« 地球を冷やす方法Ⅱ  | トップページ | 富神社の謎  »

2011年1月29日 (土)

富神社 

 

  

富を授かる神社 (^^)v

 

 

Photo_1_14_20_20_25   

   

  

金運招福のスポットとして その道では有名らしい 

そして 在る場所がまためでたい~富村 

実は 富と書いて 「とび」と読むんですが 

斐川町富村の国道九号線とJR山陰線の間にあり 

小学校の隣に鎮座しております 

神社から すぐそこに 

神奈備山(かんなびさん)が見えます 

   

   

Photo_1_14_19_39_03   

   

   

御祭神は

八束水臣津野命(ヤツカミズオミヅノミコト) 

~といえば~「国引き神話」 

「国引き神話」は出雲国風土記に書かれている神話の一つで

神奈備山を杭にして!

土地を 引っぱって来たというスケールのでかい神話 

  

国引きが どういう意味をもつのか!?

これも 謎解きハンターとしては

興味津々ではありますが 

  

先ずは 金運招福グッズのご紹介を (^^

なんと! 無人売店となっております 

さすが 出雲ということでしょう

 

 

Photo_1_14_20_22_09 

   

 

ネーミングも いいですね 

 

富待石~特産の来待石の「待」をもらって

~富を待つ石 (^^

   

   

Photo_1_14_20_22_24

 

 

   

Photo_1_14_20_22_39   

   

  

御利益~ありそう!! 

  

富神社の謎については 次回ということで (^_-)~☆

  

|

« 地球を冷やす方法Ⅱ  | トップページ | 富神社の謎  »

コメント

無人販売所、日本ならではという気がしますね。
富待ち石、千円もするんですね。それだけの効果が期待出来るでしょうか。

投稿: 桃源児 | 2011年1月29日 (土) 16時57分

来待石って書いてありますね。
まえにミュージアムの記事でみた石ですね。

投稿: ブルー・ブルー | 2011年1月29日 (土) 20時25分

維真尽さんも宝くじを黄色い紙で包んだ?
結果は内緒ですね!
此の手の神社は過程を幸せに夢を見させてくれるので良いかも・・・・・

投稿: うっちゃん | 2011年1月29日 (土) 21時44分

いーさんちに 2千万円が降ってくる日も近い♪

投稿: あーさん | 2011年1月29日 (土) 21時58分

おっ…組み違いで一億円の夢壊れた上司に
その神社のお話しておきます。

とりあえず私がPCの前で拝んでおきますわ。

投稿: ハム姉さん | 2011年1月30日 (日) 15時33分

 私も、「富」を授かりたいですねぇcoldsweats01

 宝くじが当たったら、今の会社は絶対に辞めなきゃ…gawk

 訪れる時間を作りたいものですcrying

投稿: spookee | 2011年1月30日 (日) 15時45分

桃源児さん

神社で~
まさかの無人販売 びっくりしました (^^♪
でも~
これはありですよね

信ずれば~こそ
御利益もあるでしょう!! (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月30日 (日) 16時30分

ブルー・ブルーさん

そうですね
石は 来待石です
宮司さんの発案?でしょう~か (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月30日 (日) 16時32分

うっちゃん

そう~ですね
宝くじは
当選番号発表までが
楽しみ という感じでしょう

~が
この富待石~
御利益ありそうですよ (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月30日 (日) 16時35分

あ~さん

2千万といわず
3億円ですよ (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月30日 (日) 16時36分

ハム姉さん

上司さんに
ぜひ~
御参り勧めてくださいませ

出雲大社とセットで (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月30日 (日) 16時37分

spookeeさん

あたったら
自分で 事業を起こしたら
いかがでしょう~ (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月30日 (日) 16時39分

行ってくれましたか~

やはり石は例の石ですね。

千円は微妙な値段ですね。

投稿: ひー | 2011年1月30日 (日) 22時02分

ひ~さん

あまりに近くにありすぎて~
びっくりでした (^^♪

そう~
石は来待石でごじゃる (^^)v
千円~
でも~それだけの 御利益がきっと (^_-)~☆

投稿: 維真尽(^^) | 2011年1月31日 (月) 22時07分

大元出版の本を読んでみませんか。
旧出雲王国の東西2王家(富王家、神門臣王家)側の史実情報が載っています。

このブログ記事の直接の内容に関する事でもありませんが、関連事項という事で投稿させて頂きました。

大元出版の本を読むまでは、主祭神に関して何も疑問を感じませんでしたが、厳密にはおかしい。また富神社入り口の看板に書かれている系図も、一部富家本来のとは違う事が書かれてり、おかしいとなります。(出雲の後の権力者による歪曲。一部エリアの神社由緒書は以前のと変更される・・などチョイチョイあるようです。出雲王家側の本来のものに修正・訂正という事ならば何の問題もない訳ですが・・。)

吉田大洋さんの著書 謎の出雲帝国では、東西王家について明らかにされていませんでしたが、実は出雲王国では東出雲 富王家 と 西出雲 神門臣王家 があり、ここは東出雲富王家の神社ですので、主祭神は当然東出雲王家の方となるはずです。しかし今の主祭神は、西出雲 神門臣王家の方です(6代目出雲王)。
==================================================


富神社、富氏のワードでヤフーグーグル等で検索すると、基本は数年前までの古い情報(主に吉田大洋さんの本)の検索結果が上位に表示されたままで、なおかつ ここ数年で急速に世に広まって来た、本当の富家側の史実情報 大元出版の本については、検索結果に反映されない傾向があるようです。

つまり、折角歴史の奥に気が付き踏み込んだ人が詮索ワード 富氏 や 富神社 などでネット検索しても、

著者の理解不足などに起因する誤説(※)もたくさん載っている吉田大洋さんの本を紹介している複数の記事にたどり着くのみ、の状態にある訳です。

ブログ主様あるいはこちらの読者・コメントした方々の一部は、既に大元出版の存在を御存知かもしれません。

が、検索サイトからふらっと覗きに来た多くの人は、まだ大元出版の本の事を御存知ないのではないでしょうか。

実際、2017年(現在)や2016年の記事で、吉田大洋さんの謎の出雲帝国に関して、伝承まとめやら出雲神族の歴史年表などを取り上げ称賛しているようなものも目にしました。


旧出雲王家の関係者の方々が部外者を介さず、ダイレクトに出版されている本の数々に、是非出会って頂きたいです。

(※)旧出雲王家ダイレクトの大元出版の情報を基にすれば、吉田大洋さんの謎の出雲帝国ではかなりの誤りが見受けられます。
巻頭の歴史年表、本文中の富氏から聞き出した系図、巻末の伝承まとめ、文中の富氏は語る・・・の一部 などなど。


例えば、本当に富氏がダイレクトに語ったのであれば、スサノオは砂鉄を求めて朝鮮から須佐の港にやって来た・・・、とはなりません。

徐福・スサノオは紀元前219年頃、朝鮮・・・ではなく朝鮮半島対岸の山東半島(秦国)から船で渡来しました。大勢の秦国人を伴っての渡航でした。
また上陸したのは須佐の港・・・ではなく、現 大田市の五十猛(イソタケ)海岸との事です。

また謎の出雲帝国 巻頭の歴史年表では、紀元前1500年頃スサノオ出雲へ侵攻とありますが、これはアーリア人と思われる戦闘的異民族が、インドへ進出して来たという富家本来の伝承の事を取り違えた結果の誤説だと思われます。(質問して答えを引き出す、関連した話を引き出す、質問者本人の持論シュメールへの思い入れも大いに影響しているのでは?)

とにかく戦闘的異民族のインド進出により、大規模移住が実行される事になりました。出雲の大祖先クナトノ大神は大勢のドラビダ出雲族と共に、北方ルートで日本列島へやって来ました。紀元前千何百年という事になります。

またその後は、クナトノ大神が日本列島へ到着後約千年の時を経て、クナトノ大神の御子孫により日本で最初の国家 出雲王国の建国(出雲王はクナトノ大神の子孫)・・・、という流れになります。

ついでに謎の出雲帝国 巻頭歴史年表、紀元前1000年頃アメノホヒ出雲へ侵攻 とあるのも明らかな間違いです。

ホヒは徐福・スサノオの先遣隊として出雲王国へ渡来。徐福・スサノオ渡来の一年前、紀元前220年頃の事です。
後に大勢の秦国人と頭の徐福・スサノオが移住して来る事への許可願いにやって来ました。(その時は8代目出雲王の時代でした。)

・・・上記の誤説例については、大元出版 出雲と大和のあけぼの 、幸の神と竜(サルタヒコ大神と竜)などから、富家の正しい伝承内容を導けると思います。


(大元出版の著書)
幸の神と竜 、サルタヒコ大神と竜(幸の神と竜 の簡略版) 、出雲と大和のあけぼの 、出雲と蘇我王国 、親魏和王の都 、古事記の編集室 、お伽話とモデル 、山陰の名所旧跡(※出雲王国側の情報あり) 、事代主の伊豆建国 、万葉歌の天才 、飛鳥文化と宗教争乱 など。
※アマゾン、大元出版直販可能です。

冒頭で吉田大洋さんとの関わりや著者ご自身の件にも触れてあり、また神魂神社、熊野大社、出雲大社の本当の由緒や歴史的経緯の詳しい解説がある、

大元出版 出雲と蘇我王国 は是非こちらの読者様、一般の方々にもまずは読んで頂きたい一冊です。(富神社 、出雲井神社の事にも触れてあったと思います。)

その他欠品本も、増刷や改訂版・増補版など期待出来るようです。(小耳に挟みました。)

是非御検討下さいませ。ありがとうございました。

投稿: とく | 2017年9月 5日 (火) 19時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149950/38560445

この記事へのトラックバック一覧です: 富神社 :

« 地球を冷やす方法Ⅱ  | トップページ | 富神社の謎  »