« ハワイ!  | トップページ | 孫さん  »

2011年12月 4日 (日)

神在月シンポ 

   

 

出雲の神在月に行われる~

恒例 神在月シンポジウム 

 

 

Img_36321

   

 

そう~久々に歴史の記事でございます (^^♪ 

今回のテーマは国譲り神話 

国譲りという事が 実際にあったのか? 

国譲りで約束した高層社殿は造られたのか? 

なぜ~出雲(大社)は 必要だったのか?

~など 面白い話 満載でした (*^^)v 

そして 豪華な講師陣! 

新谷 尚紀 先生 

 和彦 先生 

辰巳 和弘 先生 

 

 

Img_36331

   

 

基調講演は 関先生 

関先生は かなりの出雲贔屓!なので (私見ですよ) 

いつも愉しく 聴いておりますが

今回は 出雲神話研究の新地平

 

 

Img_36341

   

 

 

ちなみに~受講者は なんと550人 

しかも 県外からが 1/3 

手前味噌ですが 

いかに 出雲が注目されてるかが わかります!

~というか 

きっと 講師の顔ぶれがよかったんでしょう (=^^=)

肝心の内容は~次回という事で...

 

 

 

|

« ハワイ!  | トップページ | 孫さん  »

コメント

『神在月』って、いい言葉ですよね〜(^^)

最近、知り合いのオバサマが出雲神話に凝っていて、たまにお話を聞きますけど、奥が深いと言うか、面白いですよね〜(・∀・)

このシンポジウムも、参加されたのかなぁ?
明後日、お会いする予定なので、聞いてみよっと

投稿: くろうさ | 2011年12月 4日 (日) 12時12分

 真面目な話の裏側で…

 「神在月」の出雲で悪い事をすれば、
 集まっている神様達がフルボッコにしてくれるので、
 日本で一番平和な街です…みたいなPRもアリかも~

投稿: spookee | 2011年12月 4日 (日) 17時00分

県外から1/3とはすごいですね。

出雲といえば、
我が家では駅伝なのが、
なさけない

投稿: くるたんパパ | 2011年12月 4日 (日) 18時25分

高層社殿、それを裏付ける柱も見付かったようで、確かにあったようですね。
見てみたいものです。

投稿: 桃源児 | 2011年12月 4日 (日) 19時33分

出雲神話といえば関和彦先生 とゆう感じになってしまいましたねー

次回のup楽しみに待っています

投稿: opal_tak | 2011年12月 4日 (日) 21時27分

近ければ飛んでいって聴きたいシンポですねぇ

次回、かなり期待しています♪

投稿: 雨漏り書斎主人 | 2011年12月 4日 (日) 22時08分

高層社殿ってo(^▽^)o本当にあったんだ?
いいナァそういう歴史な話!
一度拝聴してみたいなぁ(^ー^)ノ

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2011年12月 4日 (日) 22時31分

御幼少の頃、おやじに布団のなかで、昔話をしてもらい
お子ちゃまになってからも、神話やイソップなど好きでした。出雲は昔話の里!

投稿: いどきち | 2011年12月 5日 (月) 07時36分

面白そうなお話しですね。
私は土曜日半日ちんぷんかんぷんの亀の甲の
化学の話で睡魔と闘った勉強会に参加していました。

投稿: ハム姉さん | 2011年12月 5日 (月) 11時22分

去年 ・・・出雲におじゃまして早、1年経ってしまったんですね~

高層社殿の模型見てるものだから、写真みると子供たちとの楽しい会話まで思い出されます。

何度でも行きたくなる 出雲の地 ・・・

投稿: かにちゃん | 2011年12月 5日 (月) 17時36分

くろうささん

お~
いよいよ~ くろうささんも 歴女に!(^^♪

神在り月~
最高の出雲に対する褒め言葉ですね (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時14分

spookee さん

いえいえ~
神在り月でなくても
いつも
日本で一番平和な街で~す (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時15分

くるたんパパ さん

駅伝とは~
意外でした (^^♪

ぜひ~
機会があれば お寄りくださいませませ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時17分

桃源児 さん

そうなんですよ!

出土した柱
出雲大社の隣の
出雲古代文化歴史博物館のロビ~で
観られますよ (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時19分

opal_tak さん

関先生~いいですねぇ
かなり
先進的?!出雲贔屓! 最高です (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時22分

あ~さん

講演は最高でした!
でも~
それを伝える力量に不安が...(=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時23分

高忠さん

ほんとう~
ロマンあふれるお話ですよ! (^^♪

どんな想像しても
自由ですから~ね (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時27分

いどきちさん

そうですね!
記紀神話
小泉八雲の怪談

いろいろ取り揃えて
お待ちしてま~す (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時29分

ハム姉さん

さすがに~
面白くて
うつらうつらする 暇がありませんでした~よ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時31分

かにちゃん

だんだんで~す (^^♪

こんどはゆっくり来ていただいて
お深いなど
どうです? (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2011年12月 5日 (月) 22時32分

夢を壊すようで申し訳ありませんが、奈良時代に作成された神話には2大史実の隠ぺい という大きな目的が隠されているという事です。

1、奈良時代から見て900年以上前には既に円熟期に入っていた日本で最初の国家 出雲王国の存在そのもの。
(当時は8代目出雲王 八千矛王と八重波津身王 の時代 紀元前220年前後)

平和的民族インド ドラビダ出雲族の長 大祖先クナトノ大神が数千人規模の移住集団を従えて、北方ルートで住人の少なかった日本列島に到着。それから約千年の時を経て、クナトノ大神の子孫によって出雲王国の建国という流れになった。出雲王はクナトノ大神の子孫。

母系家族制(女主、父より母が偉かった、権限があった。) 、幸の神・サイノカミ信仰(子宝信仰) 、春に1歳 秋に1歳と年齢をカウントする、1年で2歳年を取る暦システムだった。


など、
これら丸ごとなかった事にするのが目的その1。


2、8代目出雲王の時代 紀元前220年頃に、秦国から大船団と共にやって来た 秦国人渡来大集団とその頭 徐福(後の奈良時代にスサノオと仮名表現された人物) に関する史実。

徐福は道教の法師で、道教の布教が目的で渡来し、さらにこの日本列島で王になるべく画策していた。(秦国の始皇帝をうまくダマし国外脱出を実現した。)

徐福は1回目の渡来時に和風名ホアカリを名乗り、出雲王国の八千矛王(西出雲王家)の娘 高照姫様と結婚。

長男 五十猛・イソタケ 後の香語山が生まれる。 が、出雲王国のシステム上この国の王になれないと悟り、一緒に渡来してきた子分のホヒ(出雲大社宮司家先祖)に策を練るよう指示。

ホヒと息子タケヒナドリ(いなせはぎ)が秦国から連れて来た大勢の海童と呼ばれる少年の一部を使い、8代目の出雲王の2人を拉致監禁して殺害した。(出雲王国は東西王家による2王制だったので、八千矛王・主王の他に、八重波津身王・副王もいた。主王の事を官職名でオオナモチと呼び、副王の事をすくなひこな・・ではなくスクナヒコと呼んでいた。)

このような、主副両王をほぼ同時に闇に葬るという前代未聞の大事件を引き起こした徐福は逃亡、一旦秦国の始皇帝の元へ帰国した。その後再度始皇帝をうまくダマし国外逃亡、今度は九州に上陸。和風名ニギハヤヒを名乗った。

このように紀元前210年代に、良くも悪くも前後2回に渡って5千人規模という、当時としてはものすごい数の秦国人が大規模移住して来たのに、上記のような秦国人徐福(奈良時代に設定された仮名スサノオの事) 関連の事はなかった事にされています。


秦国人徐福と渡来大集団についての史実を丸ごと隠ぺい。これが神話作成の目的その2。

尚、徐福に多くの異名が存在するのは秦の始皇帝の追っ手から逃れる為だとも言われているようです。(巧妙に莫大な金品と人材を引き出させた為)

これらは、出雲王国の王家の伝える史実を記した著書から得たものです。

東西2王家の内伝承の役目は、東出雲の富王家が専ら受け持つと話し合いで取り決めたそうです。

東西2王家の元は初代 菅八耳王でその出雲王 菅八耳は、あの大祖先クナトノ大神の子孫です。
元は一緒、昔も今も大変仲が良いというのも納得ですね。
(初代王と妻 稲田姫様との間には2人の王子が生れていた事から、直轄地を東西に分けて与えたというのが東西王家の始まりだとの事です。)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

(メモコメント:神魂神社~ただの穴です 、古代出雲いんちゅうホイホイ秘密6 散歩 コメントをもっと見る 、出雲大社創建は8世紀頃??? 、亀太夫神事 思いつくまま 、あめにじ 出雲大社御本殿特別拝観天井八雲之図)


(大元出版の著書)
幸の神と竜 、サルタ彦大神と竜(幸の神と竜 の簡略版) 、◎◎出雲王国とヤマト政権◎◎ 、出雲と大和のあけぼの 、出雲と蘇我王国 、親魏和王の都 、古事記の編集室 、お伽話とモデル 、山陰の名所旧跡(※出雲王国側の情報あり) 、事代主の伊豆建国 、万葉歌の天才 、飛鳥文化と宗教争乱   など。

投稿: アマゾン大元出版ファン | 2020年6月 6日 (土) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神在月シンポ :

« ハワイ!  | トップページ | 孫さん  »