2016年9月10日 (土)

龍神のコード 

 

 

三輪山を中心とする龍神にまつわる私説 

 

 

 

Img_40131

 

 

 

技術屋らしい視点で面白いけど 

ちょっと地図にこだわりすぎ賀茂

 

たしかに伊勢神宮と三輪山を直線で結んだ線上に 

いろんな神社があるんで 

意味がありそうな気はしますが 

偶然ということもあるだろうし なんとも言えないけど

 

 

三輪山を中心に捉えたのは

出雲人としてはうれしい賀茂  (=^^=)

 

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年7月30日 (木)

東大流日本史 

 

 

なにが~東大流かよくわかりませんが 

わかり易いですね 

 

 

 

Img_16831

  

邪馬台国 聖徳太子なども当然出てきて 

あやふやで興味あることなども

現時点での(この著者の)解釈がされていて 

おもしろくチョイス読みしました (=^^=)

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

日本の地名 

 

 

日本というのはやたら地名が多いらしい

 

 

Img_1526_2
  
  
 

いろんな由来を窺い知ることが出来る 

特に田舎では

古い地名が やたらあちことに残っていて 

地名を読み解くのも面白いのかもしれませんね

 

 

例えば、弥生の土器が出た土地とか

信仰の象徴であった山などでは

それに由来する土地の名が残っていたりします

 

 

最近 地震 噴火が多いんで

注目されているのは 

むかしの地名や地図を見ることによって

地盤がわかるなんてこともあるようです

 

 

あらためて

土地の由来を思い巡らしても面白い賀茂 (=^^=)

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

実話? 

 

 

まあ~

可能性は否定できないかもしれないけども 

ここまでくると...

 

 

20141102_1

  

この実話マンガによると 

なんでも 人間は宇宙人がつくってる! (・・?

   

実は(~苦笑 )

陽水の振替コンサートにいったら 

展示をやっていて

時間もあったので覗いてみた~という次第です

 

 

宇宙人が古代に飛来して途轍もない力をみせつけて 

神のように崇められた風なことは有り得るかなぁ

~と思うし 

因幡の白兎~これは宇宙人だったんではないか

~と密かに思ってる訳でして 

こういう古代の謎は大好き (^^

 

だけど こういう展示を結構大掛かりにして

費用も相当掛かってる感じ 

しかも こういう公共ホールも 場所貸すんですねぇ 

この展示の意図するところ何でしょう?!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年10月15日 (水)

狼煙de通信 

 

 

 

元寇の時代でしょうか?

中国、韓国、元の脅威に備えて 

主要な山には

狼煙所なるものが設けられていたようです 

 

 

2014913_20

   

逆に日本から遠征することもあった様で 

有名なところでは秀吉の朝鮮出兵 

弥生時代にも何度も遠征していたようで 

朝鮮のどの国と組むかということも

大きな関心事だったようです 

攻めてきたことを

国府に知らせるための通信手段として機能してた様です 

ただ狼煙も気象状況などによって

次の狼煙所が気づかなかった場合は

どうしたんでしょうか?! 

どうやら 

知らせに走ったとのこと (_;)

 

 

 

Img_8042_

     

 

旅伏山~

いつもFBに きょうの「たぶっさん」でUPしています (=^・^=)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2014年7月26日 (土)

メルヘンその実体は 

 

 

〇国といえば 

最近 急速に

中華思想を実践しようとして焦ってる感が...(^^

地球は〇国中心でまわっているらしい 

隣国としては付き合いにくい手ごわい相手 

 

 

 

20140714_4

 

 

 

むかしはパンダ外交なんてのを展開 

今から思えばまるでメルヘン 

~ということで おみやにいただきました

 

 

20140714_1

   


 

かわいいけど

実体は熊ちゃん! 

現実はメルヘンじゃないですね (-_-)zzz

 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2013年5月 1日 (水)

出雲大社と伊勢神宮 

 

 

もうすでに言い尽くされた感があるんですが 

それぞれ どういう経緯で成立したか~など 

~謎の部分は多い 

 

建築学の立場からのアプローチで 

纏向遺跡にその社の原型がみられるというお話もあり 

興味深く拝聴 

 

 

Img_6757

 

 

出雲大社はその遺跡の大王殿をもとに 

伊勢神宮は 倉庫!?を モデルにしているとのこと 

確かに 倉庫のように窓もない訳で 

その倉庫という言い方はちょっと失礼ですよね 

後から指摘されて 宝庫に訂正されたんですが...

 

 

Img_6758 

 

 

.

Img_6759

 

 

この黒田先生 

最後でのパネルデスカッションで 

あの新谷先生と バトルを演じて面白かったですね 

 

餅の論~つかみ合いはなかったですが

けっこうな言い合いでした 

まあ~こういう議論を経て 揉まれて

真実に近づく~いいことですよね (^^

 

 

Img_6761

 

 

.

Img_6762  

 

 

講演の後~浅野温子さんの読み語り 

さすがに3回目なんで 

ちょっと マンネリでインパクトなかったけど 

例の白いシャツにジーパン、素足 長い黒髪 

それだけで~何か清々しい 

 

農作業のつかれが 癒された賀茂 (=^^=)

 

 

 

| | コメント (16) | トラックバック (2)

2012年5月 8日 (火)

遷宮の意味 

    

 

遷宮というのは~

恐れ多くも~

その時代 その時代での 神への想いを

かたちにするという風に 講座を聞いて感じました 

斐川にある 万九千社の宮司さんのお話でしたが 

いま どうも 遷宮の準備の真っ只中で

資金集めが大変だという事を仰ってました 

 

伊勢神宮とか 出雲大社の遷宮ですと

日本全国から資金は集まるんでしょうけど 

地元のお宮ですと~

基本 氏子が負担するという事になり

何十年ローンを組むことになります (^^

国内~特に地方の景気が悪いこの時期

大変なご苦労だと思います 

時代時代によって

状況 事情 環境 権力者も違うし

御祭神もかわる(かえさせられる)場合も有る訳で 

それを継続させ

未来に残すということは すごいことです

 

 

Img_4324


   

Img_4325
 
    

写真は 出雲大社の遷宮の記録ですが 

当初のころ 日本一と詠われた巨大な大社で

何度も倒壊していますが

その都度 天皇により復元 

そこには 何があったんでしょうか?!

 

 

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月15日 (水)

正倉INN

 

 

正倉院には沢山のお宝があるそうですが 

一度も正倉院展にも行ってないので

その素晴らしさは 実感できませんが~

 

 

Img_4031

 

 

この本の中で 驚いたのはベッド 

この時代の日本で ベッドを使っていたとは...

 

 

いやいや~

そういえば 古代の高層住居跡に

ベッドが あった~というのを

神在月セミナーの記事のときに 紹介しました~

だから ありえますよね

 

wikipedia よれば 

 

御床(ごしょう)聖武天皇と光明皇后のベッドである。

檜材で作成されており、脚部などの所々には

白色顔料の痕跡が見られることから、

元々は純白に塗られていたとされる。

また別の宝物名ではあるが、

ベッドシーツや布団などが御床とセットで

伝えられており、当時の実用家具、寝具を知る上の

貴重な品となっている。

御床は聖武天皇と光明皇后がそれぞれ用いた

2張存在するが、ベットシーツである

廣長亘両床緑は2人分のベットを覆うサイズである。

この事から聖武天皇と光明皇后は

ベットを並べて眠っていたのが伺える。 

 

なるほど~

ダブルベッドで 寝てたんですね (^^

 

このベッドなども

正倉院展などで展示されるんでしょうか? 

見てみたい加茂 (=^^=)

 

 

 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012年1月20日 (金)

歴史と気候 

  

 

facebookに 平日は、ほぼ毎日

近くの旅伏山を通勤途中 撮影して載せてますが 

それに対する コメントで

こちら出雲は モクモク(雲~雲)!! 

いつも 八雲立つ!~という感じに対して

千葉のほうは 

連日 ピ~カン青空!?

こんだけ 違うものかと あらためて認識 

 

出雲人の気質にも こういった環境(八雲立つ)が

反映されてる加茂~と思う次第ですが 

 

 

Img_3806

 

 

大昔も いまと同じような気候だったのか? 

~違うとすれば それにかなり影響されるのではと 

気候が違えば 地形や生えてるものや景色も違うだろうし 

食も 服も 着るものも 考え方も 違ってきて 

大袈裟に言えば 

今までの歴史の定説や仮説が

ひっくり返る可能性だって有る加茂 (@_@) 

 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧