« 電子トマト?  | トップページ | ナチュレ »

2012年3月17日 (土)

来待ストーン

 

 

 

狛犬の故郷ともいえる~ここ来待に 

来待石の博物館がありまして 

何回か~紹介してるんですが 

久しぶりに 訪ねました 

 

 

Img_4198_

 

 

この写真の右下に トンネルがあり

そこを抜けると 別世界~ 一面 石の世界 

(ぜひ現地へ~写真ありません) 

入り口前で 出雲型の狛ちゃんがお出迎え 

 

 

Img_4200_
 

 

退役した狛ちゃんですが 存在感ありますね

 

 

Img_4201_
 
 
   

古墳時代の石棺が 再現されてまして 

その当時から この来待石 使われていたようです 

 

 

Img_4209

 

 

来待灯篭も有名ですが 

それを作るビデオが流れますが 

石の切り出しから

最後のかたちになるまで~驚異の連続 

ここで 欠けたら~!

いままでの苦労が 水の泡 とか思ってしまって

こういった技 すごすぎます 

 

狛ちゃんも展示されてます 

狛ちゃんフリークの方は必見かと 

 

 

 

とっておきの情報をひとつ 

この近くの橋の欄干に

4体の狛ちゃんが 橋を守っておりますぞ (=^^=)

 

   

 

|

« 電子トマト?  | トップページ | ナチュレ »

コメント

ああ、あのお師匠さまが
きっと 一日3本サイダーを我慢してでも
行きたいと 暴れそうな 今日ですねえ。
きっとT様が メロンパンも 我慢するなら
と・・・勝手に妄想など

いやあ、わたしも こちら 拝見するたびに
一度行ってみたいなあと
頼りない後ろ髪が・・・あ~あまた減った。

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2012年3月17日 (土) 10時37分

此方のブログから何処に行っても狛ちゃんを見るように・・・・・浅草寺などの狛ちゃんの尻尾がおとなしくて
八雲たつ伝統なのかな~

投稿: うっちゃん | 2012年3月17日 (土) 15時45分

 ええ感じの場所ですよねぇ~confident

 彫刻や陶芸の体験コーナーもあるんですねぇ~wink

 アクセスも良さそうですし、
 ドライブ・ツーリングの途中で立ち寄るのも良いでしょうねぇ~catface

 JRの来待駅も近いですし、
 遠隔地からでも「輪行」して、宍道湖や田園風景、山の緑を横目にサイクリングを愉しむのも良いカモ?happy02

 これで美味い処が近くにあれば、パーフェクトなんですけどねぇ…smile

投稿: spookee | 2012年3月17日 (土) 19時01分

この狛犬 退役したと思えない 存在感ありますねー!
この技術 保存の態勢はできているのでしょうか
立派な 郷土の技術文化だと思うのですが!?

投稿: opal_tak | 2012年3月17日 (土) 20時50分

元祖、出雲型の狛ちゃんですね。
さすが威厳があってかっこいいな。

投稿: いどきち | 2012年3月17日 (土) 20時55分

これ、何と読むのでしょうか?
くるまち?らいたい?

投稿: 桃源児 | 2012年3月17日 (土) 23時13分

年期が入った狛犬ですね。
昔は近所の神社でよく見かけましたね。

そういえば子供の頃、狛犬に乗っかったスナップ写真があったなぁ〜。

投稿: くるたんパパ | 2012年3月18日 (日) 06時04分

古代から使われた量はかなりですね。
大きな岩盤の山なんですね。
後、どれくらい使えるのか?
栃木にも有名な石の街があり、そこでは石で家や倉を造っています。
冬は暖かく夏は涼しいらしいですよ。
狛犬や石棺の他にも使い道があるのでしょうね。

投稿: ひー | 2012年3月18日 (日) 10時06分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘ さん

ぜひ~
一回 お越しくだされば
興味のない方でも 楽しめます~よ (^^♪

サイダ~
我慢しなくても おいでませ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 20時51分

うっちゃん

狛ちゃんを
気にしだすと ほんとう 嵌まりますよね (^^♪

この尻尾は
出雲型の特徴です~よ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 20時54分

いどきちさん

いちど~
お越しください (^^♪

いろんな狛犬が待ってますよ 
JR山陰線 来待駅から タクシ~で数分です (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 20時56分

spookeeさん

調べていただいたんですね 
だんだんで~す (^^♪

サイクリングで
宍道湖一周というのはいかがでしょう!
ダイエットにも
なりにける賀茂 (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 21時01分

opal_takさん

この狛ちゃん
修復がしてあります 

技術の伝承は
この近くに工房がありまして
きっちり
されてるようです (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 21時03分

桃源児さん

そうですよね
読めませんよね (^^♪

「きまち」と読みます
ご贔屓に (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 21時05分

くるたんパパさん

いまでも~
きっちり
狛犬文化は健在ですよ (^^♪

スナップ写真~
みてみたいですねぇ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 21時07分

ひ~さん

相当な量ですよね
江戸時代には
不昧公が宍道湖の護岸に使ったりしました (^^♪

いまですと~
来待燈籠 が有名です (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月18日 (日) 21時13分

こんにちはぁ~!

凄い!迫力ある狛犬ですねっ!
いつだったか…
スフィンクスが中国の獅子⇒シーサー・狛犬に変わっていった。というようなルーツを探るようなTV番組を見ました。

それにしても勇ましさがあって、神社をしっかり護ってもらえそうな気がします。

狛犬四体の橋 見たくなりますね(^^ゞ

投稿: なお | 2012年3月20日 (火) 15時50分

なおさん

こんばんは!
そうですね~
狛犬のル~ツは 
中国が起源であるように思いますが
スフインクス
たしかに 狛犬と同じ役割賀茂 (=^・^=)

投稿: 維真尽(^^♪ | 2012年3月20日 (火) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149950/44437945

この記事へのトラックバック一覧です: 来待ストーン:

« 電子トマト?  | トップページ | ナチュレ »