« 種まきで~す! | トップページ | K国へ行く~おみや&おまけ »

2013年4月28日 (日)

舟を編む 

 

 

ちょっと遅くなった夕飯を終えて

テレビを見ていたら

これから映画を観に行くから一緒に行かない?

むすめが~誘ってくれたので 3人で行くことに 

 

つれあいは 夕飯のあとかたつけも終わっていないし

あまり乗り気じゃなかったけども

せっかく誘ってくれたから~と出かけました (^^

 

 

Img_6756

 

 

映画が 終わって曰く

~よく眠れた!?~と言っておりましたが...

 

 

主人公のように 一生を捧げる仕事につける幸せや

ものを創りあげるということは

こういうことだという わかりやすい映画でした 

 

ちょっと 大きな外乱がなく

映画としては盛り上がりに欠けたかなぁ~という気もしますが 

緻密さとか 執念みたいなものは 十分に伝わってきました 

 

そう!こういうことだよ!

~と、ものづくりに携わっている端くれとしては

すごく共感できました (*^^)v

 

ただ~宮崎弥生との夫婦 

ほんとうに 夫婦なの?!

~って感じでしたが...

よくわかりませんが~

そういう夫婦の形もあるのかなぁ? (=^^=)

 

 

|

« 種まきで~す! | トップページ | K国へ行く~おみや&おまけ »

コメント

ご家族で観に行かれたんですね。
確かに大きな盛り上がりには欠けるけど、
膨大なる時間と緻密な作業、辞書を作ることが
こんなにも大変だったということを知ることが
できただけでも良かったなと。

滅多に邦画を観ない私ですが、じわっとくる感動を覚えた作品でした。

投稿: casa blanca | 2013年4月28日 (日) 10時52分

casa blancaさん

おっしゃる通りですね 
ほのぼの~ですね (^^♪

わたしも~
ほとんど 邦画は観ないんですが
これはこれで~
よかったかなぁ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2013年4月28日 (日) 23時07分

 「一生の仕事」ですかぁ…coldsweats01

 社会の歯車になれる様な大きな仕事にも携わってみたいものですが、

 色んな意味で危なっかしくて、おいそれとは手が出せませんねぇ…think

 『B787』も運航再開となりましたが、事故が起こらない様に願うばかりです…gawk

投稿: spookee | 2013年4月29日 (月) 00時07分

ホンワカとした間が
あの夫婦イイなあと思いつつ
我が家も夫婦で観てきましたから!

自分の好きな領域で仕事出来る!
羨ましい 話しだなあと
思いつつ、トラ猫もイイなぁと
(^O^☆♪語りつつ
家路につきました。

投稿: └|∵|┐高忠┌|∵|┘ | 2013年4月29日 (月) 06時26分

皆さんご夫婦で鑑賞されていますね
うらやましい

宮崎あおいに
日本女性の素晴らしさを感じています

wowowで放送されるまで待ちましょう

投稿: くるたんパパ | 2013年4月29日 (月) 12時52分

spookee さん

一生の仕事~
必ずあると
思いますよ (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2013年4月29日 (月) 18時36分

└|∵|┐高忠┌|∵|┘さん

なるほど~
ホンワカですね (^^♪

この歳になって
思うのは 
やはり~自分の気持ちを表現することが
大事ではないかと... (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2013年4月29日 (月) 18時38分

くるたんパパ さん

宮崎あおい~
たしかに
大和撫子の進化系ですが
なぜに
真面目君と一緒になったのか
得心がいきません (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2013年4月29日 (月) 18時41分

Oh  ご覧に?

TBを ♪

投稿: あーさん | 2013年4月30日 (火) 22時15分

あ~さん

TB~だんだんでした (=^・^=)
 

投稿: 維真尽(^^♪ | 2013年4月30日 (火) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149950/51335629

この記事へのトラックバック一覧です: 舟を編む :

» 舟を編む  を観る [雨漏り書斎]
けふは車検の日で、出来るまで映画などを観て  kill time を  チェック:2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を、『川の底からこんにちは』などの石井裕也監督が実写映画化。ある出版社の寄せ集め編集部が、気の遠くなるような歳月をかけて二十数万語が収録された新辞書作りに挑む姿をユーモラスに描く。辞書の編さんに没頭する主人公・馬締光也には、三浦原作の『まほろ駅前多田便利軒』にも出演した松田龍平。彼が一目ぼれするヒロインには、『ツレがうつになりまして。... [続きを読む]

受信: 2013年4月30日 (火) 22時16分

« 種まきで~す! | トップページ | K国へ行く~おみや&おまけ »