由緒正しい神魂神社創建等に関する 本当の 由緒 → 化けの皮が剥がれます(仕組んだのは・・・)

・熊野大社 亀太夫神事 → 亀太夫って何の例え? なぜ国造が怒られる?その語られていない本当の意味は?(怒られる方からしたらそりゃあフタをしたくなりますね。自業自得ですが。)   ・・・など数々のほんとのホントがみえてくる

・現存の有名神社は、権力者側によって色々と変えられてしまったところがある → わかる・・・かも、ですね

・出雲王国の事、徐福(スサノオ)と秦国人渡来大集団の事は、公式には史実から抹消扱いが続いている。


大元出版の
出雲と蘇我王国 出雲と大和のあけぼの 古事記の編集室 お伽話とモデル 親魏和王の都 サルタヒコ大神と竜
あたり、いかがでしょう。

いろいろ聞いても、よく分からない・昔からの伝統・・・などなどはぐらかされるのは、知られちゃ困るだったり、知られちゃ困る事までたどり着かれるかも・・というのが理由。こういうケースがたくさんあります。
現出雲大社?最も知られちゃ困る人達が~

出雲大社創建時期はホームページでは、はぐらかしてあります。知られちゃ困るからです。創建は716年正月。

莫大な資金と人材を投入して神社を創建したのは、旧出雲王国の2王家(富王家、神門臣王家)で、秦国からの渡来系ホヒ国造家も関わっています。(大元出版 古事記の編集室をどうぞ)
尚現在は旧王家とは無関係の神社となっているそうです。

突然失礼しました~。

投稿: とく | 2017年4月 5日 (水) 02時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149950/38476783

この記事へのトラックバック一覧です: 亀太夫神事Ⅱ :

« 亀太夫神事  | トップページ | しっちょったかね ♪  »