« うまいぞ武蔵  | トップページ | ガシャコン  »

2011年6月27日 (月)

江戸の技Ⅱ 


   

無から生み出す! 

どんな分野でも おなじ事でしょうけど  

いかに大変か ということは 

やった事がある方には わかるかと思いますが  

それが どんな小さなことでも 

たとえば 

今までやったことのないことを 企画するとか 

前例があれば 楽なんでしょうけどね 

  

日本のものづくりが 誇れるのも

こういった 無から 生み出すことを

弛まず やってきたからでしょう! (^^)v 

  

ちょっと 力が入ってしまいましたが 

それでは 江戸の技の続きです 

  

人間が調整していた~

不定時法を 自動で調整する時計の開発 

  

お客さんがついていたのか 

それとも道楽 

これは道楽の域を超えてると 

自分は思うのですが どうでしょう? 

  

どういう仕組みかというと 

簡単に言うと 

文字盤の数字を 

季節に応じて 位置を動かしたんですが~ 

いうのは 簡単だけど

その当時の技術では 

実際には 超難しいわけで 

機械の動き すなわち カラクリだけで 実現!! 

文字盤の数字を動かして 

それを また 半年かけて戻す! 

  

戻す というのが すごいことなんですね (^^)v

   

  

  

  

110614_22_52_36   

 

 

そのために 

虫歯車!!~

と 後世の人が 呼んでるものを発明した 

この往復ができる歯車というのは 

あとにも先にも世界中でこれ一つ! (^_-)~☆

  

詳細は  


 これが~江戸の技 !! 

  

|

« うまいぞ武蔵  | トップページ | ガシャコン  »

コメント

先日の疑問がちょっと解消したような
深まって底なしの???マークになりそうな

 複雑な (・・?) 状況。

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2011年6月27日 (月) 12時19分

ある意味で電池交換や手巻きが必要でなく、時刻を合わせる必要もない事が完璧で、
今や、ソーラー電波時計が一世風靡かと思いきや、途端に人間は完璧なものがいやになり、機械式ネジ巻の危うさが懐かしくなります。

現在、当時のセイコークオーツによってバタバタと倒産したスイスの機械式時計メーカーが息を吹き返しているそうです。

私も当時の機械式時計のトゥールビヨンやモーブメントの動きを見ているとまるで人間の心臓のような正確な動きに魅了されます。現在虜になってますが、何千万、億の世界は夢見る世界です!!
記事とはちょっとずれた話ですが、歯車から思い出しました。

投稿: ansyu | 2011年6月27日 (月) 13時32分

虫歯車、名前通りに虫みたいな姿ですね。
正に素晴らしいからくりです。

投稿: 桃源児 | 2011年6月27日 (月) 18時04分

これが~江戸の技 !!を読もうとしたけど、やはりよくわからないです(涙) 

投稿: ブルー・ブルー | 2011年6月27日 (月) 18時09分

技術の国、日本にはやはり優れた先人が居たんですねぇ ♪

投稿: 雨漏り書斎主人 | 2011年6月27日 (月) 19時58分

 精密な歯車の設計って、物凄く難しいって聞いた事がありますが…coldsweats01

 昔の人は、どうやって設計したんでしょうか?coldsweats01

投稿: spookee | 2011年6月27日 (月) 22時30分

ホント無からですよね。昔の人は、偉いと思います!内容は変わりますが、日本地図を描いた伊能忠敬も偉いと思いますよ。航空写真も衛星写真もない訳ですよ!日本中を歩いて描くわけでしょう?維真尽さんは、伊能忠敬が、偉いと思いますか?それとも、航空写真とか衛星写真を写す事ができる、飛行機とかロケットをつくった人が偉いとおもいますか?ちょっと幼稚な質問ですが!。

投稿: 坂の上の雲麻呂 | 2011年6月27日 (月) 23時07分

高忠さん

すいません 混乱させちゃって (^^ゞ

むかしから~
ものづくりの魂 脈々という事で (^_-)~☆

投稿: 維真尽 (^_-) | 2011年6月28日 (火) 21時37分

ansyu さん

すべてを ソフトが牛耳るこの世の中
恩恵も受けてるけど
なぜか~
メカものが いいですよねぇ !! (^_-)~☆

投稿: 維真尽 (^_-) | 2011年6月28日 (火) 21時38分

桃源児 さん

製造する機械がなくても
なんとか
実現しようとする
頭を使う 
そういうことですよね (^_-)~☆

投稿: 維真尽 (^_-) | 2011年6月28日 (火) 21時42分

ブルー・ブルーさん

だんだんで~す (^^♪

息子さんに
解説してもらってくださいませ (^_-)~☆

投稿: 維真尽 (^_-) | 2011年6月28日 (火) 21時44分

あ~さん

こういう技術を
大事にする雰囲気が あったということでしょう~か (^_-)~☆

投稿: 維真尽 (^_-) | 2011年6月28日 (火) 21時45分

spookeeさん

究極の歯車設計は
感性の世界です (^^♪

むかしは
たぶん~トライアンドエラ~ だったと思います (^_-)~☆

投稿: 維真尽 (^_-) | 2011年6月28日 (火) 21時47分

坂の上の雲麻呂 さん

伊能忠敬さんの地図展があって
もちろん見に行きましたよ (^^♪
圧倒されました
すごいですよね (^_-)~☆

ご質問ですが
あの~一概に~比較はできないですよね
どんなものでも~
無から有にするには
想像を絶することが待ち受けています (^_-)~☆

投稿: 維真尽 (^_-) | 2011年6月28日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149950/40439266

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸の技Ⅱ :

« うまいぞ武蔵  | トップページ | ガシャコン  »