« 古いアルバムの中に  | トップページ | 高島暦  »

2011年11月13日 (日)

だんごde不昧公 

 

不昧公を冠したおだんご! (^^

~が あるとは思いもよりませんでした 

 

Img_3075
 
 
Img_3077
 
    

松江は京店の月ヶ瀬さん 

 

Img_3074
   
    

むすめの話しによると 

もともと ラ~メン屋さんだそうで 

ラーメンと だんご食べ放題!で 八百円 

だんごは ラーメンにあうんでしょう~か? (^^

~という根本的な?疑問はともかく 

不昧公のだんご 食べてみなくては始まりません 

そこは むすめも心得たもの 

ちゃんと おみやを! (^^♪ 

なるほど~仁多米で 蓬だんご 

その上に茶の餡~

きっと 不昧公もお喜びでしょう (=^^=)

 

   

 

|

« 古いアルバムの中に  | トップページ | 高島暦  »

コメント

食欲の秋(初冬)なのか、
お邪魔するブログは食べ物の話題が多いですね。

>ラーメンと だんご食べ放題!で 八百円
安い!!

>だんごは ラーメンにあうんでしょう~か?
合う合わないは関係ありません。
美味しいもの同士であれば、
一緒に食べるべきだと思いますdelicious

投稿: くるたんパパ | 2011年11月13日 (日) 15時50分

 この秋は、
 紅葉の色合いがイマイチなので、
 美味しい物を沢山食べて満足しないと…coldsweats01

 でも、「ラーメン」と「みたらし団子」の組み合わせは大丈夫でしょうが、餡子とのコラボはどうなんでしょう?gawk

投稿: spookee | 2011年11月13日 (日) 16時53分

なぜかおよだれ、たらりんこ!
ずってんどー
ラーメンとあう?

投稿: いどきち | 2011年11月13日 (日) 19時49分

あの月ヶ瀬でラーメン!
松江に住みながら 知りませんでした

そして不昧公がお団子に!
何でもありの世の中ですねー!

投稿: opal_tak | 2011年11月13日 (日) 20時29分

What's 不味公? ネットでもちらみしてみましたが
昔の殿様が好んだ御菓子?!だと・・・

でも それじゃあ・・・団子にならない?

不味公・・・あれ、よく見ると味じゃない!

 口 じゃなくて 日 だ!


 すいません 疑問満載降参ですから。
  Help Me・・・m(__)m

  でも、美味しそうですから!

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2011年11月14日 (月) 06時33分

食べ放題とは、嬉しいですが、ラーメンは何杯も 食べれませんよね。
団子は別バラですかね?

投稿: ひー | 2011年11月14日 (月) 11時15分

くるたんパパさん

ネタ切れには~
食の話題でカバ~ってとこでしょう~か (^^♪

なるほど~
美味しい者同士は
一緒にが 原則でしたか!! (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年11月15日 (火) 23時18分

spookeeさん

なるほど~
食欲の秋ですか!! (^^♪
いいですねぇ

相性~
餡子の種類によるんでしょう~ね
お試しあれ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年11月15日 (火) 23時22分

いどきちさん

ら~めんと団子そのものとは
合うんでしょうけど
餡子物はどうでせう? (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年11月15日 (火) 23時24分

opal_takさん

ちょっと~
ありえない感のある組み合わせですよね

でも~
実際 食してみないと という気もします
一度お試しを (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年11月15日 (火) 23時26分

高忠さん

説明不足で~すいません (^^ゞ
結構
不昧公には ご出演いただいているんですが...

松江藩のお殿様で
行政、文化などに 辣腕をふるったお殿様で~す (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年11月15日 (火) 23時30分

ひ~さん

団子が食べ放題なんですよ (^^♪

もともとが
ラ~メン屋さんらしいんで
どういう経緯で
団子もやるようになったんでしょう~ね?

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年11月15日 (火) 23時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149950/42873166

この記事へのトラックバック一覧です: だんごde不昧公 :

« 古いアルバムの中に  | トップページ | 高島暦  »